今注目のニュース
昭和レトロだと思いこんでいた平成のヒット商品ランキング
紙くずを混ぜ続けてミニチュア包丁を作ってみた → キュウリをスパッと切断する硬く頑丈な包丁が完成
右手と左手で同時に違う絵を描く女性画家がスゴすぎる! しかも絵が写真のように超リアル!!

入れ替わり単語

イレカワリ

掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

入れ替わり(入れ代わり、いれかわり)とは、入れ替わることである。交代。相互の中見が移動すること。

概要

入れ替わりとは2つ以上の物の内容が変わることである。ただし片方がもう片方に、もう片方が片方に変わらないと入れ替わりとは呼ばれない。

江戸時代では毎年歌舞伎俳優が劇場を変えることがあり、その状態や歌舞伎俳優が変わった時の演も「入れ替わり」と呼んでいた。

唐突であるが、以下この記事では漫画アニメなど創作作品における入れ替わりに付いて解説する。

創作作品における「立場の入れ替わり」

創作作品では度々、「立場の入れ替わり」というものが存在する。

これは1881年の童話「王子乞食」などが有名である。「王子乞食」は、一般庶民になりたい王子と、貴族の暮らしをしてみたった乞食が入れ替わるお話。王子乞食は偶然に顔や特徴が二つだった。

現代でも「立場の入れ替わり」を使った創作作品は多い。1949年のドイツの児童小説「ふたりのロッテ」やアニメでは∀ガンダムなどが有名。

創作作品における「心の入れ替わり(体の入れ替わり)」

創作作品では二人以上の人間の体・心が入れ替わる現がある。
例えるならA君とB君がいた場合、A君の心がB君の体に入り、B君の心がA君の体に入ること。

日本では1979年80年の山中恒による児童文学「おれがあいつであいつがおれで」、およびそれを原作とした1982年大林製作した映画転校生」が特に有名である。これは中学生男女が階段から転げ落ちると体が入れ替わっていたという物語
現実に存在しない内容ゆえ、現在も根強い人気を持っている場面の1つでもある。

心・体の入れ替わりが発生するのはに1対1の場合が多いが、異性同士で入れ替わる事もあれば、同性同士で入れ替わったりもする。特に男女間での入れ替わりの場合は入れ替わった互いの人物がそれぞれの身体に驚いたりする(あるの物がい、若しくはの物がある)のは序の口で、女性が自分を「」と呼んで気のある雰囲気になったり、逆に男性が普段と打って変わって女々しくなったり(そして双方とも、は普段のまま)という差が好評である。
心や体が入れ替わる相手との関係も、家族間(親子同士、兄弟姉妹同士、ペットと飼いなど)や親友・人(夫婦)同士、クラスや職場の「中心人物と立たない人同士」であるなど様々に確認されるが、入れ替わる相手も人間同士ばかりかというとそうでもなく、時折などといった動物と入れ替わったりする事もままにある。

入れ替わりという現自体が現実には見られないものだけに、2人同士の入れ替わりだけでも十分混乱するものであるが、作品によっては複数の人間が入れ替わったりもする。この場合、複数の入れ替わりカップリング(?)が発生する事もあれば、複数人数同士で精体がシャッフルされるようにバラバラに入れ替わって大混乱を引き起こすのである。

ちなみに入れ替わった後の結末は「入れ替わりを発生させた要因(魔法アイテムなど)を再度使用する」「入れ替わりの原因を破壊したり使用不能にする」などといった展開から、大抵は入れ替わった体と精事元通りに戻るが、稀に元に戻らないままストーリーが閉幕してしまう事も稀にある。

エロゲーの場合は異性の体に入れ替わった事で、異性の新しい体を観察するだけに留まらず異性の体でオナニーをお互い楽しんでみたり、親密な男女同士で体を入れ替わった場合はベッドでの立場も入れ替わった結果普段なら味わえないそれぞれの世界を体感し合ったり、同人誌などであればBL百合作品にて攻めと受けを逆転したり・・・
などといった展開も多いと思われる。

創作作品が映像化される際は入れ替わったお互いの役を演じ分ける事になるため、
映画実写作品ならば俳優の、アニメゲーム作品であれば声優の本気が見られる事だろう。

どんなときに心・体の入れ替わり現象は発生するのか?

(下記以外にももしあれば、随時追加して下さい)

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/21(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/21(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP