今注目のニュース
「きのたけ戦争」遂に党首一騎打ち!?空箱工作で再現した闘いにヒートアップ
「勤務地:新宿」の人はどこに住んでいる? 1位「中野富士見町」、2位「新中野」
新商品「ちょこもち〈袋〉」を発売

元号単語

ゲンゴウ

掲示板をみる(407)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

元号とは、古代中国を起とする年の数え方(紀年法という)である。年号、ねんごう)とも言い、中国ではこちらの呼び方が一般的である。

概要

の代理人たる天子皇帝)が、時間と間をえて世界を支配する”という思想のもとに生み出された紀年法である。

世界最初の元号は、紀元前に存在した中国の王朝前漢武帝が定めた「建元」である。彼は、在位中の紀元前115年頃になって、自らの即位年(紀元前140年)に遡って、この年を建元元年として定めた。武帝はその生涯中に、幾度も元号を元(元号をめる事)を行っている。やがて武帝が崩じた後も、これに倣って中国の歴代皇帝や王は元号を使用し続けた。

また、中国冊封(さくほう。中国に対し、周辺民族中国皇帝天子と仰ぐ君臣関係を結ぶ事)をうけた周辺諸王は、中国の元号やを自においての公式な元号・として使い続けた。これを「正朔を奉ずる」、という。

元号を定めるという事は、東アジアにおいて重要な意味を持つ。元号を定める事は、すなわち「自らの天子皇帝)が治めるである」という事であり、内政においては民に「天子を戴く」であることを印付け、王の権威高揚の役割を果たす。そして外交においては、「独自の元号を使用するこそが天子皇帝)を戴くである」という正統性をする事で、周辺国家への牽制と威を見せつける役割を果たしたのである。

こうしたことから、各時代においての元号は1つではなく、複数の国家による複数の元号が同時に存在するのが常であった。例えば有名な三国志の時代は、それぞれが独自の元号を使用している。日本においても、南北朝時代朝廷が2つの系統に分裂していた時期があり、このとき南と北でそれぞれが独自に元号を制定していた。

元号の数え方は、最初の年を「元年(がんねん)」とし、それ以降を2年、3年…と数えていく。昭和50年代生まれまでの世代には、1989年平成元による「平成元年」が記憶に残っている方も多いだろう。

元号を新しいものにめる事を「(かいげん)」と言い、天子皇帝天皇)の代替わり以外にも、慶事や災厄があった時、干支革命が起き得るとされる年などにめていた。しかしこれは短期間に何度も元が起きる可性があり、不便であった。そこで明王朝の時代になって、皇帝の在位中は元号を変えないものとする「一世一元の制」が作られた。この一世一元制は、明の次代である清王朝や、ベトナムの阮などがこれに倣って取り入れた。日本でも明治に入って以降は、一世一元の制を採用した。

元号は前漢の時代に生み出されて以降、2000年近くに渡って使われ続けたが、近代に入って元号を使用する各王革命で倒されたり(清国中華民国)、あるいは共産主義化したり(ベトナムの阮)、あるいは併合されたり(朝鮮)することで減って行き、現在では伝統的な元号を使い続けているのは天皇を戴く日本ただ一のみとなっている。

ちなみに台湾で使われている中華民国(民紀元)や、北朝鮮で使われている体(チュチェ)といった、元号とよく似た紀年法があるが、これは西暦戦前日本皇紀タイ仏教などと同じく「元を想定しない」紀年法であるので、厳密に言えば元号ではない。とはいえ日本の元号のように西暦と併記されるなど、使われ方としては元号とあまり変わらないようである。

日本の元号

日本最初の元号は、飛鳥時代の大化の改新の際に定められた「大化(たいか、645年-650年)」である。次に、「(はくち、650年-654年)」が定められたが、654年以降は1年だけ「(しゅちょう/すちょう/あかみどり686年)」が定められたのを除けば、701年に「大宝/(たいほう/だいほう、701年-704年)」が定められるまでの約50年近くの間、長い中断期間があった。大宝の元号制定以降は、南北に朝廷が分裂していた時代も含めて一度も中断されることなく使用され続け、現代の平成(へいせい、1989年1月8日-2019年4月30日)にまで至っている。

なお、2019年5月1日からは令和(れいわ)と定めることが、同年4月1日に決定した。一世一元の制が決められた明治以降において、今上(明仁天皇が生前で4月30日で譲位あそばされることとなり、情報社会、印刷技術が発達した現代において、元による混乱を避けるため、前日ではく1ヶ前での表という史上初の出来事となった。

中華圏とその歴代王朝の元号

元号の発祥は前漢である。前漢で制定された「建元」が世界初の元号である。この元号は西暦の紀元前140年から紀元前135年まで続いた。その後、中華圏に成立した王国家は入れ替わるが、元号の伝統は続いていくこととなる。

共和制国家中華民国の建により君主制国家清国で一度途絶えたため、元号も西暦1909年から西暦1911年まで用いられた清国の「宣統」で途絶えることとなった。

中華民国では元号ではなく、中華民国の建年である西暦1912年を紀元とする「民紀元」が用いられた。

中華民国の建以後に中華圏で成立した君主制国家中華帝国及び満州国でも元号は用いられた。

現在ベトナムである地域の元号

現在ベトナムにおいては漢字は使用されないが、1945年以前は漢字が使用されていた。

東アジアと同様に元号制度も存在した。しかし、西暦1926から西暦1945年まで用いられた最後の元号である保大をもっての崩壊と共和制国家の建により元号制度は止された。

記事のある元号

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 405ななしのよっしん

    2019/07/04(木) 22:51:26 ID: kqv/a6X8sI

    中途半端に伝統を竄して、
    ただし日本漢文古典に限る!なんてやってると
    志が小さくなるね

  • 406ななしのよっしん

    2019/07/04(木) 22:58:14 ID: Ln/zPk04SO

    >>404
    文化とか文政の時代にイニシャルがあったと思うか?

  • 407削除しました

    削除しました ID: 17X/b0aFLZ

    削除しました

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 12:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP