保険単語

ホケン

1.7千文字の記事
掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

保険とは、未来考える人間が生み出した相互救済のための仕組みである。

  1. 慣用句、言い回しとしての保険。「こんなこともあろうかとちょっとした保険をかけておいた」
  2. 制度としての保険。もしくは融商品としての保険

当記事ではに2について記載する。

概要

保険は、事故など何らかの損に対して備える仕組みのことである。多数の人が保険料を出し合うかたちで資を集める、その資を使用する形で事故の場合に給付を行う。大として私営保険と営保険が存在する。

保険の基礎構造

基本として保険は基礎構造として以下の三つの法則・原則を適用している。

これらは破綻せずに安定的に長期運用するためのものである。

なお、経営安定が必須条件である私営保険についてはこれらの条件がほぼ厳密に運用されているのに対して、営保険(社会保険)の場合には収支相等の原則が満たせない場合が発生したり、給付・反対給付均等の原則が守られなかったりする。 これは営保険があくまで保険の仕組みを応用して組まれた国家社会の制度であり収支が取れなくても(税投入などで)運営継続できる場合が多いためである。

大数の法則

大数の法則とは確率論統計学確立している法則で、同じ条件で多くの回数をおこなった場合、物事の発生率は特定の数値に収斂するというものである。簡単に言うとコインの裏が出る回数はほぼ1/2、サイコロ均値はほぼ3.5になるという内容の裏づけとなる法則である。これを応用して保険では事故発生の確率事故発生率、下記においてはW)を導き保険料と給付の基準を算定する。

給付・反対給付均等の原則

大数の法則で導ける事故発生率を使用して保険料が導けるという原則である。式としてはP=WZ(Pは保険税 Zは保険 Wは事故発生率)。事故発生率Wが高いほど保険料が高くなる。

収支相等の原則

保険契約者の集団から集めた保険料の総額と、その集団の中で支払う保険の総額が等しくなるように計算するという原則である。前提条件として集める集団と支払い集団が同一のリスクを持つこと。また、保険集団ごとの始期から終期までをまとめて集団と見るのが特徴であり、これによって複数の年齢を束ねた保険が成立するのである。

私営保険

民間運営する保険のことであり、通常「保険」というとこちらをし示す。日本では保険業法が規定法であり、金融庁が所管官庁となっている。共済現在では保険の一種となっている。以下は日本における私営保険の分類である。

第一分野

保険業法上における「生命保険固有分野」

人の生死や傷病などによる損失を補償する保険。生命保険会社(株式会社、相互会社)、略称「生保」が取り扱っている。

第二分野

保険業法上における「損保険固有分野」

事故火災などでの物的損失・損を補償する保険。損保険会社、略称「損保」が取り扱っている。

なお、上保険については昔から保険法が適応されていたのは保険そのものが上保険をな発端とするという歴史経緯によるものである。

第三分野

「第一分野」と「第二分野」両方に該当する、もしくはどちらでもないもの。
人にかける保険。
日本では営保険が充実している為、営保険の補助として設計されることが多い。

なお、第三分野については保険法が適応されている。

自動車損害賠償責任保険

通称「自賠責
かつては社会保険の一つとして再保険が設定されていたが、2002年自動車賠償保障法で再保険部分が撤され、現在は純民間保険となっている。
詳細は自賠責を参照。

公営保険

社会保険や保制度として設計された国家制度としての保険のことである。
詳細については社会保険を参照。

共済保険

通称「共済
詳細については共済を参照

再保険

保険の保険である。
詳細はについては再保険を参照。

関連する法律

保険業法と保険法は別の法律である。

  • 商法
  • 保険法
  • 保険業法

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 19ななしのよっしん

    2021/09/12(日) 09:58:47 ID: SdSgsQMEuu

    期待値ってのは数が大きくなるほど収束しやすく、小さいほど外れやすいから
    かるからって、素人が真似するべきじゃないな
    (細事業者は大当たりを出されると 利益率が落ちるが、大手は全く気)

  • 20ななしのよっしん

    2021/10/10(日) 15:28:10 ID: trtWsLGYhF

    >>17
    保険確率に基づいたものだからどれだけ数を集めるかが最も重要

    そんな保険について考える時に自分が過去に行った質問(それも結構聞きにくいだろう内容のもの)だけを根拠に「はっきりとした答え」を出ると思ってることがすでに論外

  • 21ななしのよっしん

    2021/11/19(金) 23:05:40 ID: 0PHKy4bzbR

    加入側の視点としては、期待値を下げる代わりに最低値を上げるための物
    生命保険の場合、収入のある人は扶養対が死んでも銭面で困る事はないので、お金をもらっても額面以上の得にならず、そのまま貯した方がいい
    医療保険の場合、折や肺炎でも病院に行く積もりがなく稀な病気にかかっても諦める覚悟があれば払い損かもしれんな…ロック人生

    コミュニティ内の保険なら集めたプールは減らないので期待値は減らない
    企業が行う保険で掛け捨ての類いは、加入者が許容できる期待値低下分をかき集めて保険会社の運営費と利潤に充てると考えられる

    保険支払いはいつあるか分からないので、大きなプールが必要になるが、大数の法則から参加者が多いほど一人頭必要なプール額の準が下がる
    手数料を取らない=満期で保険料が返還される保険の場合、プールを多めに取る事で他の事に使える…例えば手数料を取る保険プールにしたり、貸しや投資に使えば、手数料や利子や配当で利益を得られるようになる

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/20(金) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/20(金) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP