今注目のニュース
浦安市の病院でクラスターか 千葉県で新たに31人が感染、緊急事態宣言の解除後最多
東京都で新たに206人の感染確認 4日連続で200人超え 20代、30代が7割
愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐

体罰単語

タイバツ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(1,381)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

体罰英:physical punishmentとは、教育的な的のもと、体に苦痛を与える罰を加えることである。

概要

体罰は、親から自分の子供に、教師から児童生徒に与えられるのが一般的である。
体に苦痛を与える方法としては、拳、手などでく以外に、廊下に立たせるなどがあり、これも体罰に含まれる。

現代日本では、体罰は教育現場においては法的に認められず、生徒がなんらかの罰則を受けるような行いをしたとしても、体的苦痛を与えるような懲方法はしてはならない、ということになっている。
とはいえ、違反したとしても、暴行罪・傷罪等で裁かれない限りは特に罰則等もないため、取り締まり切れていないのが現実である。

また、親から子に対する体罰は、2020年4月から違法行為となることが明文化された(「法律」の節で後述)。さらに、子供に過度の苦痛を日常的に与えているような場合は、児童虐待に該当する可性がある。

厚生労働省は親から子への体罰を防止するためのキャンペーンっており、折に触れて告知活動を行っている。

体罰の例

叩く

拳で頭をく、顔を手で打つなど、もっとも問題視されやすい体罰の方法。

しかし、昔は教師生徒暴力ふるうのは当然とされていた。教師として生徒に教えることを「教を執る」というが、この「教」はその名のとおりであり、黒板したりするほか、生徒を打つために使われていたものである。

立たせる

例えば、授業中に質問に答えられなかった生徒を、授業が終わるまで立たせるとか、宿題を忘れてきた生徒を廊下で立たせるなどがこれにあたる。

直接的な暴力較すると、問題視されにくい傾向にあるが、特に廊下などに立たせる場合は、生徒が授業を受けられない状態になるということなので、義務教育期間内にあっては、子供の「教育を受ける権利」の侵教師の「義務教育を受けさせる義務」の不履行にあたるとして問題となることがある。

しごき

「腕立て伏せ」「跳び」「校庭を走らせる」など、苦痛を与える的で命じるのは体罰にあたる。

こういった体罰的な導は時折運動部などで見られ、「根性を育てる」などと正当化されることもあるが、スポーツ科学的には効果の程が疑問視されていることも多い。

体罰を是とする立場

しかし、逆に体罰を肯定する意見もある。
特に日本では何かしらの問題を起した子供に対して停学処分にするなどの処置が取れない為、体罰が規を破る事へのペナルティとして存在して然るべきだという
理を説いてもそれを理解出来ないあるいはしようとしない子供が居る以上、体罰によってわからせるしかいというものである。
事実教育現場では教師が強く出れないのを良い事に自分勝手に振舞う子供の存在も問題になっている。
この為、体罰を行った教師に対する減刑嘆願が行われるケースもある等、体罰が一概に悪であるとは決め付けられない。

論、極端な根性論等による暴力は論外であるという事は決して忘れてはならない。

法律

学校教育

日本では、学校教育法第11条で教員による懲権を認めているが、体罰を禁じている。

校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、監督庁の定めるところにより、学生生徒及び児童に懲を加えることができる。但し、体罰を加えることはできない。 教育基本法第十一条

平成24年に起きた大阪府高校体罰暴行自殺事件を受けて、文部科学省平成25年3月13日に「体罰の禁止及び児童生徒理解に基づく導の底について」という通知を全教育委員会委員長、首長、学校長などに出した[1]

家庭教育

日本では、民法822条で、親権者による子への懲権を認めている。

親権を行う者は、第820条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲することができる

ただし、児童虐待防止法第2条で、児童虐待を「身体に外傷が生じるおそれのある暴行、著しい減食・暴言」などと定義しつつ、第14条では児童へのしつけを理由にして第822条をえるような懲をしてはならず、もし行ったら暴行罪や傷罪などの罪を免れないとしている。

かしこ児童虐待防止法第14条はかつて「体罰」の言葉が含まれていない、このような文面であった。

 第十四条 児童の親権を行う者は、児童のしつけに際して、民法明治二十九年法律第八十九号)第八二十条の規定による監護及び教育に必要な範囲をえて当該児童を懲してはならず、当該児童の親権の適切な行使に配慮しなければならない。
 児童の親権を行う者は、児童虐待に係る暴行罪、傷罪その他の犯罪について、当該児童の親権を行う者であることを理由として、その責めを免れることはない。

そのため、「この体罰は民法820条・第822条の範囲だ」「民法820条・第822条の範囲なら体罰は禁じられていないのだ」と強弁するものに対する抑止が弱かった。

しかし2019年6月に「児童虐待防止対策の強化を図るための児童福法等の一部を正する法律」(略称:児童福法等正法)が成立し、2020年4月から施行された。この法律で定められた児童虐待防止法の正で、第14条にはこのような文面に変わった。

 第十四条 の親権を行う者は、児童のしつけに際して、体罰を加えることその他民法明治二十九年法律第八十九号)第八二十条の規定による監護及び教育に必要な範囲をえる行為により当該児童を懲してはならず、当該児童の親権の適切な行使に配慮しなければならない。
 児童の親権を行う者は、児童虐待に係る暴行罪、傷罪その他の犯罪について、当該児童の親権を行う者であることを理由として、その責めを免れることはない。

つまり「体罰を加えること」が民法820条を「える行為」であるであることが明文化され、この正によって体罰は明確な違法行為となった。

関連動画

報道

議論

否定派

肯定派

関連静画

関連商品

否定論

肯定論

関連チャンネル・コミュニティ

関連項目

外部サイト

脚注

  1. *“体罰の禁止及び児童生徒理解に基づく指導の徹底について(通知)”.文部科学省.(2013年3月13日)2019年7月15日閲覧exit
この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/13(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/13(月) 05:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP