今注目のニュース
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?
ついに高齢者の「事故多発」原因が判明!?その理由は...
中居正広「もし明日仕事がなくなったら」に回答

前作主人公単語

ゼンサクシュジンコウ

掲示板をみる(113)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

前作主人公とは、シリーズ物の続編で登場する過去作の主人公のことである。

概要

シリーズ化された作品の続編において、過去作の主人公が登場することがある。
このような演出は過去作からのファンを喜ばせるのに一役買っており、ストーリーを盛り上げてくれる要素となる。
ただし、前作主人公があまりに立ち過ぎたり、逆にあまりに扱いが酷かったりすると、作品の評価に悪影が出ることがある。このため、製作者の量が試される、扱いの難しい属性でもある。

前作主人公のタイプ

主人公の仲間

主人公と行動あるいは志を共にし、共通の敵や困難へと立ち向かうもの。
主人公の勢に加入するタイミングは作品毎に様々。最初から協しているものもあれば、序盤は敵同士で、終盤になってようやく和解して共同戦線をるものもある。
戦闘物のクライマックスでは、主人公ピンチに現れて戦況を立て直し、主人公ラスボスに勝つための状況を作るというパターンが多い。
例として、CoD:MW2~(ソープ・マクタビッシュ),MGS2(ソリッド・スネーク),ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない(空条承太郎)などがある。

サブキャラ

メインストーリーにはあまり関わらず、主人公を傍観する立場にいるもの。
このタイプは第一線から退いていて、積極的に行動することは少ない。
それでも、要所では過去作のような活躍をしたり、強大なを行使して主人公助けてくれる。
例として、機動戦士Zガンダム(アムロ・レイ),ロックマンゼロシリーズ(オリジナルエックス)などがある。

主人公の敵

主人公と敵対して戦うもの。
対戦の理由は様々で、敵ではないが主人公量を試したいから、単に所属する営が違うから、主人公憎しみを持っているから、敵対勢に取り込まれたからなどが挙げられる。
前作主人公のタイプとしてはある意味一番盛り上がるパターン。ただし、対戦の結果次第で旧作と新作どちらかのファンを失望させることもあり得るので、これが前作主人公の扱いが難しいと言われる原因でもある。ここで、前作主人公を勝利させたりすると、後述する「主人公乗っ取り」に変わることがある。
例として、ポケモン金・銀(レッド(ポケモン)),サンダーフォース(ライネックス),悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲(リヒター・ベルモンド)などがある。

シリーズ物のゲーム作品の番外編おまけステージでは、隠しボスとして前作主人公がプレイヤーに牙を向けることがある。ストーリーの本筋には関わってこないので、勝敗結果で賛否が分かれるということはまずない。
これに該当するのは、エースコンバットゼロ(メビウス1),PS2タイムクライシス2(リチャードミラー)など。

主人公乗っ取り

本来の主人公を差し置いて活躍するもの。
形式的に主人公は変わらなくても、ストーリーの結末などから前作主人公の方が扱いが良いと、ファンから世代交代失敗と見なされる。製作者の方針の変更などで、形式的にも主人公が前作主人公に変わる場合もある。
過去作からのファンで、その主人公に思い入れのある人にとっては良いパターンとなる。しかし、主人公が変わるという作品として大きな問題をんでいるので、少なくとも賛否両論は免れない。
例として、ストリートファイターⅢ(リュウ(ストリートファイター)),機動戦士ガンダムSEED DESTINY(キラ・ヤマト)などがある。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP