入江京介 単語

89件

イリエキョウスケ

1.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

入江京介とは、同人ゲームひぐらしのく頃に』『ひぐらしのく頃に解』に登場するサブキャラクターである。アニメ・商業版ゲームドラマCDを通して関俊彦が担当している。実写映画では田中幸太朗テレビドラマでは智博が担当した。

概要

山村である雛見沢村にて診療所「入江診療所」を開設している医師であり、所長でもある。また、草野球チーム監督としても活動している。

本編には第一話隠し編」から登場しており、以降「綿流し編」以外は全ての話に登場している。立ち絵が描かれたのは「祟殺し編」が最初である。

類のメイド好きであり、固有結界メイドインヘヴン」をもつ。メイド好きという描写は「祟殺し編」の「お疲れ様会」が最初。アニメ漫画などでは特にそのことが強調されており、原作でも「明し編」の「お疲れ様会」ではソウルブラザーの一員としてキャラの崩壊ぶりを見せ付けた。ただし、基本的には人間であり、村人からも信頼されている。

彼の正体

ネタバレ注意

この項は、ネタバレ成分を含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

反転表示をしてご覧ください。

彼の正体は、最終話「祭囃し編」にて初めて明らかにされる。

彼は、鷹野三四雛見沢症候群研究スタッフとして『東京』から送り込まれた研究員である。彼の前身は精外科医であり、ロボトミー手術を何度も行ったことがある。しかし、精外科が否定されたため学会から追放され、干されていた所を『東京』にスカウトされた。

外科を志した理由は、父親障害により両が不仲になったのをの当たりにしたからである。雛見沢症候群研究する動機も、両のように、障害による不幸な行き違いで苦しむ人を救うため、である。

八分に遭っている北条兄妹のことをとても気にかけており、北条悟史野球チームに誘ったり、検体にされかけていた北条沙都子を救うために抗体「C103」を開発したりしている。

彼は事件の犯人ではないが、当初、作者は彼を犯人にしようと考えていたことを示唆するメッセージが、出題編のエンドロールに記載されている。

また、なぜ作者が彼をメイド好きという設定にしたのかについては、祭囃し編コミックス2巻の末尾に、作者自身が述懐している。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/23(火) 03:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/23(火) 02:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP