入学試験単語

ニュウガクシケン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

入学試験とは、学校入学するための試験である。

概要

日本の場合、小学校中学校義務教育であり、立の学校償で学ぶことができる。

しかし、高等学校大学大学院専門学校については義務教育の範疇ではなく、また、入学定員に対して希望者が多い状態が多々あり、試験が行われる。また、小学校中学校についても、私立・国立などの学校へ進学を希望する場合、入学試験が行われる。特に最近では首都圏を中心に、学校への生活面や進学面での不信感からか、私立中学への進学を希望する子供が増えている。

入学試験は学校の種類によって、形態が全く異なるので、それぞれ個別に解説する。

中学入試

に地域の中学でなく、私立中学への進学を希望する小学6年生が対

高校入試や大学入試とべて募集人数の絶対数が少なく、また私立に全落ちした場合、地域の中学に進学することになるため、希望者は小学5年生または4年生の頃から塾に通って、対策を始める。

入学試験の内容としては、算とか時計算とかまるでクイズのような問題も出題され、「そんなの絶対日常生活で使わねーよ!」みたいな内容も多い。実際に4教科の中で一番合否を分けるのは算数なのは事実だけど。ただ、大学入試の問題などで意外と使える場面があったりする。しかし厄介な事に、中学に入ると算で解ける問題もxyを使うことを定される場合が多いので、戸惑う生徒もいるようだ。

また、学校によっては面接も課す所もあるため、それも疎かにしてはいけない。

これは数学の話。国語社会の知識は中学でかなり使えるので便利。

中学入試する児童の割合は首都圏関西で高く、それ以外の地域ではあまり盛んではない。実際に国立・私立中学の絶対数が前途の地域に集中しているため。(高知県広島県は例外。)

高校入試

大多数の人が経験する入試。特に高校進学率が9割をえたのでほぼ全員が経験しているはず。中学から内部進学するケースは例外な。

地域によって特徴が異なる。たとえば首都圏の場合、立入試は5教科(国語数学英語理科社会)、私立入試は3教科(国語数学英語)。また、高校だと受験機会が1回(推薦・一般両方使うと2回)しかない。(愛知県のみ一般受験の機会が2回ある。)

大学入試

大学に進学するための試験。

立・私立、文系理系によっても試験内容は異なる。一般的に文系英語国語・地歴or公民or数学理系英語数学理科の3教科のところが多い。英語どの大学で必須である。

中学・高校入試と違い、「浪人」が普通にあり得る。

近年では、AO入試指定校推薦とか使って楽々入学試験を終わらせることもできる。

私立の場合、一般入試もあるが、センター試験を利用した入試もある。その場合、センター試験の点数だけで合否判定が下される場合もあり、一度も受験した学校に行くことなく受験が終わってしまうこともある。

大学院入試

大学院に進学するために試験。

といっても大学卒業後に就職する人物が多いため、さほど一般的ではない。

しかし理系などでは大学院修士課程程度の学力学歴を要してくるため、大学院に進学する者は多い。

一般的には大学入試よりも簡単だという人がいる一方、難しいという者もいる。

大学院などでは学校名よりも研究室を重視して選んだ方が良いとされる。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/20(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/20(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP