今注目のニュース
Amazon.co.jp初のブラックフライデーセール開催へ 色や名前が“クロい”ものなどが対象
幼さの残る顔と大胆な水着姿のギャップが刺激的!『アズールレーン』平海のフィギュアがあみあみで予約受付中!
テレビ山口がアウティング放送…再び問われる「人権感覚」

優駿単語

ユウシュン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

優駿とは、以下のことを表す。

  1. 特に優秀な競走馬。転じて、優秀な人やもの。
  2. 日本競馬の最高競争のひとつ、「東京優駿(日本ダービー)」・「優駿牝馬オークス)」。詳細は各項を参照。
  3. 日本中央競馬会JRA)発行の機関広報誌。
  4. 宮本作の小説
  5. 4. を原作とした映画

3の概要

1941年創刊で、日本のお役所(正確には違うか)が発行する広報誌としてはぶっちぎりの売上高を誇る。

、前に行われた開催の結果を綺麗な写真入りで掲載するのはもちろん、重な映像を納めたDVDとか面げな読み物とか、専門的なについての書き物がいろいろ出ている。が好きなら一度は読んどくと良いよ。というか毎買うとなお良いよ。700円はちと高いけど。

昔は資格を持っているとで送られてきたらしいが、今では経費削減のために取りやめになっているとか。まぁ、売り上げが最盛期の半分以下になっているしね。馬券

4の概要

作家宮本1986年に発表した小説。彼はこの作品で吉川英治文学賞を受賞している。あと、JRA事文化功労賞を受賞してもいる。

オラシオンスペイン語で祈りという意味)と名づけられた1頭の競走馬ダービーを制覇するまでを書いた小説。正確には、その周りを取り巻く牧場の若者、秘書調教師、騎手など数々の人々の生き様を通してオラシオンの周りで起こるさまざまな出来事や運命を描き出す物語である。

複雑に絡み合う人生が、オラシオンという1頭のによって一つに紡がれ、ダービーゴールという間に結実して行く。どろどろとした人間模様あり、悲しい別れあり、少しHなシーンあり、もちろん大迫な臨場感あふれるレースシーンあり。美しい北海道自然から、情け容赦なく厳しい牧場経営の実態と、に賭ける熱い人々の夢。それらが宮本氏の麗で簡潔な筆致で描き出される様はまさに圧巻。最後の判定待ちシーンではマジで息をんでしまい、自分が本当にオラシオンの前で勝利を祈っている気分になる事請け合い。

競馬が好きなら確実に読んで損はく、というか、必ず読んでおくべき名著。競馬を知らなくても社会小説としても大傑作なのでお勧め。

ちなみに、この小説でははしゃべらないし二本足で立っても歩かないのでよろしく。

5の概要

4を映画化したもの。正確には「優駿 ORACIÓN」が正式名称。ぶっちゃけ編集者がこれまで見た中でも一二を争う原作レイプである。原作レイプとかいう以前に多大な犠牲も払っている。これはひどい

フジテレビ開局30周年記念として1988年開された。演に当時人気絶頂だった斉藤由貴緒方直人、吉岡秀隆加賀まり子などを配し、JRA全面協の下、かなりのをかけて製作されたと思われる。

しかしながら原作の複雑で重厚な物語を2時間に収めるのはやはり理だったのだろう。物語の難しい部分を大胆にカット。単純化した結果、まったく薄っぺらい物語が出来上がってしまい、挙句にそれでもやはり尺が足りず、説明不足が立つという有様。おいおい

さらに、JRAが全面協したはずのレースシーンでもなぜかに何の迫も見出せない。関連動画で見てもらえば分かるが、なんかがドタドタ走っている?

…これには裏話があって、本来最後のレースシーン1987年の実際のダービーを撮影して使用する予定だったのである。ところがこの時、競馬のことをよく知らないスタッフはすべてのカメラを一番人気だったマティリアルに向けてしまったのである。か忠告してやれよ…。この年のダービー皐月賞が脱落しての混戦ダービーだぜ…。(一応マティリアルは単定、2.4倍の一番人気と前評判は凄かったんだが、それで結果がわかるのならレースは要らない)。

ところが、案の定というかなんというか、マティリアルは18着に惨敗。よりにもよってマティリアルには似ても似つかない流星毛のメリーナイス(4番人気)が6身差のぶっちぎりで勝ってしまっていた。ちゃんと撮っていれば他がダメでもこのシーンだけは圧巻だったはずなのに…。

「本物のダービーゴール映像を使う」「この年のダービー優勝オラシオンモデルになる」ということは大々的に宣伝した以上後には引けず、メリーナイスに似た時代と成時代のオラシオン役となる二頭のを見つける所からスタート。しかしここでメリーナイスの特徴「流星」が立ちはだかる。そのような都合のいいがなかなか見つからなかったため、・成二頭の四毛を見つけ、メリーナイスの特徴だった流星化粧で描いてまでして何とかオラシオン役は確保。

しかし本当の問題はレースシーンであった。これは引退して乗をやっていたを動員して撮影したものである。ところが、撮影時うまいこオラシオン(役の)が勝つ展開にならなかったせいで何度も撮り直されたのである。しかも迫を出そうと引退した達を理に走させたために故障したが続出したという。…ここでいう「故障」が「予後不良」でない事を祈るばかりである。

競馬映画なのに理でが走るシーンが少ないだ…。それにしてもカット割りの下手さだとか何とかはどうしようもない。

そもそも小説オラシオン鹿毛だったなのに(まあこれは本来レース映像優先のためなんだろうけど…)。もちろん、メリーナイスは何も悪くないのだが…。

ほかにもいろいろ競馬的におかしいところがあるので、確かめて見たい人は見たら良いと思う。牧場風景とか調教シーンとかはちょっと良かったし、根本騎手等の昔の騎手がちょっと出ているので、それ当てでも良いかも。メリーナイスの雄姿がばっちり映っているのでメリーナイスファンにもお勧め。で走っている恥ずかしいシーンもあるけど。なぜか第32有馬記念映像が使われているので勝ちメジロデュレンも一、大写しになります。

だかしかし、絶対に原作を読んでから見てはいけない。発狂します。あと、サクラスターオーファンも見てはいけない。痛ましいスターオーの姿が・・・。なんであんな映像を入れたのか!

恐ろしいことにこの映画240万人もの人が見て、30億円もの行収入が上がる大ヒット作なのである。原作好きはマジ涙目だよ!競馬ファンからも不評。誰得なのこ映画…。

まぁ、見た人の中から競馬原作興味を持ってくれる人が出たんじゃないか、という事を祈るしかない。

関連動画

関連商品

3の関連商品

4の関連商品

5の関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/15(金) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/15(金) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP