全日本2歳優駿 単語

47件

ゼンニッポンニサイユウシュン

5.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

2歳限定・若駒ダート王決定戦

ケンタッキー
全日本2歳優駿
川崎競馬場ダート1600m


全日本2歳優駿とは、例年12月中旬に川崎競馬場で施行される競馬JpnI競走である。
師走の時期に日本(中央競馬地方競馬問わず)の2歳を集めて行われる、2歳ダート頂上決戦
距離1600m、優勝は4200万円。

概要

1950年全日本三才優駿として創設された歴史ある競走である。なお名称が「3歳」なのは、2000年までは齢の表記が現行よりも1歳上だったためで、2001年より現行の「全日本2歳優駿」に称されている。

創設当初は南関東地区(浦和競馬船橋競馬大井競馬川崎競馬)の2歳(旧:3歳)の頂上決戦という位置づけであった。
1985年から地方競馬交流競走となり、地方競馬全体の2歳の頂上決戦という位置づけに引き上げられた。
さらに1997年には中央競馬(JRA)所属も出走可になり、芝の2歳頂上決戦である中央競馬阪神JF朝日杯FSに対して、日本全体の2歳ダート頂上決戦という位置づけになった。この時点ではGIIの格付けであったが、2002年よりGIに格上げされた。2007年よりJpnIに格付け表記を変更。
2018年より地方競馬では東京大賞典に続いて2つ際交流競走となった。これに伴い、際的な格付けがLR(制限されたリステッド競走)からL(リステッド競走)に変更された。

中央競馬地方競馬交流重賞中央競馬所属地方競馬所属を圧倒することが多いのだが、このレースは2歳ということもあり実差は小さく、そこまで中央競馬所属ばかりが勝ったりしない。1997年から2015年の19年間で5回地方競馬所属優勝がある。
また波乱も起きやすく、川崎競馬3連単が導入された2002年から2013年までの12年間で、3連単万馬券に至らなかったのは3回だけで(2002年2004年2011年)、一方で10万馬券以上が3回出ている(2003年2005年2009年)。2014年2015年はあまり荒れていないが。

2017年から日本を対にしたGIケンタッキーダービー選定ポイントシリーズJAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の対競走に定。近年はこのレースなどで好成績を納めた中央所属サウジサウジダービードバイUAEダービーといった海外遠征に赴くケースも多く、そこからケンタッキーダービーへ転戦するローテーションが定着しつつある。更に2024年からは3歳ダート三冠が整備され羽田盃東京ダービーJRA勢に解放されるため、幅広い選択肢の拡充が期待できそうだ。

主な前哨戦

全日本2歳優駿への優先出走権が懸かった競走を挙げる。(優先出走権付与は地方競馬所属のみ)
定交流=中央競馬地方競馬の所属を問わず出走可

レース 格付 競馬場 距離 出走資格
鎌倉記念 南関東SIII 川崎競馬場 1500m 地方競馬交流
平和 南関東SIII 船橋競馬場 1600m 地方競馬交流
JBC2歳優駿 JpnIII 門別競馬場 1800m 定交流
ハイセイコー記念 南関東SII 大井競馬場 1600m 南関東所属限定
兵庫ジュニアグランプリ JpnII 園田競馬場 1400m 定交流

当競走の予想の上では、前戦の中でも特に、定交流競走のJBC2歳優駿兵庫ジュニアグランプリが重視される傾向がある。

ジンクス

2歳一のダートGIであるにもかかわらず、勝った、特に中央所属が勝った場合は3歳以降は何故か大スランプに陥ることが多い。このレースを勝った中央所属の大半が最初で最後のGIタイトル、それどころか最初で最後の重賞タイトルに終わっているが約半分を占めており、2~3年後には地方競馬送りにされてしまったも少なくない。

こうなる理由はもともと全日本2歳優駿そのものが交流重賞レベルが低いことや、中央所属の出走の問題から出走自体が狭き門であり、2歳で交流重賞などを勝っていないと確実に出走できないことから、もともとでないと全日本2歳優駿に出てくるのが難しいといった出走環境にあると考えられる。

しかし、2017年優勝したルヴァンスレーヴジンクスを撥ね退けてダートチャンピオンホースき、以降もドライスタウトデルマソトカゲなどの優勝が3歳以降でも活躍するなど、中央所属はこのレース後成績が落ちるというジンクスは徐々に過去のものとなりつつある。

地方はこのジンクスに当てはまらず、もともと全日本2歳優駿に出てくる時点で地元のダート重賞くらいはらげており、既に地元の2歳チャンピオンの地位を確立していることから地元に帰れば地元のトップクラスの実であることから3歳以降不振に陥ることは少ない。

歴代優勝馬

  • 回数についているリンククリックすると該当する動画に飛びます。
  • 齢表記は現行表記に統一。
  • 競走名は第1回から第38回が「全日本三才優駿」、第39回から第51回が「全日本3歳優駿」、第52回以降が「全日本2歳優駿」。
回数 開催日 競馬場 距離 優勝 性齢 所属 勝利騎手 勝ち時計
第74回exit_nicovideo 2023年12月13日 川崎 1600m フォーエバーヤング 2 JRA 坂井瑠星 1:43.5
第73回exit_nicovideo 2022年12月14日 川崎 1600m デルマソトガケ 2 JRA 1:43.3
第72回exit_nicovideo 2021年12月15日 川崎 1600m ドライスタウト 2 JRA 戸崎圭太 R1:39.2
第71回exit_nicovideo 2020年12月16日 川崎 1600m アランローズ 2 船橋 1:40.7
第70回exit_nicovideo 2019年12月18日 川崎 1600m ヴァケーション 2 川崎 吉原寛人 1:41.9
第69回exit_nicovideo 2018年12月19日 川崎 1600m ノーヴァレン 2 JRA 北村友一 1:42.6
第68回exit_nicovideo 2017年12月13日 川崎 1600m ルヴァンスレーヴ 2 JRA M.デムーロ 1:41.6
第67回 2016年12月14日 川崎 1600m リエノテソーロ 2 JRA 吉田隼人 1:42.8
第66回exit_nicovideo 2015年12月16日 川崎 1600m サウンドスカイ 2 JRA 戸崎圭太 1:43.1
第65回 2014年12月17日 川崎 1600m ディアドム 2 JRA 三浦皇成 1:45.3
第64回exit_nicovideo 2013年12月18日 川崎 1600m ハッピースプリント 2 北海道 宮崎 1:40.4
第63回exit_nicovideo 2012年12月19日 川崎 1600m マリー 2 JRA 藤岡佑介 1:41.9
第62回exit_nicovideo 2011年12月14日 川崎 1600m オーブルチェフ 2 JRA 中舘英二 1:41.6
第61回exit_nicovideo 2010年12月15日 川崎 1600m ビッグロマンス 2 JRA 田中 1:41.2
第60回exit_nicovideo 2009年12月16日 川崎 1600m ラブミーチャン 2 笠松 濱口 R1:40.0
第59回 2008年12月17日 川崎 1600m スーニ 2 JRA 内田博幸 1:40.5
第58回 2007年12月19日 川崎 1600m イイケンシン 2 JRA 藤田伸二 1:41.8
第57回exit_nicovideo 2006年12月13日 川崎 1600m フリオーソ 2 船橋 内田博幸 1:41.8
第56回 2005年12月21日 川崎 1600m グレイスティア 2 JRA 田中 1:42.3
第55回 2004年12月22日 川崎 1600m プライドキム 2 JRA 池添謙一 1:40.6
第54回 2003年12月17日 川崎 1600m アドマイヤホー 2 JRA 武豊 1:42.8
第53回 2002年12月25日 川崎 1600m ユートピア 2 JRA 河内洋 1:42.4
2002年(第53回)よりGIIからGIに昇格
第52回 2001年12月25日 川崎 1600m プリンシパルリバー 2 北海道 五十嵐 1:42.5
第51回exit_nicovideo 2000年12月13日 川崎 1600m トーシンブリザード 2 船橋 石崎 1:42.6
第50回 1999年12月23日 川崎 1600m アグネスデジタル 2 JRA 的場均 1:41.1
第49回 1998年12月29日 川崎 1600m アドマイヤマン 2 JRA 田中 1:43.3
第48回 1997年12月29日 川崎 1600m アグネスワールド 2 JRA 武豊 1:41.7
1997年(第48回)よりダートグレード競走開始。GIIに格付け
第47回 1996年12月18日 川崎 1600m オグリダンディ 2 大井 佐宗応和 1:42.3
第46回 1995年12月27日 川崎 1600m ウシュウサルーン 2 川崎 石崎 1:44.1
第45回 1994年12月29日 川崎 1600m ヒカリルーファス 2 浦和 佐々木 1:42.1
第44回 1993年12月27日 川崎 1600m キタジラ 2 北海道 大城 1:43.2
第43回 1992年12月22日 川崎 1600m キタサンテイオ 2 船橋 石崎 1:42.0
第42回 1991年12月26日 川崎 1600m ヤマニンロード 2 川崎 石崎 1:42.3
第41回 1990年12月29日 川崎 1600m ユウユウサンボーイ 2 川崎 森下 1:42.7
第40回 1989年12月28日 川崎 1600m ハセノトライアン 2 船橋 石崎 1:43.9
第39回 1988年12月21日 川崎 1600m ミルユージ 2 船橋 桑島 1:44.7
第38回 1987年12月29日 川崎 1600m ユウコウキング 2 川崎 本間 1:43.2
第37回 1986年12月29日 川崎 1600m ダイカツラモーヌ 2 浦和 石崎 1:43.8
第36回 1985年12月25日 川崎 1600m ミハマシヤーク 2 川崎 山崎尋美 1:42.5
1985年(第36回)より地方交流競走に
第35回 1984年12月19日 川崎 1600m ロングタイシヨー 2 川崎 佐々木 1:42.7
第34回 1983年12月23日 川崎 1600m ヨシマサボーイ 2 船橋 石崎 1:42.8
第33回 1982年12月20日 川崎 1600m ネタロウ 2 川崎 本間 1:42.5
第32回 1981年12月16日 川崎 1600m ヒノデスター 2 船橋 桑島 1:42.8
第31回 1980年12月17日 川崎 1600m シゲノカマダ 2 船橋 佐藤 1:41.4
第30回 1979年12月20日 川崎 1600m スーパーヤマト 2 船橋 桑島 1:40.3
第29回 1978年12月14日 川崎 1600m イリマンド 2 大井 高橋三郎 1:40.5
第28回 1977年12月8日 川崎 1600m ヒダカホーリユウ 2 船橋 岡島 1:41.2
第27回 1976年12月10日 川崎 1600m シキユネ 2 浦和 本間 1:42.3
第26回 1975年12月11日 川崎 1600m カツフアーム 2 大井 高橋三郎 1:41.3
第25回 1974年12月11日 川崎 1600m シタヤロー 2 船橋 佐々木 1:40.8
第24回 1973年12月5日 川崎 1600m スピードパーシア 2 船橋 内野健二 1:41.0
第23回 1972年12月20日 川崎 1600m チヤイナホープ 2 船橋 川島正行 1:41.9
第22回 1971年12月10日 川崎 1600m ヤシマスウパー 2 船橋 内野健二 1:41.6
第21回 1970年12月10日 川崎 1600m ニノカツヒメ 2 船橋 宮下紀英 1:40.5
第20回 1969年12月18日 川崎 1600m タマプチ 2 大井 赤間 1:42.3
第19回 1968年12月26日 川崎 1600m ウシユン 2 船橋 渥美忠男 1:41.8
第18回 1967年11月15日 川崎 1600m バトラー 2 大井 福永二三 1:43.6
第17回 1966年11月30日 川崎 1600m ヒカルタカイ 2 大井 1:42.6
第16回 1965年11月24日 川崎 1600m ユーサカエ 2 大井 小筆 1:41.7
第15回 1964年11月18日 川崎 1600m タマニシキ 2 大井 佐々木 1:43.6
第14回 1963年12月11日 川崎 1600m ハロユウ 2 大井 宮下哲朗 1:43.7
第13回 1962年12月1日 川崎 1600m テルチカラ 2 大井 高岩 1:44.5
第12回 1961年11月21日 川崎 1600m セルコール 2 船橋 須田 1:45.9
第11回 1960年12月6日 川崎 1600m キロ 2 大井 古野重孝 1:43.8
第10回 1959年11月20日 川崎 1600m オンスロー 2 大井 赤間 1:41.4
第9回 1958年11月20日 川崎 1500m カチススム 2 大井 内田 1:38 0/5
第8回 1957年11月18日 川崎 1500m ダイゴホマレ 2 大井 小筆 1:36 0/5
第7回 1956年11月15日 川崎 1500m エイシヨウ 2 大井 須田 1:38 0/5
第6回 1955年11月23日 川崎 1400m カブト 2 大井 長沢忠夫 1:31 4/5
第5回 1954年12月1日 川崎 1400m タジマオ 2 川崎 井上宥蔵 1:31 1/5
第4回 1953年11月6日 川崎 1400m ネンタカラ 2 大井 遠間波満行 1:30 2/5
第3回 1952年9月30日 川崎 1400m ローズバツト 2 大井 須田 1:31 1/5
第2回 1951年11月4日 川崎 1400m シンタカラ 2 大井 勝又 1:22 2/5
第1回 1950年8月13日 川崎 1200m サチフサ 2 大井 大山末治 1:22 2/5

関連動画

全日本2歳優駿と言えば、2005年ファンファーレがあまりにも酷すぎることでも有名(日本4大糞ファンファーレも参照)。そもそも曲の難易度が高いというもあったかどうかは定かではないが、2010年現在ファンファーレに変更された。2021年には桑野信義トランペット、2022~2023年には春風亭昇太トロンボーンゲストミュージシャンとして、ファンファーレ演奏に参加している。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 16:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP