今注目のニュース
これが日本の国民食? カレーが好きな人は世代を超えて多いことが判明
人気声優・沢城みゆきの代表的キャラははたして……。沢城みゆきお誕生日おめでとう記念 キャラ人気投票・結果発表!
頭にナイフが突き刺さったワニ

化学単語

カガク

掲示板をみる(34)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

化学(かがく、Chemistry)とは物質の構成・性質・変換について分子・原子レベルで扱う自然科学の一分野。

概要

オワンクラゲ読みが同じ科学Science)と区別するために、「化(ば)け学」と読むことがある。「ばけがく」と読んだ場合一部の食肉目哺乳類が用いる高度な擬態技術exitをさすことがあるが、ヒトの間では一般的ではないため広くは用いられない。

なお英語表記のChemistryニコペでは現在音楽ユニットの記事名にあてられている。

高校生の化学はとして理論化学・有機化学機化学などの分野に分けられるが、大学の化学ではその界は必ずしも明確なものではなく、例えば物理化学・生化学といった複数の科学分野にわたる学問も含まれる。(折高校で分けたのに)

このように、化学は物理生物と密接な関係にあり、天文学医学とも化学の手法が寄与している。また、一見縁のなさそうな考古学をはじめ歴史的な考研究においても重要な役割を果たしている。よって化学はあらゆる分野と深い関係があるので、Central Scienceと呼称されることがある。

化学工業は人間社会と密接な関わりがあるが、反面で公害という負の歴史ももつし、その問題はこれからもつきまとう。近年は環境意識の高まりから、化学工業だけでなく研究室レベルでも環境に配慮した化合物の合成が研究されている。

グリーンケミストリーアトムエコノミーといった概念が提唱され、化学は新しい局面を迎えつつあり、持続可社会の実現に向けた研究が期待される。

主な分野

  • 有機化学 - 炭素な構成元素とする有機化合物について合成や物性の研究を行う分野。有機とあるが、別に生物由来のものに限った学問ではない。
  • 機化学 - 周期表全般の元素とそのカオス化合物について合成や物性の研究を行う分野。
  • 物理化学 - 物質の性質を物理的手法を用いて研究する分野。数学のニガテな学生がここで先制パンチを食らう。
  • 高分子化学 - 分子量の大きな(Mw>10000)高分子化合物について研究を行う分野。でもほとんどは有機化合物
  • 分析化学 - 物質の検出方法やその分離方法などについて研究を行う分野。
  • 生化学 - 化学的手法を用いて生命・生体についての研究を行う分野。イカガクと読むけど、別にエッチな研究をするわけではない。
  • 工業化学 - 物質の製造方法の研究を行う分野。今の物質文明は全てはここから始まった。(は言い過ぎか)公害と密接な関わりがある。
  • 放射化学 - 放射性物質とその性質について研究を行う分野。福島原発事故のおかげで一般市民も正しい知識を身につけたとかそうでないとか。
  • 量子化学 - 量子力学を化学に適用して、原子や電子の振る舞いから物質の研究を行う分野。化学は数学使わねーしと大学に入り、量子化学にフルボッコにされる学生が後を絶たないとか。

など

ノーベル賞受賞者

日本人ノーベル化学賞受賞者はこれまでに7人いる。日本国籍をもつノーベル化学賞受賞者を示す。

導電性高分子の発見と発展

受賞年 名前 受賞理由など
1981年 福井謙一 初の日本人ノーベル化学賞受賞者。
化学反応過程の理論的研究
2000年 白川英樹 導電性高分子の発見と発展
2001年 野依良治 キラル触媒による不斉反応の研究
2002年 田中耕一 博士号を持たない会社員のノーベル賞受賞者として話題になる。
生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発
2008年 下村 緑色蛍光タンパク質GFP)の発見と生命科学への貢献
2010年 鈴木
根岸英一
ダブル受賞が話題になる。
クロスカップリングの開発

関連動画

関連商品

オタク・一般向け

受験生向け

その他

関連項目

関連サイト

掲示板

  • 32ななしのよっしん

    2018/08/01(水) 15:46:43 ID: sAml7dqx2v

    カチオンこわれる(開裂反応)
    オンさんゆるして

  • 33ななしのよっしん

    2018/12/21(金) 23:18:25 ID: n2rGA4gd41

    中学時代の理科の先生は面先生だったから理科が好きだった
    高校化学教師はいかにも理系って感じの人で淡々と書して面みのない話だけされてモルとか意味不明状態で全く化学を好きになれなかった

  • 34ななしのよっしん

    2019/01/05(土) 06:57:05 ID: nzcRTKGSVf

    そんなに本数を見ているわけでない、たまたま好きな旅行動画作者が3人も、化学(学よりも含む)の動画をあげていたのに驚いた。
    偶然なのか、化学関係者・化学動画数が多いのか、休みがとりやすい(旅行しやすい)環境が多いのか、すごく気になる。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/16(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/16(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP