健康食品単語

ケンコウショクヒン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

健康食品とは、健康に良いことを謳った「食品」である。

概要

健康食品の定義であるが、実は法律上「健康食品」の定義はない。各社が勝手に名乗っているだけである。

「サプリメント」「栄養補助食品」「健康補助食品」「保険食品」など、各社好き勝手に名乗りすぎてややこしくなったため、厚生労働省2001年に表示などの決まりを規定した(後述)。

錠剤のように成されていたり、カプセルになっていたりもするが、科学的に効が明された「医薬品」ではないため効を謳うことはできない。というか書いたら事法などに引っかかる。どんなにCMなどで使用者がその効果のほどを述べていても、「効果には個人差があります」「個人の感想です」といった文言が何処かに書いてあるのだ。また、よく調べると数ヶ前に発売された商品を「何年も用」していたり、論文の発表された学会が健康食品会社の作ったものだったり・・・おや、か来t

どこまで行っても「食品」でしかないため、効の認められた「医薬品」のような劇的な効果を期待して摂取するのは止めたほうがいい。脂肪の吸収を抑えるお茶を飲んでいても、安心して脂っこいものばかり食っていれば当然太る。医薬品にも脂肪吸収阻があるにはある(日本ではまだ認可されていない)のだが、摂った油がそのまま排されるので下痢すること多々。痩せたきゃ運動した方がいい(個人の感想です)

現在法律上、大きく定義されているのは「保健機食品」「特別用途食品」の2つである。

保健機能食品

細かい分類も多いが、基本的に特定保健用食品(いわゆる「トクホ」)と栄養機食品の2種類に大きく分けられる。

特定保健用食品」は製品ごとにデータを提出し、科学的根拠に基づく審を通過した物が、消費者庁長官の認知・許可を経て名乗ることが出来る。近年は規制が撤され、カプセル錠剤のものも認められるようになった。

もし手元に保健機食品がある方は表示をよく見て貰いたいのだが、「血圧が高めの方に適する食品」「虫歯原因になりにくい食品」「体脂肪付きにくい食品」など、許可されている表示内容に理的な作用は一つも書いていない。「健康強調表示」が許されているだけなのである。

科学的根拠を裏付けるという面もあるが、商品についての表示の許可を得るためのものという性格も強い。

←ちなみに、こういうことをすると怒られる。

「栄養機食品」は含まれる栄養量に関する定義で、含有量の基準を満たせばの審許可なしで名乗ることができる。表示をよく見れば分かるが「特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による審を受けたものではありません」といった表示が義務付けられている。

これらの他、許可を得れば「疾病リスク低減表示」として「◯◯のリスクを低減するかもしれません」といった表示が骨粗鬆症など一部の疾患について認められていたり、トクホの評価基準を満たしていないが一定の有効性がある場合は「根拠は必ずしも確立されていませんが、◯◯に適している可性がある食品です」という表示が「条件付き特定保健用食品」として許可されることがある(この場合、トクホのバンザイマークん中に「条件付き」と書かれる)。

特別用途食品

こちらは高齢者や児、妊婦などへ「特別な用途」のために用いる食品である。具体的に言えば病院で出される分補給ゼリーのような嚥下困難者用食品、児や妊婦のための粉ミルクなどがこれにあたる。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/28(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/28(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP