今注目のニュース
張本氏「剣道五段は傘一本で5、6人倒せる」発言が物議 「喧嘩のための競技ではない」と批判も
「HUNTER×HUNTER」より、クルタ族の「緋の目」をモチーフにしたアイリングペンダントが再販決定!!
よゐこ濱口の“男前な口説き方”、加藤浩次が絶賛

利権単語

リケン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(33)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

利権とは、ある権限・権利と、そこから生する利益のこと。だいたい「権益」と似たような意味。

概要

チラシの裏 この項には独自研究が含まれます。
この項の記述は編集者妄想に立脚しています。
あまりに受けないほうが吉かもしれません。

通常、政治的権と結びつくことによって得られる独占的な権限・権利によって得られる利益、またそのような利益をもたらす構造をいう、ネガティブニュアンスの表現であり、そのような「利権」が独占されている状態に対する批判の文脈で使われることが多い。各種の「利権」の行き過ぎた独占がリソースの効率的な配分を妨げ、全体としての利益の最適化不可能にすることは少なくない。

一方で、個人と団体とを問わず、私的な体が公務員行政機関に対する各種の影の行使を通じて自らの利益を追求するという営為(いわゆるロビイングを含む)自体は、民主主義政体において不可避のプロセスであるという見方も不可能ではない。そうした行為のどこまでが合法的なロビイングであって、どこからが「汚職」「政治」として非難されるべきか、という問題は民主主義政治についてまわるものであって、しばしば明確に答えをだすことができないものである。

民主主義政治がそうした困難さをはらんでいる以上、安易に利関係を異にする他者の利を「利権」と断ずることは一種の思考停止であって、しばしば健全な議論と(利調整のプロセスとしての)政治活動の妨げとなりうるということは意識の片隅にとどめておくべきだろう。

関連項目

掲示板

  • 31ななしのよっしん

    2018/08/14(火) 18:20:22 ID: ixj8xILK2X

    市場正であるべきだし、それを実現させるための工夫(俗に言う「努」)は怠るべきでもないが、現実社会システム上では利権はなんかしらの形で必ず発生する。
    この前のリニア事業問題は全な利権関係が浮き彫りになった例の一つだが、リニア事業を成功させる為には必要なものだった。
    また、企業(特に大企業)が安定した利益を得るための戦略として利権関係を構築することは、この資本主義社会を生き残るための常識的行為だ。(もとい政府がダメにならない限り利益を安定して得ていくことができる。論、双方ともwin-winの関係が前提としてだが。)

    もし利権を糾弾している人の的が、「正な市場」「リソースの効率的分配による全体としての利益の最適化」の実現とするならば、「利権くせ!」と単に思考停止で叫ぶのではなく、まずはその利権の内容や類似のケースに関する勉強をした上で考察議論すべきだ。
    そして、それらの行為によって様々なメリットデメリットや問題点を洗い出し、その上で批判をすることが、すべき的への足掛かりとなるのではないか?と、今のネット
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 32ななしのよっしん

    2018/11/07(水) 19:17:28 ID: bWA9r/MMLW

    >>30
    そもそも印税がないと食っていけない作家の方が多数だと思うんですが

  • 33ななしのよっしん

    2019/02/04(月) 20:29:27 ID: yH2/d8BoHW

    >>30
    逆だろアホ、有名人(敢えて一括りにする)に忖度して一般庶民をないがしろにしてるからここまで格差が広がって「給料安すぎ!」「休みがない!」なんて言ってるんだろ
    そしてそんな日本社会を作ったのは有名人ではなく一般庶民

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP