利権 単語

175件

リケン

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

利権とは、ある権限・権利と、そこから生する利益のこと。だいたい「権益」と似たような意味。

簡単に説明

「利権」といえば難しく聞こえるかもしれないが
簡単に言えば「協して楽してガッポリ稼ぐ方法」「悪い事をしてもお咎めなし」を組み合わせたもの。
一部の人間だけがかり、民(納税者)や消費者はだけ払わさるため、ほぼメリットい。

時代劇でいえば、越後屋悪代官
現在老害、権者、国会議員や地元政治家と癒着した企業がやっているイメージだいたいあってる

に働いている人や企業からすれば卑怯極まりなく、良い意味で使われることはまずない。

概要

チラシの裏 この項には独自研究が含まれます。
この項の記述は編集者妄想に立脚しています。
あまりに受けないほうが吉かもしれません。

通常、政治的権と結びつくことによって得られる独占的な権限・権利によって得られる利益、またそのような利益をもたらす構造、それにより得てきた/得ていく既得権益をいう、ネガティブニュアンスの表現であり、そのような「利権」が独占されている状態に対する批判の文脈で使われることが多い。各種の「利権」の行き過ぎた独占がリソースの効率的な配分を妨げ、全体としての利益の最適化不可能にすることは少なくない。

一方で、個人と団体とを問わず、私的な体が公務員行政機関に対する各種のの行使を通じて自らの利益を追求するという営為(いわゆるロビイングを含む)自体は、民主主義政体において不可避のプロセスであるという見方も不可能ではない。そうした行為のどこまでが合法的なロビイングであって、どこからが「汚職」「政治」として非難されるべきか、という問題は民主主義政治についてまわるものであって、しばしば明確に答えをだすことができないものである。

民主主義政治がそうした困難さをはらんでいる以上、安易に利関係を異にする他者の利を「利権」と断ずることは一種の思考停止であって、しばしば健全な議論と(利調整のプロセスとしての)政治活動の妨げとなりうるということは意識の片隅にとどめておくべきだろう。

もちろん、ただ闇に利権を追及していれば立って追及されてしまうため
「合法な事をしていますよ」とあらかじめルール法律・条を変えるといった手を打たれる。
(→レントシーキング) …いくら卑怯な手段であっても「合法」ならば堂々と活動でき、不都合な真実を隠蔽する事が可である。もちろん、法律には利権に有利になるよう必ず抜けが用意される。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/22(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/22(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP