化学単語

カガク

1.8千文字の記事
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

化学(かがく、Chemistry)とは物質の構成・性質・変換について分子・原子レベルで扱う自然科学の一分野。

概要

オワンクラゲ読みが同じ科学Science)と区別するために、「化(ば)け学」と読むことがある。「ばけがく」と読んだ場合一部の食肉目哺乳類が用いる高度な擬態技術exitをさすことがあるが、ヒトの間では一般的ではないため広くは用いられない。

なお英語表記のChemistryニコペでは現在音楽ユニットの記事名にあてられている。

高校生の化学はとして理論化学・有機化学機化学などの分野に分けられるが、大学の化学ではその界は必ずしも明確なものではなく、例えば物理化学・生化学といった複数の科学分野にわたる学問も含まれる。(折高校で分けたのに)

このように、化学は物理生物と密接な関係にあり、天文学医学とも化学の手法が寄与している。また、一見縁のなさそうな考古学をはじめ歴史的な考研究においても重要な役割を果たしている。よって化学はあらゆる分野と深い関係があるので、Central Scienceと呼称されることがある。生物だろうが化石だろうが体だろうが、原子・分子からできている以上化学の範囲なのである。

化学工業は人間社会と密接な関わりがあるが、反面で公害という負の歴史ももつし、その問題はこれからもつきまとう。近年は環境意識の高まりから、化学工業だけでなく研究レベルでも環境に配慮した化合物の合成が研究されている。

グリーンケミストリーアトムエコノミーといった概念が提唱され、化学は新しい局面を迎えつつあり、持続可能社会の実現に向けた研究が期待される。

主な分野

など

ノーベル賞受賞者

日本人ノーベル化学賞受賞者はこれまでに7人いる。日本国籍をもつノーベル化学賞受賞者を示す。

導電性高分子の発見と発展

受賞年 名前 受賞理由など
1981年 福井謙一 初の日本人ノーベル化学賞受賞者。
化学反応過程の理論研究
2000年 白川英樹 導電性高分子の発見と発展
2001年 野依良治 キラル触媒による不斉反応の研究
2002年 田中耕一 博士号を持たない会社員ノーベル賞受賞者として話題になる。
生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発
2008年 下村 緑色蛍光タンパク質GFP)の発見と生命科学への貢献
2010年 鈴木
根岸英一
ダブル受賞が話題になる。
クロスカップリングの開発
2019年 吉野 リチウムイオン電池の発展

関連動画

関連商品

オタク・一般向け

受験生向け

その他

関連項目

関連サイト

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 40削除しました

    削除しました ID: PmD8mduWle

    削除しました

  • 41ななしのよっしん

    2021/03/21(日) 23:08:12 ID: aidUOzdG6p

    化学不人気の理由はペーパーテストだけで試験するのがナンセンスだからだと思う

  • 42ななしのよっしん

    2021/10/21(木) 14:04:22 ID: a+lgB7ONvW

    味でケミカル感ってあるじゃないですか海外お菓子とか特に
    あれってどういった調味料使えば最高のケミカジュース作れますかね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/01(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/01(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP