判子単語

ハンコ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

判子とは、シンボルを刻印した印である。印章ともいう。

概要

木、金属金属牙などを加工し、その一面にシンボルを彫り込み、その面になどをつけ、などにシンボルを刻印する事を的とした具。

自治体、会社、個人などの権威の「しるし」として使われてきた歴史がある。その歴史は古いが、現在では世界的に見ても日本くらいでしか使われていない。「はんこ文化」の記事も参照。

ここでは判子自体の解説や歴史について記す。

判子の利点

判子の利点はまず何より同じ図柄を量産できることだろう。それでいて、偽造防止も兼ねている。判子にはそれを作った職人の癖による細かい差異が生じており、それを別人が再現するのは難しかったのである。

中国での判子

古代中国から判子はシンボルとして扱われてきた。王や皇帝が引き継ぐものとしても扱われ、「玉璽」は王が持つ者として王位継承のシンボルともされた。「玉璽」は王位皇帝位を引き継いだとされ、『三国志演義』など中国歴史小説などを読めば、これらの判子がどれだけ重要視されていたかが理解できるだろう。

また、中国の歴代王は周辺の国家に対して格付けに応じた印綬を下賜した。その中の一つが日本に伝わっている「国王」に与えられた「印」である。

判子の分類

現代日本では、判子にも分類が存在している。ここでは使用的別に分ける。

  • 認印 - 普段の生活の中で使われる一般的な判子。会社での捺印や宅配便の捺印などに使われる。
    • 三文判 - 判子の中でも安価に大量生産されたもの。安価であるがゆえに信用性は低いので、大事な書類での使用には忌避される傾向がある。
    • シヤチハタ - 名古屋に本社を置く「シヤチハタ株式会社」の商品名。判子と朱が一体化しており、これ一本でどこでも印が押せる。本来は会社の製品名だが、類似の判子全般をすことや三文判と混同されることもある
  • 銀行印 - 銀行で顧客の判子として登録されたもの。個人を識別する物のため、破損しやすいなどの理由で三文判は忌避される傾向にある
  • 実印 - 自治体で個人の判子として登録されたもの。印鑑登録をする事で認められる。銀行印よりもさらに重要視されることが多く、偽造防止のために職人によるオーダーメイド品が好まれる。

判子の材料

概要部の冒頭に書いたが、判子に使われる素材は多岐にわたる。それぞれの素材によって判子の値段は大きく異なる。

  • 脂 - に三文判などで使われる大量生産品用の材料。何より安価であるが、破損しやすい。近年では合成脂が流。
  • 植物由来 - 柘や檀が流。檀は高級品だが、最近は柘も枯渇気味である。
  • 動物由来 - や、牙などを加工して作られる。牙に関しては2020年現在際取引が禁止されているが、禁止される前の在庫など合法的な牙を少量ずつ供給している。
  • 鉱物由来 - 金・銀チタンなどを材料として用いることがある。金・銀の判子は普段使いには向かないだろう。チタンはその強度が注されつつある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

関連リンク

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2020/09/30(水) 23:33:52 ID: 3NV7LZzahf

    判子の記事って今日できたばかりなのか
    今までなかったんだ

  • 2ななしのよっしん

    2020/10/01(木) 15:08:39 ID: RufmwUL4vo

    ニコるハン

  • 3ななしのよっしん

    2020/10/01(木) 21:08:43 ID: FfkiqFwq23

    牙乱獲の原因になっているという噂

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/04(金) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/04(金) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP