今注目のニュース
名古屋教育虐待殺人事件「何が教育熱心な父親を子殺しに駆り立てたのか?」
寺の自由すぎるネコ おみくじ箱に入り込む姿に「なで放題おみくじとか最高!」「ちゅーるで引きだせますか?」
“京アニ火災”青葉真司容疑者 20代には「下着泥棒で連行」「家族が家賃補填」も

割礼単語

カツレイ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

割礼とは、

  1. 陰茎の包皮を切除すること、およびそれに類する行為を日本語宗教的なニュアンスを持つ。この記事で詳述。
  2. 日本サイケデリックロックバンド。結成時の名称は「割礼ペニスケース日曜日青年たち」であり男性器と関連していることから、名称は1.に由来すると思われる。
  3. 日本テレビアニメBRIGADOON まりんとメラン」に登場する作中用。作中では「処刑する」という意味のようである。

概要

性器の一部を切除することである。多くは男性に対して、幼少期~思期に行われる。女性に対して類似のことが行われる場合もあるが、これについては「割礼」と呼ぶべきではないという意見が強くなっている(『女性器切除、あるいは「女子割礼」』の項で後述)。

中東東欧アフリカ東南アジアの各では、アブラハムの宗教の教義を理由として行われる。

またアフリカおよびオセアニア、カリブアメリカ大陸の先住民部族の一部では、習あるいは民族宗教に基づいて、通過儀礼として行われる。

さらにアメリカ合衆国に代表されるいくつかの国家では、宗教習とはかかわりなく、衛生的の予防医療として男児に対して広く行われている。

具体的な方法、切除部位

人間男性の陰茎は先端部分の丸みを帯びてやや膨らんだ「頭」と、その根元側の「陰茎体部」に分かれる。出生時には頭は陰茎体部側から伸びた「包皮」で全に覆われており、かつ包皮の内側と頭の表面が癒着しているために頭を露出することができない。

陰茎の成長に伴って徐々に包皮と頭の癒着は外れていき、最終的に包皮を根元側にずらすことで(あるいはずらさなくても)頭を全に露出する事が可となる。例外として、何らかの理由で包皮をずらすことができずに頭を露出することが困難な場合を「包茎」と呼称するが、これについての詳細は「包茎」の記事に譲る。

この頭を包んでいる包皮を、「宗教的・文化的な理由から」切除することが狭義の「割礼」である。これはユダヤ教旧約聖書の描写に由来する方法であり、世界で最も数多くなされているやり方であると思われる。

ただし、他の文化・宗教によっては、例えば尿の下方を切り裂くなど、包皮を切除する以外の手法を取られることもある。

翻訳

日本語「割礼」は後述の宗教的行為を描写することに眼を置いた用である。そのため、成人の包茎を治療するための医療行為「包茎手術」のうち一部の手法は「割礼」とほぼ同じことを行っているにもかかわらず、「割礼」と表現することは少ない。

これに対して英語で「割礼」を意味する「circumcision」は、包茎手術方法の一種をす医療用としても用いられる。

よって「circumcision」を和訳する際は

  • 宗教的・文化的行為として行われている場合 ⇒ 「割礼」
  • 包茎の治療として行われている場合 ⇒ 「環状切除術」あるいは「環状切開術」

翻訳し分けている。

医療行為として行われている場合でも、「児あるいは年少の者に行う」場合は、歴史背景から見て明らか旧約聖書の流れを宗教的行為としての「割礼」の影を受けているため、「割礼」と翻訳される場合がある。

また、文化的に「割礼」に抵抗感が少ない地域においてHIVの蔓延を予防する為に行われる場合も、その的としては明らか医学的なものではあるものの、「割礼」と表現される事が多い。

宗教

ユダヤ教

割礼は少なくとも紀元前数千年前から、中東地域に住む幾つかの部族で何らかの文化的背景から行われていたと考えられている。

そしてその流れをみ、中東のヘブライ人(ユダヤ人)は自らの民族宗教の教義において割礼を「との契約」として取り込んだ。紀元前数年前に成立したと推定されている彼らの典「タナハ」においても、割礼の重要性は明示されている。

このヘブライ人の宗教、すなわち「ユダヤ教」の典「タナハ」は、宗教であるキリスト教においても「旧約聖書」として受け継がれている。キリスト教信者数が多く、また布教に熱心な宗教であるため日本語訳もなされており、現在日本語訳で該当部分を容易に参照することができる。

「創世記」第17章

割礼については旧約聖書(タナハ)の複数個所で言及されているが、最も重要な部分は「創世記」の第17章、第9~14節だろう。

ここでは、Y・H・V・H・)が預言者アブラハム」に与えた契約について記されている。

第9節:
そしては告げた。「あなた方と、あなた方の代々の子孫は私の誓約を守らなければならない。

第10節:
これが今からあなた方が守らなければならない、私との誓約である。あなた方の全ての男性は割礼を受けなければならない。

第11節:
あなた方は包皮のを切り取られるであろう。これが私とあなた方との間の誓約と見なされるであろう。

第12節:
あなた方の内、齢八日を過ぎた者は割礼されるであろう。あなた方の代々の全ての男性であり、で生まれた者も、あるいはあなた方の子孫ではなく異邦人から購入された者も同様である。

第13節:
で生まれた者もで買われた者も割礼されなければならない。私の誓約は、あなた方の体に不朽の誓約として刻まれる。

第14節:
割礼を受けていない者、すなわち包皮のを切り取られていない者。その者のいのちは、彼の民衆からされるであろう。彼は私の誓約を破った者である。」

現在でも多くのユダヤ教徒の男児は、生後8日で割礼を受ける。

「創世記」第34章

創世記」第34章にも割礼が登場する。ここでは、異民族の男たちの誅殺を行うための計略として割礼が利用されている。甘言を弄してそのの男たち全員に割礼を受けさせたシメオンとレビは、数日後にそのを襲撃し、男たちが割礼の痛みに苦しんでいる隙を突いて皆殺しにする。

これについての詳しくは「シメオン」の記事を参照されたい。

キリスト教

キリスト教は言うまでもなくユダヤ教から生した宗教であり、ヘブライ人であるイエス・キリストも割礼を受けていた。このことは新約聖書ルカによる福音書」に明記されている。

だが後述の理由により、現在キリスト教の多数の宗では割礼を必須の物とは見なしていない。現在も盛んに割礼を行っているのは、エジプトのコプト教会エチオピアエチオピア正教会など中東アフリカの一部の宗など、少数の教会のみであるという。

初期キリスト教において

キリスト教はその成立当初はユダヤ教の分という性質が強かったため、割礼を含む多くのユダヤ教から受け継いでいた。

しかしキリスト教はその教義においてユダヤ人以外の異邦人にも広く宣教することを重視していたため、の中でも苦痛と危険を伴う割礼は宣教を行う上での障となった。そのため、宣教の際に割礼を強制しない場合もあった。

だがこういった宣教方針に対して、をないがしろにしていると見なして問題視する者たちも現れはじめた。キリスト教誕生の地の拠点「エルサレム教会」と布教先の拠点「アンティオキア教会」との対立としてられる場合もある。

これを受けてエルサレム会議が開かれた。この会議の模様は新約聖書使徒言行録」などに記されているが、を重視する者と、布教を広めるために寛容をめる者の間でかなり紛糾したようである。だが最終的には「パウロ」に代表される寛容をめる布教者のが採用された。これ以後、キリスト教においては割礼は必須の物とは見なされなくなっていく。

その後のキリスト教歴史において権と結びつき世界中に布教がなされた一連の流れは、ローマカトリックプロスタント、イエズス会などを例に挙げてもわかるように、欧州教会をその中心としていた。すなわち「割礼を強制されなかった布教先」の流れをむ者たちである。その結果、現在世界の多くのキリスト教は割礼を行わない。

「心の割礼」

パウロは上記のように割礼を必須としないことをし、それをキリスト教ほぼ全体の方針とすることに成功した。

彼は新約聖書ローマ人への手紙」において、異郷ローマの地のキリスト教徒に対して以下のような文書で励ましている。

「体に割礼をしているが法を守らない者は割礼していないのと同じである。そして体に割礼をしていなくても法を守る者は割礼を受けたも同然である。ユダヤ人、の割礼が大事なわけではない。心のユダヤ人、心の割礼が重要なのだ」(ローマ人への手紙第2章第25~29節から要約)

この「心の割礼」に対するパウロの記載については全くの彼の私見と言うわけでもなく旧約聖書にもその論拠はあり、たとえば「申命記」にも「心の割礼」に関する記載がある(「申命記」第10章第16節や第30章第6節など)。

パウロ新約聖書ガラテヤ人への手紙」でさらに先鋭化した形でこのを記載しており、まるで「割礼は受けるべきではない」とまで考えていたかのようにもとれる。

「割礼を受けるならキリストに用はくなる。ただしその場合は法を全て守らなくてはならない。法によって義とされようとするならば、それはキリストの救い・恵みから離れている。」(ガラテヤへの手紙第5章第2~4節から要約)

要するにパウロは、「法を守るか否かよりも、何よりもキリストへの信仰が重要である」という事について、最も代表的な法である割礼を例にとって強調したかったものと思われる。

イスラム教

イスラム教独自の教典「クルアーン」ではあまり割礼について記載されていないと言われる。

しかしイスラム教ユダヤ教キリスト教の流れを継承して成立した宗教であり、唯一神アッラー」はすなわちユダヤ教のタナハやキリスト教聖書に記載されるY・H・V・H・」の事をしている。当然、それらの典に登場する割礼についても重要視される。

何より、イスラム教は開祖ムハンマドを大変重視する宗教であり、そのムハンマドに関連した慣行「スンナ」も尊重される。その「スンナ」に照らすと男子の割礼は非常に重要であるとされ、現在でもど全てのイスラム教徒の男子が割礼を受ける。ユダヤ教の場合とは異なり割礼を受ける年齢には幅があり、下は新生児から、上は15歳くらいまでに行われるという。

衛生・医療的な効果

割礼には一定の衛生的な効果が認められている。単純に恥が貯まりにくくなるという点以外にも、下記のような明確な効果があることが知られている。

ちなみに過去には他にも様々な疾患への効果が謳われたこともあったが現在では概ね否定されている。これらについては後程「大英帝国の旧植民地」の項で触れる。

性感染症予防

科学的に確認されているものとしては、性感染症の予防効果が挙げられる。割礼されて包皮が取り除かれた陰茎は膜の表面積が少なくなり、また包皮と頭の間の間がくなるために同部に病原体を含む分泌物などが貯まることもない。そのために性感染症に患しにくくなるものと推定されている。

コンドームの方が予防効果は高いのだが、宗教的・経済的理由などからコンドームの使用が普及しにくい地域もある。そういった地域はHIVの蔓延地域と重なっている場合があり、HIVへの感染後に引き起こされるAIDSは発症すると生命に関わる重要な性感染症であるため、この効果は重要である。世界保健機関(WHO)や国連エイズ合同計画(UNAIDS)は「割礼がHIV感染リスクを低減する」という研究結果に非常に着しており、コンドームが普及しない地域での割礼の奨励を計画している。

ただし多く見積もってもリスクを6-7割程低減するだけであり、どうしてもコンドームが使えない理由がい限り、素直にコンドームを使用した方が効果的である事は言うまでもない。

性器の癌の予防

男性の陰茎リスクを軽減させるという研究結果がある。またセックスパートナー女性子宮リスクも軽減するとされる。おそらく、これらのの原因となるウイルスの定着や感染を予防するためかと思われる。

ただし陰茎自体がかなり稀(十万人に一人程度)であるため、この予防効果の実用的な意味は疑問視される場合もある。

割礼が行われる地域と、その背景

中東、東欧、東南アジアのイスラム諸国

これらの諸男性は割礼を受けている割合が高い。ほぼ100%に近いもある。

その理由はもちろん、上記に挙げたようにイスラム教において割礼が「スンナ」として重要視されているためである。

イスラエル

ユダヤ教徒およびイスラム教徒が多いため。

アフリカおよびオセアニア

これらの地域では部族の通過儀礼として、あるいは民族宗教神話からくる宗教儀礼として割礼が行われる場合がある。有名な例としてはケニアタンザニアに住むマサイ族など。これらの地域では「女子割礼」として女性にも性器切除が行われる場合があり、際的な非難や懸念の対となっている。

ただしアフリカの一部のでの男子割礼は、イスラム教キリスト教(前述したコプト教会エチオピア正教会)の信仰が理由となっている場合もある。

大英帝国の旧植民地

19世紀まで、ヨーロッパキリスト教徒の間では割礼について「時代遅れで奇妙な、異教徒の危険な習慣」と見なされていたようだ。しかし19世紀半ばごろからイギリス医師らが衛生的・医学的な効果を見出したために、大英帝国およびその植民地・旧植民地において割礼が普及しだした。

その「効果」には、「性感染症の予防」という現在でも認められているものもある。だが「てんかん」「不眠症」「喘息」「消化不良」「狂気」などの予防効果があるという、現在医学的知識に照らすと明らかに怪しげなも含まれていた。また、「自慰行為の予防」にもなるとも言われていた。当時は自慰行為は様々な疾患の元になる健康に有なものであると考えられていたのである。女性に対して「ヒステリー」や「色情狂」の治療と称して「割礼」の名の元に陰核頭に対する外科手術が行われていた例もあった。

その後、第二次世界大戦が終了した頃には、それらの効果に対する否定的な見解や、割礼手術の失敗による死亡事故の報告などが世間に広まったことで、イギリスおよびニュージーランドでは急速に割礼は行われなくなっていった。しかしアメリカ合衆国オーストラリアカナダなどでは割礼は社会に定着し続けている。

2010年にアメリカ合衆国で出生した58.3%の男児が割礼を受けたexitという統計データもある。半分以上と言う高い割合ではあるが、年々少しずつ減少しつつあるという。

韓国とフィリピン

この2は、アメリカ合衆国からの影を受けて割礼が普及したと言われている。現在ではこれらのでは「若年男子は割礼を受けているのが普通」と言われる程になっており、その率はアメリカ合衆国よりもさらに高い。

フィリピンは6歳から12歳くらい、韓国では9歳から14歳くらいで割礼を受けるのが一般的なようだ。

批判・悪影響

自己決定権の侵害

上記のように、割礼は多くの場合年少の男性に、新生児期から思期までのあいだに行われることが多い。つまり本人の意思が関与しない、あるいは意思が未熟な期間に、保護者の意思が大きく関わって決定されていることになる。

「本人の意思が関わらないところで、修正不能な身体改造を行われる」とも表現できる。そのため、自己決定権の侵であるとして、成人以外に対する割礼に反対している団体も存在する。

性的能力への影響

また、性的に悪い影を与える場合があると言われている。韓国で割礼について行われた統計調査exitでは、割礼を受けた男性のうち、8割の者が「性的には何の影かった」とコメントしている。しかし残りの2割の内の、3分の2が「悪化した」と回答し、3分の1が「善した」と答えている。

即ち、「性的はほとんど変化がい者が大半だが、少数ながら変化する者もおり、悪化する者の方が善する者よりも多い」と考えられる。

同調では「悪化した」と回答した者に対して理由も調されているが、「勃起時の疼痛」が最も多く挙げられたという。これは同じく多かった「勃起時の陰茎の屈曲」という解答と合わせて、手術の際に包皮を多く切り取りすぎたことによるものであると考えられている。また「快感の減少」も挙げられている。

ただしこれは2000年韓国で行われた手術のみを対とした調の結果である。「その時代の韓国での割礼手術の結果」はよく反映していると思われるが、別の、別の時代での手術ではまた違った結果となると思われる。

快感について他の調報告を見ると、向上を報告した研究も減少を報告した研究も混在している。割礼の手法によって変化している可性もある。

女性器切除、あるいは「女子割礼」

女性に対しても、宗教的・文化的な的から女性器切除が行われる例がある。なお上述したように19世紀のヨーロッパアメリカ合衆国などでは医学的な見地から陰核頭に対する外科手術が行われていたケースもあるが、現在では医学的な効果は否定されており、その的ではまず行われることはない。

女性器切除の多くはアフリカ中東東南アジアのいくつかの国家で行われており、上記の地域の項でも触れたが有名なマサイ族などでも行われている。

女性器のうち「陰核頭を切除して、小陰唇も切除する」というかなり女性に負担を強いる方法がアフリカでは最も広く行われている。他には上記に加えて「大陰唇を縫い合わせて閉じてしまう」という処置まで行うさらにな方法や、「陰核頭の包皮のみを少しだけ切る」という男性の割礼に近い較的穏やかな方法など、バリエーションがある。

国際的な批判

男性の「割礼」と異なり当人の受ける不利益が多大であることから、際的な批判が高まっている。陰核頭はその名の通り男性頭と相同器官であり、ここを切り落とすという事は即ち、男性の陰茎の頭を切り落とすことに等しい。

かつては「女子割礼」と呼ばれていたが、男性の「割礼」のように社会に広く受け入れられたものと類似の名称で呼ぶことは問題点を覆い隠してしまうという摘があったため、現在では「女性器切除(Female Genital Mutilation、略してFGM)」と呼称されることが多い。

宗教

アフリカの一部の部族、例えばマリのドゴン族などでは、男女両性の割礼が神話に組み込まれている。これら少数の部族では確かに、宗教的な背景のもとに行われていると言えるかもしれない。

しかしキリスト教の一であるエチオピア正教の信者が多数を占めるはずのエチオピアでも、8割の女性FGMを受けていたという統計データがある。この場合は宗教とは直接関係のい単なる習俗として行われている例が大半であろう。

イスラム教とFGM

イスラム教FGMが強く関係しているというイメージを持っている者も多い。イスラム教女性の権利が制限されていることからの類推も含まれていると思われる。

実際にイスラム教FGMに関連しているかについては、これは一面においては誤っており、一面においては正しい。

まず、コーランハディース教祖ムハンマドの言行録)の中に、FGMを強く義務付けるような内容は皆無である。ただしハディース内にFGMを「名誉とみなしつつも、女性に負担になりすぎないように示する」ような内容も含まれて居ると言われており、そのために半義務的な推奨と見なされている場合もある。

ただし同時にこのハディースによって、イスラム教徒が土地の習俗と関係く純イスラム教のスンナの範囲で行う場合、「切り落とす」「縫い閉じる」といったな形をとることは少ないとも言われる。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 13ななしのよっしん

    2018/06/30(土) 11:19:27 ID: gSG/NhJAc8

    はっきり言って割礼させる親は馬鹿

  • 14ななしのよっしん

    2018/09/19(水) 02:33:02 ID: uNZqpLVMNj

    割礼文化自体が宗教の一環だからな
    アメリカでは医療的でもあるが割礼という言葉はまぎれもなく宗教

  • 15ななしのよっしん

    2019/04/14(日) 13:39:26 ID: SeqzI9cpS3

    仮性の民からすると割礼してずる向けになりたかったぐらいですよええ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP