今注目のニュース
南魚沼市の医療施設の建物内にクマが侵入、警察と市がバリケードを張って捕獲へ
大島優子、キムタクの横で“3分間号泣”の過去
「田原総一朗さん本人が謝罪すべき」 番組での発言を『朝まで生テレビ!』公式が訂正・謝罪も批判集まる

北条高時単語

ホウジョウタカトキ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

北条高時1303~1333)とは、鎌倉時代の人物である。

穏やかな政権運営

鎌倉幕府第14代執権にして、最期の得宗。北条貞時大室泰宗(安達泰宗)の。『太平記』では闘と田楽にかまけ御内人である長崎高資の専横を招き、幕府の凋落を止められずついに身を滅ぼした行動的な暗君として描かれるが、実際は病弱で温和な文化人であったことが金沢文庫に残された書状から明らかにされている。

彼は1303年に生まれた後、1309年に元1311年には左権守、小所別当に就任した。である北条貞時御内人の得宗公文執事長崎高綱、外戚・安達時顕、執権・大宗宣、連署・北条煕時らに後事を託し1311年に亡くなった。その後高時が親政を行えるまで執権リレーが続き、1316年にようやく執権に就任したのである。

北条高時政権下では連署金沢貞顕、御内人長崎高綱、外戚・安達時顕らの寄合衆に加え高時・大方殿によって運営されたが、彼らに共通して言えることは底的に先例を遵守した穏やかな政権運営を行ったことである。しかし、彼らのころの鎌倉幕府には

  1. 温暖期から小氷期への気変動による寒冷化
  2. 文保の和談に端を発する両統迭立、さらに大覚寺統内の分裂による公家政権の内訌
  3. 貨幣経済の移行による御人制の衰退
  4. 霜月騒動、門の乱、嘉元の乱といった混乱反動

といった課題を抱えており、言ってみれば波を好まない人々による政権は不向きな状況だったのである。それが具体的にあらわれたのが、東北津軽安東氏の内訌の泥沼化や正中の変の後醍醐天皇に対し何も追及しなかった穏便な解決だったのである。

しかしながらこの頃はまだ、次の世代となる中堅層にも長崎高資、二階堂摂津親鑒といった個性的な人材がそろっており、こうした有能な官僚集団によってそつなく政権運営が行われていったのである。

分裂と滅亡

しかし1326年に北条高時の病気が重くなってしまうと、高時は執権を辞し嘉の騒動が起きる。

御内人五代院宗繁を外戚とする高時の嫡子・北条邦時は生後100日前後であったため、北条貞時、高時の時と同様中継ぎ執権が必要になったのである。これに対し長崎高綱は金沢貞顕にそれを依頼しようとしたが、外戚の地位を失うことを嫌った安達時顕は高時の・北条泰を推挙したのである。結局貞顕が執権になったのであったが泰全員し、身の危険を感じた貞顕は守時に執権を交代したのであった。
結局高時の病は回復したことで用の騒動になったのだが、この裂が高時のの低下と政権運営を難しいものにしていった。

一方朝廷では邦良親王が亡くなったことから、持明院統の量仁親王即位のために後醍醐天皇退位を要する嘉・元徳の皇位継承問題が起こったのである。加えて大覚寺統内でも量仁親王の次の皇位は邦良親王の息子・康仁王と考えられており、中継ぎにすぎない後醍醐天皇の系統には皇位を継がせない方向で固まりつつあった。

一方それを対処する鎌倉幕府でも世代交代が起きており、長崎氏は長崎高綱から長崎高資という強権的な人物に、二階堂氏は二階堂行貞の後任をめぐって二階堂貞衝と二階堂の争いが表面化、貞安達時顕を味方につけ金沢貞顕を敵に回す、という状況に陥り、とてもではないが皇位継承問題どころではなかったのである。

そしてついに元の変で後醍醐天皇の討幕の密議が明らかになるが、一方で北条高時による長崎高資を討つ陰謀が露見し、高時が導権を失ったことが明らかになったのである。執権である守時は辞意を示し始め、連署も敏腕だった大維貞が亡くなり北条茂時に代わり、鎌倉幕府運営導する存在がどこにもいなくなってしまったのである。

こうしてついに元の乱が生じ、後醍醐天皇に代わって天皇が即位し康仁親王が東宮になるという両統迭立が実行されたが、すでに後醍醐天皇を支持する不満分子の起が相次いでいた。一度起は鎮圧できたが、楠木正成護良親王赤松則村らが相次いで起し、六波羅探題へ迫った軍は宇都宮公綱が対処したものの、遠征軍の総大将・名越高家赤松軍に討ち取られる。
そして、足利高氏の離反による六波羅探題陥落、新田義貞の離反と足利千寿王(足利義詮)の挙兵による鎌倉攻略でついに、北条高時、金沢貞顕、長崎高綱、安達時顕といった人々は自害して果てていったのであった。

一方北条泰は北条高時の次子北条時行を連れて鎌倉から脱出していった…

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/12/17(月) 09:48:53 ID: VlH5o+tfgS

    私本太平記といい大河太平記といい、濃い人物像で楽しい
    高時るのなら、田楽や妖霊の話も忘れずにな

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP