今注目のニュース
【神対応】ショットガンを持って学校にやってきた生徒。しかし教師の愛に溢れる対応に生徒は武装解除し号泣する
遺産は家族にあげたくない? 「アダルトサイトの美人に…」と告白した男性
周囲を気にせずに自分だけが起きられる!光と振動で起こしてくれる「アイマスクアラーム」

北条重時単語

ホウジョウシゲトキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

北条重時1198~1261)とは、鎌倉時代に活躍した武将である。

概要

北条義時宗の前の間に生まれた義時の三男。極楽寺流北条氏の祖。

いつ元したかわからず、1219年の九条頼経の東下の随兵の中にその名があり、その後小所別当に就任したのが初見である。1221年の承久の乱の際にも、北条泰時北条朝時叔父北条時房が軍を率いたのに対し、おそらく鎌倉にいたと思われる。

1223年に駿河守に任じられ、おそらく1224年に北条義時から信濃守護職を譲られている。この信濃守護職は以後も極楽寺流北条氏に代々継がれていくこととなった。

1230年には病魔に侵された北条時氏の後任として、六波羅探題北方に就任。以後17年にわたり京都を治め、の泰時とともに鎌倉幕府の全支配体制確立の基礎を築いた。また藤原定家とは親密な関係にあったなど、の皇族や公家にも好かれていたようだ。1237年には鎌倉幕府の重職である相模守に任じられ、北条朝時とは対照的に地位を向上させていった。

1247年に宝治合戦で三浦泰村らが滅ぶのもで見守っていた。しかし息子長時を鎌倉に下向させているなど、情報収集は怠っていなかったようだ。そして同年、六波羅探題を長時に任せ、ついに鎌倉に戻る。婿で新執権である北条時頼はまだ若く、そのサポートに向かったようだ。1249年には同じく幕府の重職である陸奥守に任じられている。そして1253年に朝廷から宗尊親王を新将軍として迎えた。

1256年に出し、息子長時が鎌倉に戻り、後任には同じく息子の常盤時茂がついた。長時はまだ幼い北条時宗中継ぎとして執権につき、その支えとなった。一方重時はまだ年中行事には参加し、依然重んじられていた。しかし1261年、ついに病で没することとなる。

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/06/03(日) 23:02:01 ID: jxxkSFeU3e

    >彼の世代になるともはやいつ元したかわからず
    待った待った、元したのがわからないのは重時と有時だけで
    泰時も時も政村も実泰も元の日時と帽子親までちゃんと判明してるっしょ
    余裕で鎌倉時代の重要人物なのに経歴に空白があるのはなんでだろうな

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP