内藤泰弘単語

ダメナホウノオトナ

5.8千文字の記事
掲示板をみる(53)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

内藤泰弘とは、烟る妄想または砂舞う灼熱の惑星または東京都中野区に住んでいる漫画家である。

友人たちへ、これから知り合う全ての人々のための概要

1967年4月8日まれの男性座右の銘は「えるがキャラバンは進む」。

2013年時点の願い事は作文みたいな歌詞ラップ全部滅べ」らしい。
辞世の句は既に決めてあり、「…ざまあねえなあ…。」とのこと。 

漫画とかフィギュアとかデザインで飯喰ってる運のいい漫画家(本人談)。
かなりのアメリカマニアであり、アメリカン・コミックフィギュアが自身の作品に与えたは非常に大きい。 

アメリカ玩具を集めるというハイソかつエグゼブティブな趣味人の顔をもつ。本人く、洋トイの魅とは「日本シンプルだが、フォルム・アイディアパッケージともにカッコよく、キッチュでかつバカバカしいという三重婚」らしい。

日本寺田也、鳥山明をはじめフランスメビウスアメリカジェフ・ダロウから多大なを受けている。特にジェフアメリカにて本人に対面した際に「君の本(トライガン)をもっている」と言われ大喜びしたという。また、メビウス死去の際には信じられないと動揺した様子がツイートされていた。

このように、海外作家が大きいためか、むしろ日本国内より海外での人気の方が高いくらいであり、単行本に至ってはハシラの手書き文字すら翻訳されるほどの底ぶりだという。

結構辛口なコメントを発することも多く、2005年4月14日ブログで「ケツメイシの某ヒット曲が某女性バンドグループの代表曲とサビが丸かぶりだ」と当時もが思いながらも決して表で口に出さなかったことを軽々とブログで言ってのけたりしているほか、同年6月16日には当時ブームだった(今は璧に忘れ去られた)電車男ドラマ版の主題歌PVの撮地だけでサンボマスターと見抜いたりしている(なお、当時彼はSakusakuサンボにおおいにハマッていた)。

ダメな大人の来歴

  • 2009年8月5日Twitterアカウントを取得。最初のつぶやきは同日AM9:46の「後の雑事が多すぎて途方に暮れてる。部屋の中にその全てが顕れているようだ。というか顕れてる。」であった。

単行本

彼の刊行する単行本は一種のルールが存在しており、カバー下には『隠されたの表』が存在しているほか、かなりカオスなあとがきまんががほぼ毎回掲載されている。

どちらも魍魎な別のNightowワールドを堪できるため、ファンには大好評であり、たまたまページ数の都合でおまけ漫画が掲載されなかった際には「何でおまけいんだ!」と苦情が来るぐらいであり、本篇よりこっちを楽しみにしているというファンも少なくない。なお、この漫画に登場する内藤本人の自画像は、シンプルさ優先故か、かなりいい加減な貌である(本人はもうちっといい男なんぢゃよ)。また、内藤漫画の名物である『黒猫様』が突っ込み役として定着している。

また、トライガン時代から原稿の加筆修正は当たり前で、雑誌掲載時とは絵や構図がかなり変わっていることも少なくない。これら修正作業故に休載やストーリー進行が遅くなる傾向があり、しかもWebでの活動が多いため、遅筆作家と思われることも多い。

パソコン、インターネットと内藤泰弘

この頃の漫画家としてはしく、非常にメカに強い。

まだPC-98が現役で、Macもようやくカラーになったようなころからパソコン通信を始めており、ネットでまだGoogleすらほとんど活動していなかった明期の1997年より自前で公式HPを立ち上げるなど先端技術にはい(2004年ごろまで存在)。このサイトでは、一部のカラーイラストダウンロードでき、このサイトでしか見られなかった絵もいくつかある(アーカイブでは残っているので、探してみよう)。2005年から2009年にかけてはブログ2009年以降はTwitterファン交流に用いており、年代に合わせた形態を採っている。

また、同じ頃からパソコンによる漫画作成、イラスト執筆も行っている。
この頃のPC作画モンキー・パンチ寺沢武一など。しかし、らがNightowは、彼らよりもかにペースカラーイラストにペインターを利用し、漫画原稿もデジタル入稿に切り替えている。そのため、トライガンは初期と中期で若干ペンタッチが異なる。

MAG・ネットったところによると、の原稿と違ってすぐに修正できる点は長所だが、のシワなどを拡大して描き込める分、こだわればとことんこだわれるために時間が足りないところが短所であるらしい。

漫画作品は現在の原稿はほぼ使わず、デジタルによる。まさにパソコン歴史とともに歩んできた生き字引とも言える男である。

関連動画

関連商品

原作関連

設定資料集

関連アニメ

関連ゲーム

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP