全日本2歳優駿単語

ゼンニッポンニサイユウシュン

2.9千文字の記事
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

2歳限定・若駒ダート王決定戦
全日本2歳優駿
川崎競馬場ダート1600m


全日本2歳優駿とは、例年12月中旬に川崎競馬場で施行される競馬Jpn競走である。
師走の時期に日本中央競馬地方競馬問わず)の2歳を集めて行われる、2歳ダート頂上決戦
距離1600m、優勝は4200万円。

概要

1950年全日本3歳(三才)優駿として創設された歴史ある競走である。なお名称が「3歳」なのは、2000年までは齢の表記が現行よりも1歳上だったためで、2001年より現行の「全日本2歳優駿」に称されている。

創設当初は南関東地区(浦和競馬船橋競馬大井競馬川崎競馬)の2歳(旧:3歳)の頂上決戦という位置づけであった。
1985年から地方競馬交流競走となり、地方競馬全体の2歳の頂上決戦という位置づけに引き上げられた。
さらに1997年には中央競馬JRA)所属も出走可になり、芝の2歳頂上決戦である中央競馬阪神JF朝日杯FSに対して、日本全体の2歳ダート頂上決戦という位置づけになった。この時点ではGⅡの格付けであったが、2002年よりGⅠに格上げされた。2007年よりJpnⅠに格付け表記を変更。
2018年より地方競馬では東京大賞典に続いて2つ際交流競走となった。これに伴い、際的な格付けがLR(制限されたリステッド競走)からL(リステッド競走)に変更された。

中央競馬地方競馬の交流重賞中央競馬所属地方競馬所属を圧倒することが多いのだが、このレースは2歳ということもあり実差は小さく、そこまで中央競馬所属ばかりが勝ったりしない。1997年から2015年の19年間で5回地方競馬所属優勝がある。
また波乱も起きやすく、川崎競馬3連単が導入された2002年から2013年までの12年間で、3連単万馬券に至らなかったのは3回だけで(2002年2004年2011年)、一方で10万馬券以上が3回出ている(2003年2005年2009年)。2014年2015年はあまり荒れていないが。

主な前哨戦

全日本2歳優駿への優先出走権が懸かった競走を挙げる。(優先出走権付与は地方競馬所属のみ)
定交流=中央競馬地方競馬の所属を問わず出走可

レース格付競馬場距離出走資格
鎌倉記念 南関東S 川崎競馬場 1500m 地方競馬交流
平和 南関東S 船橋競馬場 1600m 地方競馬交流
JBC2歳優駿 Jpn 門別競馬場 1800m 定交流
ハイセイコー記念 南関東S 大井競馬場 1600m 南関東所属限定
兵庫ジュニアグランプリ Jpn 園田競馬場 1400m 定交流

当競走の予想の上では、前戦の中でも特に、定交流競走のJBC2歳優駿兵庫ジュニアグランプリが重視される傾向がある。

ジンクス

2歳一のダートGⅠであるにもかかわらず、勝った、特に中央所属が勝った場合は3歳以降は何故か大スランプに陥ることが多い。

2017年ルヴァンスレーヴジンクスを撥ね退けてダートチャンピオンホースいたが、こういう例は稀であり、このレースを勝った中央所属の大半が最初で最後のGⅠタイトル、それどころか最初で最後の重賞タイトルに終わっているが約半分を占めており、2~3年後には地方競馬送りにされてしまったも少なくない。

こうなる理由はもともと全日本2歳優駿そのものが交流重賞レベルが低いことや、中央所属の出走の問題から出走自体が狭き門であり、2歳で交流重賞などを勝っていないと確実に出走できないことから、もともとでないと全日本2歳優駿に出てくるのが難しいといった出走環境にあると考えられる。

地方はこのジンクスに当てはまらず、もともと全日本2歳優駿に出てくる時点で地元のダート重賞くらいはらげており、既に地元の2歳チャンピオンの地位を確立していることから地元に帰れば地元のトップクラスの実であることから3歳以降不振に陥ることは少ない。

歴代優勝馬

定交流競走となった1997年以降

回数開催日優勝性齢所属時計勝利騎手動画
72 2021年12月15日 ドライタウ 2 JRA 1:39.2 戸崎圭太 sm39759768exit_nicovideo
第71回 2020年12月16日 アランローズ 2 船橋 1:40.7 sm37978678exit_nicovideo
第70回 2019年12月18日 ヴァケーション 2 川崎 1:41.9 吉原寛人 sm36103319exit_nicovideo
第69回 2018年12月19日 ノーヴァレン 2 JRA 1:42.6 北村友一 sm34342868exit_nicovideo
第68回 2017年12月13日 ルヴァンスレーヴ 2 JRA 1:41.6 M.デムーロ sm32420237exit_nicovideo
第67回 2016年12月14日 リエノテソーロ 2 JRA 1:42.8 吉田隼人
第66回 2015年12月16日 サウンドスカイ 2 JRA 1:43.1 戸崎圭太 sm27806729exit_nicovideo
第65回 2014年12月17日 ディアドム 2 JRA 1:45.3 三浦皇成
第64回 2013年12月18日 ハッピースプリント 2 北海道 1:40.4 宮崎 sm22481758exit_nicovideo
第63回 2012年12月19日 マリー 2 JRA 1:41.9 藤岡佑介 sm19618987exit_nicovideo
第62回 2011年12月14日 オーブルチェフ 2 JRA 1:41.6 中舘英二 sm16436845exit_nicovideo
第61回 2010年12月15日 ビッグロマンス 2 JRA 1:41.2 田中 sm13038340exit_nicovideo
第60回 2009年12月16日 ラブミーチャン 2 笠松 1:40.0 濱口 sm9110352exit_nicovideo
第59回 2008年12月17日 スー 2 JRA 1:40.5 内田博幸 sm5575331exit_nicovideo
第58回 2007年12月19日 イイケンシン 2 JRA 1:41.8 藤田伸二
第57回 2006年12月13日 フリオーソ 2 船橋 1:41.8 内田博幸 sm3885936exit_nicovideo
第56回 2005年12月21日 グレイスティア 2 JRA 1:42.3 田中
第55回 2004年12月22日 プライドキム 2 JRA 1:40.6 池添謙一
第54回 2003年12月17日 アドマイヤホー 2 JRA 1:42.8 武豊
第53回 2002年12月25日 ユートピア 2 JRA 1:42.4 河内洋
2002年(第53回)よりGⅡからGⅠに昇格
第52回 2001年12月25日 プリンシパルリバー 2 北海道 1:42.5 五十嵐
第51回 2000年12月13日 トーシンブリザード 2 船橋 1:42.6 石崎
第50回 1999年12月23日 アグネスデジタル 2 JRA 1:41.1 的場均
第49回 1998年12月29日 アドマイヤマン 2 JRA 1:43.3 田中
第48回 1997年12月29日 アグネスワールド 2 JRA 1:41.7 武豊

関連動画

2005年ファンファーレ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2017/08/08(火) 00:50:58 ID: /CBaQ41Y/s

    第67回 の優勝をリエノテソーロに書き換えをお願いします。

  • 3ななしのよっしん

    2019/06/18(火) 08:55:29 ID: 0BDu8bSTeo

    ルヴァンスレーヴが出走予定だった帝王賞を回避。4歳になって一度もレース使ってないし例のジンクスが遅れてやってきたのか...?

  • 4ななしのよっしん

    2021/12/15(水) 20:21:17 ID: Mf/BTIiSSQ

    今年はドライタウ勝でしたな、強い
    くもJDD最有になりそうな予感

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/08(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/08(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP