今注目のニュース
9月26日「大腸を考える日」を制定/森永乳業
アリエル・アトム4 試乗 目的地はシンクロトロン 英国最高の頭脳が集まる場所 中編
策士ここにあり! 寝たフリをしながら虎視眈々とご飯を狙う猫ちゃんが賢い

助け人走る単語

タスケニンハシル

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

助け人走るとは、朝日放送(現・ABC制作1973年10月20日1974年6月22日までTBS系列で放送された、時代劇必殺シリーズの第3作である。全36話。

概要

オープニングナレーション

どこかでかが泣いている
助けてくれようか
この世は人情紙風船
を澄ませた誰?
鳴きして走る影
この世は闇の助け人

ナレーター山崎

表と裏の助け人

と二人暮らしの浪人中山文十郎、元武士で妻と離縁した内の二名は、普段は口入屋助け人」の棟梁・清兵衛の紹介でどぶさらいやの世話など、大の男がやる仕事としてはうだつの上がらない人助け仕事ばかりやっていた。

だがそれは表向きのことであり、裏では清兵衛を元締とし、依頼人がとても表沙汰にできないような事を引き受け、その「人助け」の障である邪魔(悪党)を始末する「闇の助け人」稼業をやっていたのであった。

ソフトからハードへ

前作『必殺仕置人』放映中に起きた「必殺仕置人殺人事件」で必殺シリーズは世間やマスコミから批判を受け、シリーズ終了の危機に陥っていた。容疑者の発言でシリーズ終了だけは免れたものの、前作の放送延長は白紙となった。

そんな折に、佐賀潜の小説『清兵衛流極意』を題材に制作、放送されたのが本作である。
前作までの様な「許せぬ悪」に暗殺や制裁を加えるのが眼のハード路線ではなく、「人助け」を重要視した人情・ソフト路線であり、人殺しも行うものの「人助けの過程で、その障となる・あるいは依頼人を苦しめる元である悪党を始末する」あくまで手段としての「殺し」というのが当初のコンセプトであった。そのため、番組前半は作も登場人物も皆、明朗でコミカルな描写が多かった。

しかし第25話以降は作が一転し、棟梁不在かつ奉行所のる中で密かに依頼を受け、被害者の恨みをらすという前作に近い作となり、明るかった各人も笑うことが少なくなり暗くなっていった。

そして迎えた最終回は……。

登場人物

助け人+関係者

中山文十郎演:田村
しのと二人だけで長屋に住んでいる好きの浪人で、自分のレベルを相手に合わせる技量を持ち合わせる剣術の達人。気さくで明るい男でもある。しのの幸せを一番に願っており、利吉と仲であると知っていても、反対ばかりしている。しかし本人はヤキモチ焼きの芸者お吉と相思相愛の仲である。
「裏」では第24話までは兜割りや心の太刀を使って悪人を排除していたが、第25話以降は兜割りのみ(一部棍棒)を使用することになる。
第12話では、助け人の「裏」を探る中村主水を消すべく対決するが、引き分けて足に怪もした(結果的には仕事は失敗)。しかしその負傷さえ余裕でっていたことから、とほぼ互の腕だと思われる。
当初は「裏」の仕事はしのには黙っていたが、第24話でついに告白した。しかしそれ以降は、明るかった性格も暗く用心深いものに変貌していった。
最終回助け人が解散した後は、お吉を伴ってに出た。
演:中谷一郎
かつては武士だったが、宮仕えが嫌になってを捨て、頭を丸めた男。そのため離縁され、毎八の日には妻・に生活費を支払っている。
常にキセルたばこを吸っており、「裏」の仕事もそのキセルの吸い口のカバーを外して、標的の首筋やに突き刺して始末している。しかしあまりにも立った殺し方であるためか、第12話「同心大疑惑」ではその手口が原因で北町奉行所同心の中村主水を付けられてしまうという失態も犯している。この事件は棟梁の清兵衛を懐柔して事なきを得たが、それ以後もには頭が上がらない様子であった。
なお、第25話以降は助け人の裏稼業が露見したという理由で、とは一方的に縁を切らされてしまった。
最終回助け人が解散した後は、どこかへ立っていった。
帰りの演:宮内洋
20話より登場する、一匹を気取る裏専門の助け人
同話では、不在の清兵衛の代わりに応対した文十郎と内に名前だけ告げて去っていったが、終盤、悪人に顔を知られた二人を助け(てや)るという名で再び出会い、悪人の始末を手伝った。しかし続く第21話では、実は別の人物の依頼を受けて清兵衛を殺しにやってきた事が判明し、帰ってきていた清兵衛と対峙。しかし清兵衛を殺せたとしても、清兵衛のノミで自分も相討ちにされると悟り、さらに清兵衛の人柄・実を知って仲間入りする。
「裏」専門であるため、普段は何をやっているのかは(賭場に出入りしている程度の描写はある)。「裏」の仕事では、ブレーンバスタージャイアントスイングといったプロレス技で相手の首をへし折る技を使っている。
最初は人付き合いの悪かったも、徐々に仲間と打ち解けるようになっていったが、最終回ではそんな仲間を守るために犠牲となり、捕り方に何度かられた後、捕り方の一人を抱えたままに沈んで消息不明となった。
の利吉演:章(現・野太作)
助け人の番頭をしている、どこか頼りなさそうな性格の軽い男。文十郎のしのと仲ではあるが、文十郎になかなか認めてもらえず苦労している。
第24話で清兵衛江戸を離れてからは、棟梁代理となって依頼人からの仲介を引き受けるようになったが、第35話のようにニセの依頼に騙されて助け人危機に陥るということもあった。
最終回助け人が解散した後は、立つ文十郎にようやくしのとの仲を認めてもらい、そして二人で立った。
為吉演:住吉正博
利吉の分にあたる助け人の密偵で、利吉不在時には番頭代理をしているが、利吉以上に経費に口うるさい
実は妻子ある男だが、自分が裏稼業をやっていることを知られたくないため、子供には父親であることを名乗らず、「為のおじちゃん」と呼ばれている。
第24話で自分が使った元文小判が元でかねてから助け人を付けていた役人に捕まり、拷問を受け続けたが、最後まで助け人の「裏」の事は喋らずに死んでいった。
必殺シリーズにおける殉職者第1号である。
お吉演:野由美
登場したのは第1話からだが、第5話で文十郎達の「裏」を知ってしまい(お吉が文十郎のに隠れているのを内は気づかずに裏の仕事をペラペラ喋ってしまい事情を知った)、口封じに殺されるはずだったが、その時の気っぷの良さが買われて以後は助け人仲間となった芸者。
文十郎とは仲だが、ヤキモチ焼きであり事あるごとに文十郎を閉口させている。
第12話では、の殺に失敗して怪をした文十郎にを返せと迫る内、為吉を相手に怒り、更には「ああ、可哀想な文さん」とイチイチャして逆に二人を閉口させたこともあった。
最終回助け人が解散した後は、一人旅立とうとする文十郎の後をついて行き、連れとなった。
兵衛演:山村
口入屋助け人」の棟梁で、かつては「幻の清兵衛」と呼ばれた盗賊。
現在では現役を引退しており、「裏」の仕事は文十郎と内(と)に任せているが、いざという時には自身もノミをふるって標的を始末することもある。
第24話で為吉が死んだのは、自分が渡した文小判が原因であると贖罪にかられ、為吉の菩提を弔うために江戸を離れるが、第33話で久しぶりに江戸に戻った。
そして最終回で大の中﨟を脱出させることには成功したが、それと引き替えにを失い、助け人を解散した。

中山しの演:佐野厚子(現・佐野アツ子)
文十郎ので、店で働いている気立ての良い女性
利吉とは仲ではあるが、なかなかに認めてもらえず苦労している。
の「裏」の事は全く知らなかったが、第24話「悲痛大解散」で文十郎からこれまで助け人の「裏」でやってきたことを知らされてからものことを信じ続けている(助け人になったわけではない)。
最終回でようやく利吉とのことを認めてもらい、利吉と二人で立った。
演:小山明子
内の別れた女房で、毎八の日には内から息子・新の養育費を兼ねた生活費を受け取っていたが、第25話では第24話で奉行所に詮議を受けたことが理由でその事をの恥とし、全に内と縁を切ってしまった。

ゲスト

中村主水演:藤田まこと
第12話に登場した北町奉行所の同心で元仕置人(らしい)。
キセルを使った殺しで内にを付け、助け人の「裏」をかぎまわっていた。最初は清兵衛も賄賂を渡してやりすごしていたが、再び身辺をかぎまわっていたことで遂に殺を出されて文十郎と対峙することになった。しかし、文十郎とは引き分け、その後、再び「裏」の仕事にひと口乗せろと言ったものの、清兵衛に上手く言いくるめられ、「裏」稼業としてではなく「表」稼業の八丁同心として、前作『必殺仕置人』の仕置のテーマバックに盗賊一味と大立ち回りを演じて全員を捕縛し手柄を立てた。
為吉の調べで一心流の達人・恐妻家・甘い物好きということまでは判明しているが、がかつて「仕置人」をやっていたということまではさすがに調べ上げられなかった。

エンディングナレーション

助け人の存在を明する記録は何も現存していない
ただ、江戸の庶民たちは「義賊」という名で
あるいは「世直し」という名で密かにり続けた
伝えられる闇の助け人の総数、26人

ナレーター山崎

主題歌

望郷の旅
作詞安井かずみ 作曲平尾昌晃 編曲竜崎孝路 歌唱:森本太郎スーパースター
※第1話と第2話以降では映像が違っており、第1話では背景がだんだん下に落ちていくシーンだが、第2話以降は一番下まで落ちたシーンが止まるようになった。
※この曲は、のちにTVアニメそらのおとしものf』第10話でエンディング曲として使用された。

サブタイトル

話数 サブタイトル 放送日 話数 サブタイトル 放送日
1 女郎大脱走 1973年10月20日 19 世情大不安 1974年2月23日
2 討大殺 1973年10月27日 20 大迷惑 1974年3月2日
3 表裏大泥棒 1973年11月3日 21 中大悲憤 1974年3月9日
4 抜大海原 1973年11月10日 22 子大相 1974年3月16日
5 御生命大切 1973年11月17日 23 裏切大慕情 1974年3月23日
6 上意大悲 1973年11月24日 24 悲痛大解散 1974年3月30日
7 営業大妨 1973年12月1日 25 逃亡大商売 1974年4月6日
8 女心大着 1973年12月8日 26 凶運大見料 1974年4月13日
9 悲願大勝負 1973年12月15日 27 江戸大暗 1974年4月20日
10 水中作戦 1973年12月22日 28 替大決算 1974年4月27日
11 落選大多数 1973年12月29日 29 地獄大搾取 1974年5月4日
12 同心大疑惑 1974年1月5日 30 大仕掛 1974年5月11日
13 生活大破滅 1974年1月12日 31 狂乱大決着 1974年5月18日
14 被害妄想 1974年1月19日 32 偽善大往生 1974年5月25日
15 悪党大修業 1974年1月26日 33 大心外 1974年6月1日
16 掏摸大一家 1974年2月2日 34 必死大逃走 1974年6月8日
17 探索大成功 1974年2月9日 35 危機大依頼 1974年6月15日
18 放蕩大始末 1974年2月16日 36 解散大始末 1974年6月22日

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

助け人走るに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2011/12/15(木) 18:55:10 ID: mlelzq0/CP

    中村主水は12話だけのゲストなのにレギュラーと同等の扱いかよwwww

  • 5同心大疑惑

    2012/09/08(土) 18:09:53 ID: AcXuAih3QV

    出演の回は必殺ファンからも評価高いからな
    バク転するとか絶対見られねえから
    あとの”捕り物” 殺しじゃなく捕り物やってるとこもしい

  • 6ななしのよっしん

    2017/09/04(月) 20:13:49 ID: tBnEqO/rBU

    で言えば助け人シリーズで一番かも

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP