北原春希単語

キタハラハルキ

1.8千文字の記事
掲示板をみる(50)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

北原春希とは、Leafより発売のPCゲームWHITE ALBUM2』のだらけの汚くて卑怯主人公である。

概要

大付属3年E組。誕生日4月生まれ。顔は並みより上という程度で描写されている。尚、その模範的な生活や態度と並以上の容姿は女性に好印で映るらしく、ヒロイン達以外の女性にもしっかりもてている。(そのもてっぷりが劇中で問題を引き起こすこともある程)
生まれは岡山の名であったが、希が幼少の頃に離婚し、希は方に引き取られた。その後、一のとなった母親とは疎遠になっていったようだ。

性格は実直であり生仕事などは一切手を抜かず、アルバイトの時でさえ熱心に取り組み、「革」と呼ばれるほどの教育まで他のアルバイトに行っていた。

また困っている人を見かけると放っておけないタチである。困っている人物に対し何だかんだと説教をした後、彼は抜群の行動と決断で悩みを解決していく。

だが何より特筆すべきは常識的である希が、その裏に強すぎる意思を隠しているということだ。自分で考え選択したことに関しては、何があろうが一切譲らない。彼の事について劇中では「使うべきブレーキを取り払える」「危うい」勇気ありすぎる」と評されている。確かにその通りであり、それはヒロインの一人、冬馬かずさ希が選択した時に遺憾なく発揮される。あるいは、これは劇中でさんざんられる「実さ」の意味について彼なりの結論なのかも知れない。

introductory chapter】                                                          

クラス委員長で、学業優秀と典的な優等生。重ねて頼み事は何一つ断らず、もしくは頼まれていないこともやってしまう程のお人好し。その世話好きな性格で、周囲を疎むかずさにさえ積極的に絡んでいき、うざがられる。ただ、かずさに対しての切だけはやや事情が違ったようである。

そんな彼も、高校卒業間際になって思い出作りに、羽を外してみたいという、ほんのささやかな願望を持った。そこで、友人の武也が部長の「軽音楽同好会」に助っ人として加入することを決める。その後、内輪もめでメンバーを失い、学園祭を前に解散寸前となっていた、軽音楽同好会に「小木曽雪菜」と「冬馬かずさ」を引き入れる。そしてもが憧れるような青春の時間を過ごしつつ、で複雑な三角関係を生み出してしまう。

closing chapter】                                                              

その後、希は雪菜、武也という友人達と共に峰大学に進学する。だが、雪菜への裏切りを負いに感じた希は雪菜の在籍する「政経学部」から「文学部」へと転部し、以後疎遠になる。だがその程度のことで希は雪菜のことを忘れられなかった。希はお節介な友人達の助けを受けつつ、失われた雪菜との関係を取り戻そうとして、藻掻き足掻いていく。

coda

かずさが希の下を去って五年が経った希は遂に雪菜との関係を修復し、今またを育んでいた。そして希は就職した出版社の仕事で、日本より遠く彼方、フランスはストラスブールへと飛ぶ。それに付き、雪菜もストラスブールへ向かう。
希は決めていた。この美しい並みの中、遂に雪菜に婚約を申し込むことを。ポケットには、学生の時分では手が届かなかった、決して安物ではない、そう言う意味を込めた指輪。吐く息をく染め、雪菜の到着を今かと待つ希。そしてふと感じる待ち人の気配。だが、振り返ってそこに居たのは、五年前、自分の前から去って行ったはずの、冬馬かずさだった。

常に実を自負し、そうあろうとしているものの、その時々で理性が感情に裏切られている場面が散見される。実際登場人物の一人も「悩んで正解にたどり着いて、そして自信満々に正解の逆を選んでいる」と希の行動を的確に摘している。そういう折々の行動物語に悲劇性とドラマを生み出しているのだが、しかし視聴者からしてみれば、ただただ感情に流されているだけ、という印を受ける。その癖、自分で考えて選んだ答えに対しては一切揺るがない。その為、一部の視聴者からクズの謗りを受けているが、それもやむないことと言える。

ただ、問題に直面する度に深く苦悩し、自分の感情と実さを秤にかけながら、何とか抗おうとする姿勢には主人公らしさが見受けられ、好感が持てるだろう。

総じてやはり「WHITE ALBUM2」は二人のヒロインと共に、主人公「北原春希」の物語であると言える。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 48ななしのよっしん

    2019/07/04(木) 12:46:08 ID: KFb3EZDG4N

    実際希と同じ状況に立たされたとして、希みたいなことをせずにいられるかって考えるとちょっと怪しいかもとは思ってしまう。
    三人称から見れば希が間違ったことをしているのは明だしムカつく部分も当然あるけど、それは三人称視点だからこそそう思うのであって。
    希が感情を制御できていればってあるけど、むしろ希がくに感情に従っていればって思う。希ほどでなくとも、な人は自分の感情に従うことに対してネガティブイメージを持ちすぎる。

  • 49ななしのよっしん

    2020/04/14(火) 16:57:59 ID: MlSOYBHu+/

    希くんは悪くない!
    雪菜さんがそういうのは実際に自分の横慕が根本的な原因って理解してるヒロインだから。

    文化祭雪菜を巻き込まなくても、多分違った形で自然にかずさと希くんは結ばれていたんじゃないかなって思う。
    際的なピアニストにはならなかっただろうし、とも和解できなかっただろうけれど。
    避けてもいいんだよの所で流された希くんも悪いが、結局の所致命的なヒビを入れたのは雪菜さんだからね。

    最終的に何もかも捨ててかずさを選ぶルート希くん結構好き。

  • 50ななしのよっしん

    2021/03/03(水) 22:24:40 ID: jvajIOo9Bz

    個人的には逆で、雪菜を巻き込まないと2人は絶対に結ばれないと思った。
    特に希は雪菜と過ごした時間があるからこそ、皮にもかずさへの思いが強まったと思うし。

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/24(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/24(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP