兵士単語

ヘイシ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

兵士とは、軍隊をはじめとした戦闘組織の人員である。

大雑把に「軍人」と呼ばれる場合もある。

概要

戦士」とべるといささかドライであり、意志の如何有は関係なく純歩兵などの戦闘要員のことをさして使うことが多い。

英語で下士官兵を総称して Enlisted man と呼称し、その和訳として「一般兵士」と呼称する場合がある。(→軍隊の階級

自衛隊では広義に「隊員」と呼ばれる。(厳密には自衛官)

理やり軍隊に放り込まれる徴兵制
自らの意志で入隊する志願制の2種類がある。 どちらも一長一短。

歩く兵士

一般的に迷彩を着て小銃を持ってリュックを背負い、山歩く兵士は 歩兵 と呼ばれる。
ジープトラック装甲車ヘリコプターに乗って移動する場合もある。
戦術に柔軟性を持たせるため、班員が携帯式の対戦車兵器機関銃を持っている場合も多い。

歩兵 の記事も参照。

服装

陸軍などはいつもヘルメット迷彩を着ているイメージもあるかもしれないが
式典用の背広ネクタイのようが制服もあったり、儀礼用の立装もある。
制服 (自衛隊) - Wikipedia
exit
軍服 (アメリカ合衆国) - Wikipediaexit

靴をピカピカに磨いたり、アイロンをシワなくかけたりと結構大変である。

フィクション・ゲーム等において

やられ役怪獣に蹴散らされたり、未知の存在に壊滅させられたり、
根性論な上官に突撃させられたり、ハートマン軍曹にしごかれたりと大変な役割も多い。

戦争映画などでは、兵士視点から見た戦争などの有様や現状を描く場合も多い。
宿営地や基地、行軍中、愚痴をこぼしていたり、アメリカジョークを飛ばしていることもある。

戦場という極限状態におかれることから、割と人間臭い。

やたらがでかかったり、マッチョで濃い顔をしていたりといったステレオタイプから
やたら眼鏡君や、脳筋ムーメーカー、物静かな古参までキャラ付けも豊富。

家族子供彼女写真を眺めていたり、へ帰った後の予定を話すなど
死亡フラグを立てるが時々いる。

高い戦闘力現実味を持たせるため、元軍人の××といった設定もしくない。

呼称

戦車兵、狙撃兵、特技兵、兵、兵、通信兵、上級兵、操縦兵、バズーカ兵、エリート兵など
語尾に「~兵」とつけるとなんかそれっぽくなるため、一部ゲーム等でそう分類呼称される場合も多い。
子供でも分かりやすいというメリットはある。

もちろん実際の現場・状況下・実戦で用いられているかと言えば全く別の話である。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/02(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/02(土) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP