何のための前進守備だ!単語

ナンノタメノゼンシンシュビダ

  • 11
  • 0
掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

何のための前進守備だ!とは、2006年8月23日の「横浜ベイスターズVS読売ジャイアンツ」戦で起こったベイスボール横浜ビックリ野球)のことである。犯者は佐伯貴弘、この言葉を生んだのは「世界松下」こと松下賢次アナウンサーである。

概要

この日の9回表、読売巨人の攻撃。得点は1-1で同点、しかしランナー満塁アウトは1カウント。

この状況で、横浜投手吉見祐治一塁手佐伯貴弘。三塁ランナー鈴木尚広。そして迎えた巨人の打者は阿部慎之助

論、9回1アウトという状況もあり、1点も許されない横浜の選手は前進守備で臨んでいた。

阿部の打球は、横浜にとっては理想的なファーストゴロ。一塁手佐伯が捕球して本塁に送球し三塁走者フォーアウト、続いて一塁へ送ってフォースによる併殺完成チェンジかと思われた。

しかし佐伯はなぜか、前進守備を行なっていたはずのこの状況で、一塁へわざわざ戻って打者走者をアウトにし、そのあと本塁に送球した。

打者走者をアウトにした時点で、三塁走者はフォースを解除されたため、アウトにするにはタッグプレイが必要になってしまった。当然 間に合わず、三塁ランナー鈴木は生還。1失点を喫し、これが決勝点となって横浜は負けてしまった。

そしてこの時、TBSの試合中継を行なっていた松下アナは、事態に驚き次のように叫んだ。

松下「詰まったファーストゴロ!ファーストを踏んでバックホームあーっとどうだ!?これはダメだ!すぐ、バックホームしなくてはいけない!!」

松下「どうしたんだ佐伯!何のための前進守備だ!!これはいけませ~ん!!!!」

(やったやったと言わんばかりに喜ぶ原辰徳監督、気まずそうな佐伯カット

松下ジャイアンツ1点を取りました9回の表!2-1となりなお2アウト二塁三塁!」
松下「一の迷いがあったか佐伯取ってすぐバックホームすればフォースプレーです!!その後の一塁転送でのゲッツーも十分にありました!今のプレー見て下さいっ!」

(一塁側からのリプレー映像

松下「どうして戻りましたかね佐伯は…。」
槙原「えぇもう状況をちょっとね、しっかり把握しとけばね。今のもいい球行っても全然タッチプレーになっちゃいますからね。」
松下「これサードランナー鈴木ですからねぇ…。これもバックホームしてればフォースプレーですから、鈴木と言えどもアウトになったと思うんですが…。」

以後、この珍プレー松下アナのセリフをとって「どうしたんだ佐伯」「何のための前進守備だ」と呼ばれるようになった。

おこプレーは、悪送球や捕球ミスではなかったため失策としては記録されなかった。吉見駄に自責点を増やされたことになる。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/18(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/18(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP