全米が炊けた単語

ゼンベイガタケタ

  • 9
  • 0
掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

全米が炊けたとは、が全て炊き上がったということである。

概要

不十分な炊飯方法では全てのを美味しく炊き上げることはできない。

を釜に入れずに釜に火をかけたり、途中で火が消えてしまったり、
火をかけても加熱をし過ぎて「おこげ」だらけにしてしまうなど、
それでは全てのを美味しく炊き上げることはできない。

炊飯方法

ここでは炊飯器を使わず、や飯ごうを使った美味しいの炊き方の例を記述する。

1. を計量する。

1合は180ml分である。すなわちの計量は以下の計算式で行う。

(ml) = 180ml × n合

2. 洗する。

まずはにサッと通して、そのは捨てる。
これは最初のによってがそれ自体のヌカ臭さを吸収してしまうため、それを防ぐのである。

そして再び適量加え、手ののやや手首寄り(底付近)でを押すように洗する。
この時、あまり強く押すと割れるので、割らないように加減をする。
く濁ったは捨て、洗してもがだいたい透明になるまで繰り返す。

3. を計量して入れる。

後はザルを使ってを捨て、炊飯の為のを入れる。
の量はの量の約1.2倍~1.5倍とされる。(好みによる)

よっての分量は以下の計算式によって算出される。

 (の量をの1.2倍とした場合)

(ml) = (ml) × 1.2

4. 浸させる。

をしばらくに浸けておくことで、美味しく炊き上げることができる。
時間は場で30分ほど、場で1~2時間ほど浸ける。

5. 炊飯する。

ここから火を使って炊飯を開始する。

5-1. (飯ごう)に蓋をし、グツグツと沸騰するまで強火で加熱する。

5-2. 沸騰したら中火にする。

5-3. グツグツと音がしなくなったら(中のがなくなったら)、弱火にする。

5-4. 余分な分がくなったら火を止め、10分ほど蓋をしたまま蒸らす。
    (この際、短時間であれば蓋を取ったり、味見をしても構わない

5-5. 完成

補足

上記に示した手順はほんの一例であり、他にも炊飯方法はある。結局は美味しけりゃ(・∀・)イイ!
全体がまんべんなく火が通り、個々人の好みに合った美味しいが炊けていれば良いのである。

例えばを美味しく炊く秘として「初めチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋取るな」
という言葉があるが、実際のところはこの通りに作らなくても美味しくを炊くことは可である。
また逆に、上記に示した通りに作っても美味しく出来ない可性もある。

炊飯器以外での炊飯は器具や火力、更には高度などの環境によって差異が生じやすいので、
適宜調整したり、味見をすることが好ましい。

例えば標高の高い山で炊飯を行った場合、普段より低温でが沸騰するためよく煮えず、
生煮えのができることがある。この場合は重しなどによって圧を掛けるなどの調整が必要となる。

関連動画

 

 

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/07(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/07(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP