信玄餅単語

シンゲンモチ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

信玄餅とは、山梨県の銘菓である。信玄餅には桔梗屋が販売する「桔梗信玄餅」と精軒が販売する「信玄餅」が存在するが、本記事ではその両方を含む菓子そのものについて解説する。

概要

信玄餅とは、黄粉がかかった黒蜜をかけて食べるお菓子である。肥(餅米粉に砂糖水飴などを加えて練ること)にちょうどよく加工することで、味を保ちつつ日持ちを良くしている。販売形態としては容器の中にが入っており、それに黒蜜タレ瓶(弁当醤油ソースを入れている容器)で付属してあり、プラスチック製の風呂敷でそれらがまとめられている。そして、風呂敷の結びには楊枝が付いていて、それを用いて食べるようになっている。

桔梗屋は信玄餅の由来について、山梨県お盆の時期に食べられる「安倍」をヒントに作ったとしている。それに対して精軒は信玄餅の由来について、武田信玄が出の際に非常食として用いた切りに由来するとしている。

特徴

  • 信玄餅には保存料が全く使用されていない。しかし、前述の通り肥加工をしているので、10日ほどは保つ。
  • 信玄餅が売られるときには容器をいくつかにまとめて売られているが、6個入り及び8個入りの物の袋は「信玄」に因んで信玄袋になっている。
  • 信玄餅に容器に入ったまま上から黒蜜を掛けると、黒蜜が容器からあふれてしまう。そうしたことがないように、菓子メーカーが公式に食べ方を紹介している。exit内容はを上手くどかして、その隙間に黒蜜を流し込むといったものだが、中には容器を包装している風呂敷の上に信玄餅をすべて出し、その上から黒蜜をかけて手で揉むといった奇抜なものまである。

歴史

信玄餅ができる以前の山梨県では、果物や生のブドウを使った「」と呼ばれるお菓子しかお土産品がなかったため、年中を通して安定して売ることができるものがなかった。また、昭和35年頃から洋菓子ブームが起こったため、これに対抗する和菓子を作るという的で製作されたとされている。その後、大河ドラマと地」や映画風林火山」で武田信玄が注を集めたことで山梨県観光客が増え、それに乗じて信玄餅の知名度も上がっていった。

桔梗屋の「桔梗信玄餅」は「2017年 JR東日本おみやげグランプリ お菓子部門 賞」、「2012年~ 3年連続モンドセレクション賞」といった賞を取っており、精軒の「信玄餅」は「第18回全菓子博覧会有功賞」、「第19回全菓子博覧会審総長賞」といった賞を取っている。

派生商品

桔梗屋は「桔梗信玄餅」の生商品を多数販売している。以下に列挙すると、

といったようである。また、関連商品にもあるように、ハローキティのご当地ストラップなど食べ物以外の生商品も出している。

一方で精軒は、高級版の「極上生信玄餅」、ゆべしの「くるみ信玄餅」、そして「寒天信玄餅」(2018/12/01現在休止中)とあまり多くない。ただ、精軒の店舗で期間限定で販売している「信玄餅」は各所で話題となった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

信玄餅に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/20(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/20(木) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP