今注目のニュース
逮捕のマホト、人気ユーチューバーから人間性を酷評されていた 「ほんまに気持ち悪い」
アイドル・奥津マリリ 芸人・クロちゃんに勝利で「220枚でお願いします」とCD大量購入を要求
【ラジオ】『ポートピア連続殺人事件』から始まる“ファミコン・アドベンチャーゲーム”愛から新作を作った人たち。『偽りの黒真珠』制作チーム登場の「電ファミラジオ(β)」6月28日に配信へ

加藤茶単語

カトウチャ

掲示板をみる(52)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

加藤茶とは日本コメディアンドラマーである。

概要

19433月1日生まれ、本名加藤英文(かとう ひでゆき)

ザ・ドリフターズ」の一員。「8時だョ!全員集合」「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」など数々のお笑い番組でオリジナルギャグを多数発表している。
1970年代後半に志村けん導権を握るまではドリフ最大の人気者であった。志村が中心的な役割を担うようになって以降も、ドリフのツートップとして活躍した。
近年はコメディアンとしての看番組は持ってはいないが多くの番組でゲストで登場し、お笑い番組以外でもドラマ役者コメンテーターとしての仕事も精的にこなしている。

酔っ払いの演技はもはや芸術の域にまで達しているほどの描写デフォルメを発揮し、加藤茶以降のお笑い芸人の演じる酔っ払いは彼の模倣とまで言っても過言ではないほどの完成度の高さを誇っている。

もともとドリフターズコミックバンドであり、加藤もそこでドラマーとして活動していた。「8時だョ」「カトケン」などをやっていた時代はあまりその腕前を披露する機会はかったが、1990年代後半からは仲本工事高木ブーと共に「こぶバンド」を結成、ミュージシャンとしての活動も行っている。

スピード狂の気があり、1970年交通事故で重傷を負ったり、1987年首都高速を制限スピード80kmオーバーの時速143kmで走るなどのスピード違反で処分された経験がある。

2011年45歳年下の女性と再婚、世間を驚かせた。

2度のドリフ脱退未遂

実はドリフターズを2度ほど脱退しようとしたが失敗している。

もし仮にこの2回の危機加藤も脱退していたなら、ドリフはそのまま空中分解して解散していた可性が高い。

主なギャグ

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP