偏向報道単語

ヘンコウホウドウ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(655)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

偏向報道とは、マスメディアによって恣意的情報操作された報道である。

概要

本来民に対して中立な立場で情報を伝えるべきマスメディア現在ではその機を失い、特定集団に対して異常に偏った擁護、又はバッシングを行っている。事実国境なき記者団による世界報道自由ランキング(Worldwide press freedom index)では日本の順位(2007年度)はなんと37位である。日本報道自由度が低い原因として、

  1. 会員制で排他的な記者クラブの存在
  2. 広告収入に大きく依存している為スポンサーに不利な報道を避ける傾向
  3. 番組・記事制作者のモラルの低下

があげられる。

問題点

マスコミと言えど一企業であり収益を上げなければならない。その為センセーショナルな報道を行い雑誌・新聞の売り上げやテレビの視聴率を上げようとすることがある。ろくに事実確認もされないまま大ニュースとしてスキャンダラスに取り上げたり、複雑な問題を二元論的に極めて単純化して視聴者を扇動することもしばしば行われている。前提に誤りが含まれていたり不十分な情報しか取り上げないという問題もある。

マスコミは世論形成に大きなを持っている為に意図的に流行を生み出したり、世論を特定の方向に誘導する事もできる。この為スポンサーになったり資提供をする、外団体から圧をかける等マスコミを通じての世論操作を狙う団体も多く存在する。椿事件はその一例である。

マスコミはその影の大きさからある程度の中立性を持つことが望まれるが、近年スポンサーにかなり配慮した報道姿勢や政治的な偏り、特定集団への過剰な擁護・バッシング立つようになってきた。発言の一部削除や切りり、情報の隠匿、過剰な誇表現等による印操作やプロパガンダはもうしいことでもない。

対策

まず個人のリテラシーを高めることが大事である。○○が言ってるからこうだ、ではなく自分で考えてみて意見を持つことが大切である。昨今はインターネットが発達したおかげで個人でも様々な情報を入手できるため活用すると良いだろう。但し注意するべきなのはネット情報も玉石混交であることに変わりはなく、その全てが正しいとは限らない

ただうまく使えればこれ程いい具もないのでマスコミに対抗する武器には十分なりうる。世論がマスコミを動かすこともある為ネットでのの根活動・周知戦略それなりに効果があるだろう。しかし今後ネットに対する規制論が出て来る事も予想されるため注意しなければいけない。→人権擁護法案

参考:恣意的以前の問題

恣意的ではないから偏向報道に当たらないが、麻生太郎「物事の基本がわかっていない人が話して、分かっていない人が広めて、分かっていない人が受け取る」構造があるという。結果として誤った世論形成につがなる。専門であるはずの人が分かっていない、広めるマスメディアが分かっていない、受け取る庶民も分かっていない...これでは救いようがない。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/28(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/28(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP