今注目のニュース
スマホ決済、ほしいのは「ポイント還元」「残高確認機能」...調査で浮き彫り
Instagramの利用が5年で急上昇、MMD研究所のスマホアプリ調査
ほぼ毎日“運動中止すべき危険レベル” 東京五輪の暑さ対策は「観客の自己責任」というマズさ

北条氏直単語

ホウジョウウジナオ

掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

北条氏直(ほうじょう・うじなお 1562~1591)とは、日本戦国時代の大名。
後北条氏の第5代目

北条氏政方の祖武田信玄である。

前半生

1562(永5年)に北条氏政の次男として生誕。母親武田信玄である院。幼名は国王丸。武田・北条・今川のいわゆる三同盟から生まれた子供であった。

1568年、武田信玄駿河侵攻によって北条武田の外交関係が悪化し、武田に追い返され、翌年わずか27歳で死去。この時、今川氏真の猶子になったとも伝わっているが、今川の領のうち駿河は武田信玄、遠江は徳川家康のものとなり、今川の領地を得ることはできなかった。

その後、武田信玄織田信長徳川家康と戦うために北条と交渉し、両の関係は善した。

1577年に元し、里見義との抗争で初陣を飾る。同年、里見氏と和1580年には父親北条氏政から督を譲られ、後北条氏の当に就任する。しかし実権の一部は依然として北条氏政が握っていた(こうした事例は他の大名でもしばしば見られる)。

1578年、上杉で御館の乱が勃発。これによって叔父上杉景虎上杉景勝に殺された。この時、勝には武田勝頼が味方していたため、再び北条武田の関係は悪化。北条織田に接近していく。

1582年2月武田臣の木曽義昌織田信長に寝返り、織田信忠が大軍を率いて武田に攻め込む。北条は、徳川家康とともにこれに参加して戦ったが、領地を得る事はできなかった。

戦後関東には織田臣の滝川一益が送り込まれ、北条は織田臣同然の存在となってしまった。

中半生

しかし同年6月本能寺の変により織田信長織田信忠明智光秀によって討たれた。

これを好機と見た北条氏政は、北条氏直・北条氏邦らに軍を預けて滝川一益を攻撃。先鋒の氏邦が一旦撃退されるものの、結局滝川一益を敗走させることに成功する。この氏直の戦果を、北条氏政は重臣の垪和氏続への書状で「氏直独立之出得大利」「子孫長久歴然」とたいそう喜んでいる。滝川軍には色々とハンデがあったのだが、まあ勝ちは勝ちである。

続いて氏直は信濃甲斐といった旧・武田の領地の奪取を論み、徳川家康と対決する。しかし徳川家康はすでに地元の真田昌幸曽根世などを味方につけており、また北条と敵対している後方の佐竹義重とも連絡を取っており、北条軍は苦戦。一方の徳軍は数で北条軍に劣り、ちょうど羽柴秀吉織田信孝柴田勝家らが争い始めたこともあって織田からの援軍も見込めず、両軍は和することになる。氏直は家康・督を娶り、上野の領有権を得ることで合意し、撤退。以降、北条氏直は家康との関係を重視するようになる。

翌年氏直は厩北条高広(きたじょうたかひろ)を攻め、これを降伏させると、下野に侵攻を開始した。これを危惧した佐竹義重宇都宮綱らも下野へ進出。1584年5月、両軍は沼で戦いとなり、8月に和が締結される。以降、北条氏は下野でも本格的に勢を拡大していくことになる。

これに対し、佐竹義重宇都宮綱は関白豊臣秀吉関東を依頼。 秀吉は一旦、北条氏直や北条氏政に上を催促し、北条氏直もである北条氏政を上させることで、 それを了承した。

後半生

ところが氏直が上しないうちに、北条臣の猪俣が、秀吉臣の真田昌幸の名胡桃攻略するという事態が発生。秀吉20万という未曽有の大軍を率いて関東に乗り込んできた。

これに対し、北条北条氏邦の籠る鉢形北条氏規の籠る山城を中心に、大寺政繁の籠る松井成田長親の籠る忍城など、小田原城とその周囲のを使って大規模な抗戦を繰り広げた。しかし数に勝る豊臣軍の
攻撃は如何ともしがたく、豊臣軍によって多くの北条方塞が陥落、あるいは降伏させられていった。

北条軍もよく持ちこたえはしたものの、重臣・松田秀の息子である松田政堯らが敵軍に内通するなど、内部からも崩壊していき、7月に降伏勧告を受諾。氏政の切腹と 引き換えに兵を助命するという条件であった。氏直は助命され、北条氏規らとともに高野山に入り、出して見性斎と名乗った。

翌年、氏直は秀吉によって赦免され、大坂織田信雄の屋敷で暮らすようになる。その後 秀吉から河内に1万石の領地を与えられたが、現地に赴く前に死去。享年30歳。

氏直の遺領は北条氏規の遺領とともに、北条氏規の嫡男である北条氏盛が相続。江戸時代の終焉まで続いた。

後世の評価

 

五世の氏直君はずいぶん判断に富んでいたが、惜しいかな虚弱な体質であったために みずから裁決せず、人まかせにするあやまちをおかしたために、ついにそのを失うことになった」(北条記)

 

虚弱体質のせいで裁決しなかったかのかどうかは分からないが、治世全体を通してみれば当としてめ、 小田原北条氏政をよく助けている。

しかしながら30歳と言う若さでこの世を去ったこと、前当北条氏政が実権を握っていたことから、北条4代で滅亡した、と言われることが多い。念のため言っておくが氏直は5代目である。それだけ地味だと思われているのだろう。

 

戦国大戦

「もう一度…らに栄を!」

Ver2.0にて氏政に遅れて参戦。イラストレーターと同じなため、よく似ている。
の氏政と較して武1上がって防柵がくなった。総合的にはまあまあの父親と同じく持ってないけど。

計略の「大筒攻勢の采配」は、自軍の大筒カウントが少ない程北条の味方の武が上がる大名采配。
大筒カウントに気をつけて戦う事を余儀なくされるため、かなり癖の強い上級者向け計略。
ちなみに、自軍の大筒が起動していないと対にならない。 起動していないと士気5を投げ捨てる結果になるためくれぐれも注意。

信長の野望

信長の野望シリーズにおける北条氏直の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 61 政治 66 90 野望 65
武将風雲録(S1) 戦闘 47 政治 52 79 野望 65 教養 64
覇王 采配 79 戦闘 57 智謀 64  政治  52 野望 69
天翔記 戦才 112(B) 智才 128(C) 政才 144(B)  魅 81 野望 69 
将星 戦闘 50 智謀 64 政治 69
烈風 采配 71 戦闘  39 智謀 48 政治 60
世記 采配  42 智謀 30 政治 48  野望  45
蒼天 統率 37 知略 32 政治 52
下創世 統率 37 知略 31 政治 52  教養  58 
革新 統率 57 武勇 42 知略 35 政治 56
統率 57 武勇 42 知略 35 政治 56

関連動画

関連項目

掲示板

  • 30ななしのよっしん

    2016/10/04(火) 14:16:20 ID: 92LaFz9OW4

    >>19
    ただ自分が気に入らないって言えばいいのに的外れなことばっか言ってるバカ
    北条の最期まで既にやった今からじゃ考えられんなこんな評価…

  • 31ななしのよっしん

    2018/09/17(月) 00:15:02 ID: s4yAvFGMKd

    センゴク氏直は歩けないのに仕事しとる…

  • 32ななしのよっしん

    2018/09/28(金) 20:29:36 ID: BlzhLtwcyj

    あんなに有能扱いされてる氏直を見るのは初めてかもしれん
    今後が楽しみ

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 04:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP