動いた。単語

ウゴイタ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

動いた。 とはサラリーマンが土日に頑って電子工作に挑戦、なんとか動いたモノをWebイベント紹介していく集団。ちなみに動かなかったモノの方が多い。 -動画より引用

概要。

電子工作作品を制作する集団。ファミコンラジコンにしたり、折り紙を動かしたり、モノの色を吸い上げてその色でランプが当たると音が鳴るなど、ユニークなモノばかり。動いた。exitホームページでは制作した作品の一覧が見れる。

技術の低い人限定ロボコン、通称ヘボコンにも出場した。が・・・ロボットバイ大人のおもちゃティッシュに刺したモノで、トーナメントを勝ち進むと会場どころか取材に来ていたテレビ局をも困惑させる会場にスリル奮をもたらしたロボットだった。

ヘボコン。

前述のとおり、第一回の大会にて圧倒的存在感を示したチーム「動いた。」。

ヤマタノオロチンと呼称されたその大人の魅全開のロボットは観客、催者、スポンサーテレビ局。全てを魅了し、アウトセーフ界線を横断しきった。しかしながら催者側より出場禁止の命を下される。

しかし、第二回、大阪大会のトーナメント表にはチーム「動いた。」の名が然といていた。皆の期待を寄せて登場したロボットは、「入り息子」と名づけられた、動くシルバニアファミリーだった。圧倒的存在感、重量感を持ち合わせたロボットは、くしくも場外にて敗北してしまう。一回戦負け。その結果に皆が落胆した時、の中身が開された。その時、皆は歓喜した。の中には以前私たちを熱狂させた、彼らが産み出した異端児の姿があったのだ。ティッシュをはやし、駄をそぎ落としたボディ、強くうねり狂う6本の足もが待ち望み、夢見た、放送倫理コードへの挑戦的フォルムが内蔵されていた。

勝ったら面白いが、何かいろんなものが危ない。しかし、そんな危うさに私たちは惹かれるのだろう。再び出禁の告知を受けたチーム「動いた。」だが、彼らの瞳にはメカニックとしての夢がいていた。胸の高鳴りを、理性暴走を、何よりアウトラインのギリギリを責める挑戦を。

第三回もしれっとエントリーし、私たちの胸を熱くさせてくれるだろう。彼らの活躍に期待したい。

作品。

関連項目。

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/21(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/21(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP