劉岱単語

リュウタイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

劉岱とは、後漢末期の武将、政治家である。字は山。三国志において同姓同名同字の人物がいるため、ここではその2人とも取り扱う。
なお、字については岱が泰山を意味するために山を、長男であったためにをつけたことでたまたま一致したと考えられている。

他に三時代末期~西の武将で沈のがいるが、ここでは割愛する。

青州東莱郡出身の劉岱

生年不明、没年192年。揚州刺史、後に揚州牧を務めたが孫策に打ち破られたことで知られる劉繇である。

元は中だったが、董卓が権握した後は州刺史となった。袁紹を盟とする反董卓連合の結成の呼びかけに呼応するも、宴ばかりで積極的に戦うことはなかったようである。また、同じく反董卓連合に参加した瑁と対立し、殺している。

袁紹公孫瓚の双方と親しかったため、袁紹家族公孫瓚騎兵が劉岱のもとにいた。この2人が対立した際、公孫瓚から袁紹家族を差し出すよう要されたが、程昱からの助言により拒否したということが程昱伝に記されている。

州の巾残党が州に侵攻してきたときに防衛のため出したが、かなわず討ち死に。州刺史はその後曹操に継承されることになった。

徐州沛国の劉岱

生物年不明。記述が少ないため詳細はほとんど不明。
曹操配下であり、小沛で独立した劉備を攻撃したものの敗北したこと、司空長史となり、後に列侯に封ぜられたことのみがわかっている。

三國志演義における劉岱

州刺史として反董卓連合に参加。瑁とは兵糧の問題で対立し殺した。州の巾残党が州に侵攻してきたときに敗北するも、殺されることはなく曹操臣となる。小沛で独立した劉備を攻撃したものの敗北張飛に捕縛され、後に釈放。曹操の怒りを買い、降格処分を受けた。

これを見ればわかる通り、2人の劉岱が合体した人物となってしまっている。出身が違うし、東出身の劉岱は没年もはっきりしているにもかかわらずである。これに関しては、同姓同名同字であり、どちらも州周辺が活躍の場であったことから混同されたものと考えられている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/04/17(水) 13:59:41 ID: lYzafWFlye

    徐州出身の方は大出世したんだな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/21(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/21(月) 09:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP