今注目のニュース
木村昴&榎木淳弥、事務所の先輩“天才声優”関智一について語る「あの人すごいっすよ」
「エビマヨうきわ」が9年ぶりに帰ってきた!6月20日から復活販売
49型テレビを万引きしようとした男が逮捕 「さすがに無理がある」と驚愕

北海道単語

ホッカイドウ

掲示板をみる(643)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

北海道旗

北海道地方
面積 83,457.00Km2
推計人口 5,475,783
人口密度 65.6人/km2
域内総生産 18兆3595億円
データ基準日 2012年9月30日

北海道(ほっかいどう)とは本州の北に位置する日本、又はそのと周辺の離を管轄とする地方公共団体である。同時に北海道地方のこともし示す。

北海道出身の著名人などについては「北海道に関連する人物・団体一覧」の記事を参照してけれ。
また、北海道限定品については「北海道限定品一覧」の記事でも眺めてけれ。

概要

日本北部に位置するにして、北端の広域自治体(北海道)である。

としての北海道は津軽峡を挟んで本州の北側にあり、日本海太平洋オホーツクに囲まれている。菱形状の本体部分の左下に、尻尾のような半島渡島半島)がくっついたような形状が特徴。

地方公共団体としての北海道は上記北海道()に加えて、利尻島礼文島奥尻島・焼などの離を管轄範囲に含む。なお、北海道(地方公共団体)の建前上の北端は根室振興局管内にある択捉島なのだが、北海道地方公共団体の支配現在は及んでいない。

面積自体は本州に次いで二番の広さだが、北海道()全域を北海道(地方公共団体)が占めているため、北海道と言えば広いと言う印が強い(後述)。

「北海道」の使い分け

上記の文章でも分かるとおり、「北海道」にはとしての北海道を表わすものと、自治体地方公共団体)としての北海道を表わすものの二つの意味がある。内地の人にはわかりづらいかもしれないが、北海道の人は文脈における「北海道」の使い方を読み取って、それがどちらの意味なのかを自然に理解する。

ニュースや新聞で地方自治体を表す時は「都」「府」「県」と同じように「」という表現も良く用いられており、それらで単にと表現されていれば大抵は地方自治体のことである。

  • 具体例
    • 「北海道の豊かな自然や美味しい食材を産業発展に活かす試みとして、外や海外観光事業者を招いた催のイベント昨日行われました」
      • 上記の文章のうち、冒頭の「北海道」は地方や地域を意味する北海道である。外とは「北海道以外の~」の意味。催している「」は地方自治体のことである。

同じように議会、警、庁なども機関を意味している(ゲシュタルト崩壊してきた)。北海道が管理する道路は「道道」となるが、これは「北海路」という意味である。読み方は「どうどう」。「々」とはあまり書かない。県道と同じ意味を持つ言葉なのだが、内地の人はが二つ重なっているので変に思えるらしい。

「ミサキ~ちょっとあれ見ろよ~」
「え~なにあれ~『みちみち』?」
バカだなwみちみちなわけねーだろ。『どうみち』だよ」
ウッソ『どうみち』じゃん。どうみちって何?」
「北海道のだろ。地元の県道みたいなもんだよ」
「そうなの~タケシ頭良いじゃん」 

北海道の地方北海道新聞」は「道新」と呼ばれているが、これはもちろん民間企業であって北海道の機関ではない。その他の事例を挙げると、は北海道で採れたお米民は北海道の住民、人会は北海道出身者の集まり(暴力団でもヲタでもないぞ)など。

このような使い方や使い分けがされているが、上の例とは逆にいて「北海」とする慣例はい。よって組織名など固有名詞は別にして(北海学園大学など)、地方や地域を表わす言葉としては意味が通じない。都府県なら東京都東京大阪府大阪のような使い分けがあるが、北海道は「北海道」若しくは「」である。そのため、

都道府県名記入欄

このような都道府県名記入欄で「北海道」と書こうとして、なんとも言えない気持ちにさせられた人は多いと思われる(ちなみに、左の欄に「北海」と書いてから右の「」のところに○をつけるのが正しい記入方法である)。 

北海道の地理

でっかいどー

北海道

「北海道はデッカイどー」と良く言われるが、本当になまら大きい。日本面積の約22%を占めている。他較するならアラブ首長国連邦(83,600k)とチェコ(78,865k)の中間に位置するほど大きい。そのため、支庁という単位分割しささってる。
2010年4月より14あった支庁は5振興局、9総合振興局に再編(網走支庁オホーツク総合振興局と名称変更、そのほか一部町村の管轄地域変更)

内地の人間が北海道へ行って、普段の感覚で地図を見て行動するとはんかくさい事になる。
例として稚内市から函館市まで移動する場合、移動距離は約700キロ、東京都心部から本州最北端、青森県大間崎までが800キロほどであることを考えると、如何にその距離が長いかがよく分かるんでないかい?

ちなみに北海道を1周した場合、その距離は選ぶルートにもよるが約2,500~3,000キロ、本州縦断の距離にほぼ匹敵する。

その面積の割に人口が少なく、人口密度は日本全体のそれに対して5分の1程度(70人/km2ほど)。札幌を中心とした石狩振興局を除くと更に乏しいものになる。

本当に広いので、都市部以外ではで時速80キロは当たり前で100キロも出すことも。
都市部以外だと1時間当たりの速度60キロと考える。なので、15キロ先となると約15分で到着と考える。
たまに警察が変なとこにいるので外の人は要注意。
また、道東道央高速道路で移動する場合は、札幌-丸瀬布間で227km、札幌-寒間で271kmであるため軽自動車では乗るときに満タンにしておかないと給油での移動が不可能なこともある。

ちなみに北海道の広さを示すエピソードとして次のようなものがある。

最果ての地

北海道には離を除いた日本最北端の岬と最東端の岬がある。

最北端は宗谷岬稚内市)、最東端は納沙布岬(根室市)。

特に宗谷岬旅人にとっては憧れの地の一つであり、一度は宗谷岬に到達してみたいという旅人は少なくない。

但し宗谷岬は岬という割には海岸線から突き出てはおらず、地形も緩やかで崖のようにはなっていない。
また近年は観光地化が進み、最北端の碑も間になるとライトアップされたりしており、最果ての地というイメージとは少し離れたものになっている。
しかし、それでも憧れ訪れる人が尽きないのはやはり「日本最北端」というきによるものであろう。

ちなみに日本最北端=宗谷岬と考えられがちだが、実際は宗谷岬の北西約1kmの地点に「弁天」というがあり、北方領土を除けばこれが日本領土の最北端である。
だが周囲500mの小さなであり、沖ノ鳥島などと同様に一般人の到達は困難。
(上陸は禁止されていないし近距離なので、地元で船をチャーターすれば一応到達することは出来る)

また納沙布岬であるが、岬の碑には「返せ北方領土」と刻まれており、時に日露両巡視船眼で見れる範囲を行きかうなど、北方領土のすぐ近くという土地柄を強く感じさせる。

なお世の中にはニコ動でいうところの「愛すべきバカ」に該当する人がいるもので、初日の出を見ようとバイクのしばれる時期にこれらの岬をす人もいる(おそらく自殺行為に等しい)。
ただし納沙布岬は日本最東端だから日本で一番日の出がいというわけではなく、緯度の関係から日本で一番千葉県埼よりも5分程遅い。

ちなみに北海道最南端の岬は岬であるが、実は青森県大間崎より南にある(だと思う人は日本地図を見てみよう)。

この他、東西南北端ではないが、襟岬(えりも町)や神威岬(積丹町)、スコトン岬(礼文町)なども最果てを感じられる岬として人気がある。

北海道の山

北海道の高峰の多くは、道東道央付近にそびえる大雪山連峰・十勝岳連峰・日高山脈の一帯に集中している。内の最高峰は大雪山岳で、標高は2291m。な山は以下の通り(括弧内は標高)。

北海道の川

として以下のようなものがある。

北海道の主な河川

北海道の湖沼

沼として以下のようなものがある。

北海道の島

北海道の主な離島

地方公共団体としての北海道には、北海道本の他に周辺のが含まれる。は以下の通り。

気候

としては、北に位置しているため基本的に気温が低い傾向にあり、1年の気温変化が非常に大きい。また、最大の特徴としては梅雨という時期がない(梅雨前線が北海道までは北上してこない)。
内地における梅雨と同じくらいの時期に、北海道でもぐずついた気が続くことがあり、これを俗に「梅雨」という。梅雨とついてはいるが発生の原理からし梅雨とは別物であり、また降があっても断続的にぱらつく程度でまとまった量になることは少ない。しかしながら、近年ではスコールのような非常に短い時間の大が降るなど、そのに変化がみられる。

台風の襲来が少ないのも特徴である。北海道に至る頃には勢が衰えていることが多いためで、1シーズン内での台風接近回数は多くて2~3回、1度も台風が来ないままシーズンが終わる年もしくない。
ただ、たまに勢を保ったまま北海道に襲来する台風があると、甚大な被害をもたらしていくこともある。有名なものでは青函連絡船の乗客など1000人以上が犠牲になった通称「洞爺丸台風」、近年のものでは2004年に襲来して北海道大学ポプラ並木をなぎ倒すなどの被害をもたらした台風18号などが挙げられる。2016年には短い期間に多数の台風が連続して襲来するという異例の事態が起こっている。

気温は、その北海道の大きさゆえに地域によって大きく異なるが、おおむね日中の気温が28度、氷点下10度程度になる。また、内陸部や地ではは38度、氷点下15度となることがざらである。1日の気温差が20度をえることもしばしば。1年の気温差に至っては60度程度となることもある。ちなみに、加内町ではカントリーサインにもある通り最低気温氷点下41.2度を記録したこともあったり、釧路では7月でも均の最高気温が19.4度であるなど、地域によって気温に特徴がある。

では一番大きな特徴は降期間の長さである。例年11月から3月まで降がある。降としてはおよそ5か間、積としてはおよそ半年の間はあると考えてよい。しかし、4月下旬から5月初週であってもが降ることがある。実際に、ゴールデンウィーク中に降が確認された例もある。さらに、同期間中であってもでは溶けたが路面にしみて凍結している場合もあるため、自動車タイヤからタイヤへの交換をゴールデンウィーク終了後に行う人も多数いる。

冬の北海道の生活

以上のように地域によって差はあるものの、北海道のの気は概ね寒冷多の傾向がある。これをいかに乗り切るかが、北海道生活の最大のテーマと言っても過言ではない。

快適なの生活には暖房が必要不可欠だ。北海道で最も広く使われているのは、灯油ストーブなど室外機を使わずに部屋全体を暖められるタイプの機器である。電気代の高さにさえを瞑ればオイルヒーターという選択肢も悪くない。
一般的にコストパフォーマンスが高いとされるエアコンは、北海道では寒さとで室外機が仕事をしてくれないので役に立たない。近年、各社が寒冷地向けエアコンなるものを販売し始めたものの、その筋の人く「とりあえず動くだけマシレベルの代物らしいので過度な期待はしないほうが賢明だろう。
ハロゲンヒーターなど部屋全体を暖められない暖房器具は、補助的利用以外ではほぼ使われない。こたつに至っては、意外にも普及率が日本で最も低く、温暖なイメージのある沖縄県よりも普及していない。

いずれにしても、暖房器具の持つポテンシャルを最大限引き出すには住居の気密性も視できない。北海道の住居は気密性の高さを特徴とするが、その度合いはピンキリあり、築年数の古い住居では暖房器具を強めに焚かないと暖かさを実感できない場合がある。こうなると燃料費がシャレにならない額になったりするので、北海道で住居を探すのであれば、多少高額でも気密性のなるべく高い住居を選んだ方が、長いで見ればコストの削減にもつながる。

寒さと並ぶのもうひとつの大敵はである。降ったをそのまま放置していたのでは日々の生活に支障を来すので、を退かす作業が必要になってくる。これについては「除雪」の項で詳細に説明されているので、そちらを参考にしてほしい。

北海道の地域区分

広大面積を有する北海道は、いくつかのエリアに分けることができる。振興局の管轄地域を基準にして14エリアに分ける場合と、道央道北道南道東の4エリアに分ける場合が多い。

14振興局

     
  宗谷  
  留萌      
      上川 オホーツク(網走) 根室
    空知       釧路  
    石狩     十勝      
後志 胆振      
檜山     日高  
  渡島  

でっかいどーの項で述べた通り、従来の支庁2010年4月に14の振興局に再編されたわけだが、「振興局支庁)って何よ?」という人がいらっしゃるかも知れないので、ざっくりと解説しよう。ひとことで言うと、北海道の出先機関である。

どんなことをする出先機関かというと、振興局支庁)ごとに管轄する地域があり、その地域内で知事の権限に属する事務を行うとされる。これだけ聞いても「なんのこっちゃ」という感じだが、ここで事細かに説明すると大変なボリュームになってしまうので、詳しくはこちらexitを参照していただきたい。
ちなみに振興局支庁は、地方自治法によって「各都道府県ごとに、必要に応じて条例で設けることができる」とされている機関であり、何も北海道独自の組織というわけではない。

振興局支庁)は本来行政組織のひとつであって、地名を表す概念ではない。行政組織であると同時に「住所を書き表すための地名としての概念」をも持ち合わせる都道府県市町村とは対照的である(なので住所を書くときには振興局名を書かない)。
しかし、広大な北海道において、市町村といった地域区分だけでは場所を表すのに不便な場合もある。そのため、例えば宗谷総合振興局管内の地域のことを「宗谷地方」と呼ぶなど、管轄する振興局名(支庁名)を慣例的に地域名として用いることも多い。

以下ではこの地域区分に則り、簡単に各地域ごとの特色を説明しよう。更に詳しい説明をめる場合は、上の略地図もしくは下の説明部分の見出しから該当する地域名をクリックしてほしい。


宗谷
そうや
面積 約4626km2 人口 約6.7万人 人口密度 約14.6人/km2
振興局所在 稚内市 管内市町村 18町1村
北海道本において最北端に位置する稚内市がある。利尻島礼文島もここに含まれる。
産業は酪農、漁業。地域全体における人口は10万人にも満たないが、特急列車が走っている。
ちなみに札幌まではこの特急列車スーパー宗谷」で5時間弱。まさにでっかいどう。
ノシャップ岬
ノシャップ岬(稚内市

オホーツク
(旧網走支庁)
面積 10691km2 人口 約29.2万人 人口密度 約27.4人/km2
振興局所在 網走市 管内市町村 314町1村
いつか「オホーツク支庁」に名するのではないかと以前から囁かれていたが、振興局に再編する際に、ついにその名を冠することになった。
その名の通りオホーツクに面する地域である。産物はすごく美味い。気沿いである網走などは季は冷で過ごしやすい。一方で、地である北見方面は35度、氷点下25度と1年の寒暖差が非常にしく、1日の気温差が20度をえることもある。それでも5月頃は本州較すると冷であるためスポーツチームキャンプ地としてよく利用されている。
14振興局の中でも広く、東西南北に長く伸びているためか、この地域だけ天気予報で「網走」「北見」「紋別」の3地区に分けられることが多い。これは前述のように沿いである網走・紋別地方地である北見地方では気温やが異なることが多いことも影している。
神の子池
神の子池(清里町)

上川
かみかわ
面積 10619km2 人口 50.3万人 人口密度 約47.4人/km2
振興局所在 旭川市 管内市町村 417町2村
位置的に見れば北海道の中央にある。
北の国からで有名な富良野動物園で有名な旭川市など、観光名所は多い。
内陸に位置するため、は非常に寒く、も多い。ただし、はそれがなのではないかと思えるほど暑い。特に、旭川北見や遠軽と並び非常に気温が高くなることが多い。
中心部の旭川は工業が盛んである他、札幌とを結ぶ特急列車の本数が非常に多い。
マイルドセブンの丘
マイルドセブンの丘(美瑛町

留萌
るもい
面積 3446km2 人口 約4.7万人 人口密度 約13.9人/km2
振興局所在 留萌 管内市町村 16町1村
道北日本海側を占める地域であり、かつては漁業、炭鉱が盛んであった。
留萌に来ることがあるならば、萌えっ子フリーきっぷは是非とも買っておきたい。「萌え」が広く浸透した現在留萌出身者は「るもいを漢字で書くと?」と聞かれると説明しづらいとか。
三毛別
三毛別羆事件跡地(前町)

空知
そらち
面積 5792km2 人口 30.8万人 人口密度 53.2人/km2
振興局所在 岩見沢市 管内市町村 1014町
かつては炭鉱で栄えたものの、それらが衰退した現在は寂れている。栄えた名残か、の数は北海道最多である。
ただ人口は少なく、人口ワースト4の歌志内、三笠夕張はいずれも空知に属する。
特段悪いことばかりではなく、札幌旭川間に位置するため、行こうと思えばすぐ都市部にいけるので特に南は少し都心から離れて住むにはちょうど良い位置である。土地もかなり安いし
なお、受信放送局が北部は旭川、中南部札幌の放送局の電波を受信する。地域内で受信するテレビ放送が異なるのは一である。
ヒマワリ畑
ヒマワリ北竜町

石狩
いしかり
面積 3540km2 人口 237.7万人 人口密度 671.5人/km2
振興局所在 札幌市 管内市町村 61町1村
北海道の中心に位置する地域であり、北海道庁のある札幌市が存在する。
札幌市が北海道の人口の1/3を占めていることもあり、人口、人口密度ともに14振興局の中ではダントツの多さである。
一見都心に思えるが、留萌とのあたりにはかつて陸の孤島とまで言われた雄があり、バリエーションに富んでいる。
モアイ
モアイ像(札幌市

後志
しりべし
面積 約4305km2 人口 21.5万人 人口密度 50.0人/km2
振興局所在 倶知安町 管内市町村 113町6村
石狩の西に位置する。振興局管内最大の都市小樽市だが、振興局倶知安町にある。
地図で見ると振興局管内の土地の多くが山岳地帯で構成されており、まで険しい山が連なっている。そのためか最も村の数が多い。
ニセコや留寿都などのレジャースポットもあり、最も北海道の自然を有効活用していると思われる地域である。
なお、札幌から函館へ行く場合、絶対に後志を通らなければならない。だと思ったら地図で確かめてみよう。
小樽運河
小樽運河(小樽市

根室
ねむ
面積 3497km2 人口 約7.6万人 人口密度 21.9人/km2
振興局所在 根室市 管内市町村 14町(+北方領土6村)
最東端に位置する地域であり、北方領土もここに属する。そのためか、北海道の中ではしく北方領土についての教育が行われている。
網走との以外は湿地を含んだ根釧台地と呼ばれるエリアに属し、そこでは大規模な酪農が行われている。
北方領土を除いた場合、自治体の数は5と最も少ない。
※なお、上記の面積・人口に北方領土は含まれていない。
開陽台展望台
開陽台展望台(中標津町

釧路
くしろ
面積 5998km2 人口 23.6万人 人口密度 39.4人/km2
振興局所在 釧路市 管内市町村 16町1村
道東の中心。
とにかく寒い。半端じゃなく寒い。全天気予報釧路だけダントツで気温が低いのはよくあること。
原因は強い海風と北にある釧路湿原からのにある。でも気温が20℃に届かないこともしばしば。
近年は内地から避暑地として釧路に訪れる人が多くなっている。
釧路湿原のタンチョウなど観光が多である他、根室同様酪農が盛んである。
アトサヌプリ
アトサヌプリ子屈町)

十勝
とかち
面積 10832km2 人口 34.3万人 人口密度 31.7人/km2
振興局所在 帯広市 管内市町村 116町2村
作や酪農が盛んで『十勝産』がブランドになっているほどである。「あんこが十勝製」「とかちつくちて」などの空耳の影で、ニコニコ動画では最も知名度の高い振興局支庁)だと思われる。
2013-14年にアニメ化映画化された「銀の匙」はモデル及び舞台となった高校十勝帯広市にある。
14の振興局の中で最大の面積を有しており、南北の端から端までの距離200㎞をえる。
砂糖の原料になっているテンサイの栽培や加工を行っていることでも知られ、六花亭をはじめとした菓子店も多い。その影もあり菓子の値段が安価なものが多い。
の気温に結構差があり、20℃近い気温差が発生することもしくない。
ナイタイ高原
ナイタイ高原(上士町)

日高
ひだか
面積 4811km2 人口 約6.9万人 人口密度 約14.3人/km2
振興局所在 河町 管内市町村 7町
競走馬の生産地として知られる。
季は日高山脈をえることができないことが多く、季に日高十勝日勝峠)を移動すると「支庁気が変わる」ことを最も体感できると思われる。
なお、それ散るファンにはお染の「内」のモデルになったと思われる静内町(現新ひだか町)は日高に存在する。
襟裳岬
岬(えりも町)

胆振
いぶり
面積 3697km2 人口 40.1万人 人口密度 108.7人/km2
振興局所在 室蘭市 管内市町村 47町
室蘭苫小牧を抱える北海道内有数の工業地域。そのためか、石狩に次いで人口密度が高い。
それだけでなく有珠山洞爺湖など、多自然も抱える。
地球岬
地球岬(室蘭市

渡島
おしま
面積 3937km2 人口 40.4万人 人口密度 102.8人/km2
振興局所在 函館市 管内市町村 29町
本州(特に青森)との関わり合いが非常に深く、明治以前からの歴史を持つ松前町や函館市があり、松前町には松前というもあったりと、そこら辺は、最も北海道らしくない地域かもしれない。
その一方で八雲町以北は北海道らしさが残っており、歴史があるか否かで二分化されている。
夜景
函館山からの夜景函館市

檜山
ひやま
面積 2630km2 人口 約3.7万人 人口密度 約14.3人/km2
振興局所在 檜山江差町 管内市町村 7町
北海道最少の面積、人口、さらにが一つもない(日高も同様)と、最も小さい振興局と言って差し支えないだろう。
江差や上ノなど、渡島同様歴史ある地域も存在する。
年中通してが強く、風力発電に使用する風車がぶっ壊れたことがあるほどである。
以前は飛び地ではなかったのだが、石町が渡島に寝返り八雲町と合併してしまったため、南北に分断された。
太田山神社
太田山神社(せたな町)

※人口等のデータ2016年時点のもの

道央・道北・道南・道東

上記の14振興局を基準とした地域区分とは別に、道央道北道南道東の4つのエリアに分けられることも多い(西はない)。この地域区分は14振興局のような明確な基準はないため、そのす範囲は一定しない。
たとえば、空知地方の北部は一般的に道央として扱われることが多いが、法務局の管轄においては道北地方の登記を取り扱う旭川地方法務局の管内であり、実質的に道北地方の一部という扱いである。

北海道の産業

第一次産業

北海道は日本の食糧生産地区であり食料自給率では生産額ベースで198%カロリーベース173%平成22年データ)となっている。なお、世界的に重視されている生産額ベースの食物自給率である。

一般的に北海道と言えば農業というイメージが強く、ジャガイモや小麦、甜菜などの一大産地として有名である。
寒冷地のイメージが強いため意外に思われるかもしれないが、稲作も盛んである。当初は寒冷地向けの品種がなく、北海道での稲作は困難であったものの、品種良を繰り返した末、現在新潟県に次ぐどころに成長。また「北海道=おいしくない」という悪評が強かったが「きらら397」の登場以降は善され、「ゆめぴりか」「ふっくりんこ」などは全の品質を誇るブランドとして知られている。

釧路根室宗谷地方などでは酪農が盛ん。宗谷地方の豊富町は、セイコーマートなどで売られている豊富牛乳の産地として民にはおなじみである。

昆布ホタテなどを要な漁獲物とする産業も盛ん。かつて北海道日本海側は北海道民謡ソーラン節」にも歌われているニシン漁で栄えていた。

第二次産業

全体的に第二次産業はそれほど盛んではないが、室蘭市苫小牧市などが工業地域として知られている他、北海道の豊富な食材を生かした食品加工業も特徴的である。かつて空知地方などでは石炭産業が盛んであったが急に衰退した。

第三次産業

北海道は京都府沖縄県などと並ぶ人気旅行先であり、観光業が盛んである。株式会社ブランド総合研究所の調による都道府県別魅ランキングではここ数年連続で一位を獲得しており、観光地としての人気の高さがえる。

また、市町村ランキングを見ても、札幌市函館市小樽市富良野など複数の都市が上位の常連として名を連ねている。このことから、北海道各地に点在する観光地の魅度が、全体としての北海道のイメージアップにつながっていることが見て取れる(この点、ほぼ京都市の独走状態である京都府とは対照的である)。

大まかに、道北道東は豊かな自然道央道南は開拓時代の歴史を感じさせる観光地に人気が集まる傾向がある。北海道産の食材を使用した料理スイーツ当てに訪れる観光客も多い。

北海道の食文化

北海道限定品一覧」の項も参照のこと。

ジンギスカン
羊肉を使った焼肉で、北海道を代表する郷土料理
ザンギ
北海道では唐揚げのことをザンギと呼ぶ。名称は異なるものの、基本的に普通鶏唐揚げと同様のものだと思って問題ない。ただ人によっては鶏唐揚げとザンギとを明確に区別し、似て非なるものとすることもある。
とうきび
とうもろこしのこと。今でこそ方言扱いされているが、かつては「とうきび」の呼び方が全で一般的に使われていた。北海道の他、四国九州などは今でも「とうきび」で通じるらしい。
製菓メーカーのスノーベルホリなどがコーンパフをチョコレートで包んだ「とうきびチョコ」を製造しており、全お土産屋などで買うことができる。札幌大通公園ではが終わるととうきびワゴンが登場し、の訪れを告げる風物詩となっている。
じゃがいも
じゃがバターあげいもいももちなど、内各地の休憩施設の軽食コーナーなどでじゃがいもを使ったファストフードが多く見られ、旅人たちの小満たしとして重宝している。
ラーメン
味噌ラーメンの元祖である札幌ラーメンは、喜多方・博多と共に日本三大ラーメンのひとつに数えられている。札幌ラーメンと、旭川ラーメン醤油)・函館ラーメン)をまとめて北海道三大ラーメンと呼ぶことがある。近年は室蘭カレーラーメンなどが北海道第四のラーメン称号を狙っているらしい。
焼き鳥
やきとり連絡協議会(全や連)により、室蘭やきとりと美唄やきとりが日本七大ご当地焼き鳥に選ばれている。
室蘭焼き鳥は、鶏肉ではなく豚肉を使用することで有名。同様の焼き鳥道南地方各地で見られ、たとえば函館市周辺で店舗を展開しているコンビニハセガワストア」では、ご飯の上にを乗せた「やきとり弁当」というものが売られている。
美唄の焼き鳥は、内臓すべてを一本のに刺して焼く。
カレー
札幌で生まれて全的に有名になったスープカレーをはじめとして、内各地にご当地カレーが存在する。またご当地カレーとは少し違うが、帯広の「インアン」や札幌の「みよしの」など、ローカル色の強いカレーショップが展開している地域もある。リトルスプーン?そんなのもあったね…
北海道とカレーとの関わりの歴史明治時代初期まで遡る。札幌学校ではパン食を推進すべく米飯を食するのを原則禁じていたが、一の例外としてカレーライスは食べてもいいとされており、実際に寮食としてカレー提供されたのが確認されている。この規則を定めたのは、羊ヶ丘展望台の全身像で有名なウィリアム・スミス・クラークだと言われており、日本で最初にカレーを広めたのはクラーク博士だという説もあるが、これを裏付けるはっきりとした資料は残っていないようである。
トロ
有限会社十勝ロウフードが製造販売するトロフレークをご飯に乗せ、醤油ベースタレをかけた丼料理。そのとろけるような食感はやみつきになること請け合い。内の大学の学食などで食べることができる。
一時期、ユッケ食中毒事件のとばっちりを受けて姿を消したが、製法を変えて復活した。
カップ焼きそば
北海道で最も人気のあるカップ焼きそば、それはUFOでもペヤングでもなく、東洋水産が販売する「やきそば弁当」である。焼きそばの残り湯で作るスープの素がついているのが特徴。
日清食品やきそば弁当に対抗して、北海道限定カップ焼きそば北の焼そば」を販売している。
キャラメル
夕張メロン小豆など北海道の特産品をイメージした味のものから、ジンギスカンキャラメルのようなチャレンジャー向けの品まで、北海道はご当地キャラメルの種類が駄に豊富である。
2016年には、株式会社明治が販売していた「サイコロキャラメル」が北海道以外での販売を終了し、ご当地キャラメル仲間入りした。
ちくわパン
ち・く・パ・ち・く・パ ちくわパンなんだよ!
ち・く・パ・ち・く・パ おいしいめう、おしゃれめう!
どんぐりという製パンメーカーが発祥で、ちくわツナを詰めたものをパン生地に包んで焼いたもの。一見すると妙な組み合わせに思えるが、意外とおいしい。セイコーマートなどでも売られているので、ちくわガチ勢の皆様にはぜひ召し上がっていただきたい。
ガラナ飲料
コアップガラナKIRINガラナガラナエールなど、複数のメーカーガラナ飲料を販売している。他の地方ではあまり見られないが、北海道ではスーパーコンビニなどで普通に見かけるメジャー炭酸飲料。
カツゲン
雪印メグミルクが北海道限定で発売している乳酸菌飲料。最もスタンダードな「ソフトカツゲン」を筆頭に、数多くの味のバリエーションが存在する。

北海道の交通事情

北海道の道路と自動車

よく、北海道は社会だと言われる。確かに、公共交通機関が乏しくて近隣に店もないような田舎だと、自がないと大変な思いをするだろう。

一方で、次のようなデータもある。

都道府県 世帯当たり
普及台数
福井県1位 1.752


1.0685
北海道(40位) 1.008


東京都(47位) 0.456

これは、一般財団法人自動車登録情報協会調べによる、都道府県別世帯当たりの自普及台数の調結果(平成27年)なのだが、いかがだろうか。社会というイメージとは裏に、北海道の世帯当たり自保有台数は全的にみても多いとはいえないことがわかる。
この結果について、農業などの業務用カウントしていないからだとか、北海道は自を保有する動機の薄い都市部に人口が偏在する傾向が強いからだ、といった摘もある。いずれにしても、北海道における社会とは

× (が多い)社会
○ (がないとやっていけないような地域が多い)社会

だと思っておけばだいたいあってると思われる。

北海道の田舎のほうへ行くと、道路

みたいなのが付いたポールが並んでいるが見られ、よく内地から来た人に不思議がられている。これは何かというと、で路面が埋もれてしまったときに道路からはみ出ないよう、路端の位置の安として設置されているもので、正式名称を「固定式視線誘導柱」という。下を通ると矢印が落下する・警察に捕まるなどと大法螺を吹く人もいるがそんなことはないので安心してほしい。
他にも・寒冷地ならではの道路設備はいろいろあり、たとえばで停止線が埋もれるからという理由で「停止線」と書かれた標識が立てられていたり、交差点や坂などには滑り止めの砂が入った砂が設置されていたりする。

道の駅の数が日本で一番多く、内に100か所以上設置されている。道東では止された鉄道の施設を道の駅活用している例も多い。

なお、北海道をバイク含む)で移動する際にはガス欠に注意を要する。
一度、町を出れば次の町までガソリンスタンドいなんてことはザラ、というか存在しないと思ったほうが良い。
長いところでは50100km給油できない箇所もあるので、携行缶で1リットル持っててもほとんど意味。
内では「タンクの半分で給油」を基本としたほうが良い。またリザーブは必ず残しておこう。

高速道路

北海道を走る高速道路は、札幌近郊から旭川周辺を除くとほとんどが2線での供用であり、追越線などはい場所のほうが多い。
他の地方べると距離あたりのSAPAの数は少なく、給油所のあるSAPAに至っては4か所しかない。また、SAなのにトイレ自販機くらいしかなかったり、逆にPAでありながらSA並みの設備を備えている所があったりと、基本的にSAPAの区別はアテにならない。

高速道路には以下のようなものがある。

国道

北海道を走る国道はすべての直轄する定区間である。そのためかは不明だが、いわゆる酷道と呼ばれるような整備状態の劣悪な国道内にはない。

内を走る国道は以下の通り。

道道とか

他都府県の都道府道県道にあたるものを、北海道では道道という。

広い北海道をカバーするため非常に多くの道道り巡らされている。その数は都府県道べると圧倒的で、最終整理番号は1000える。国道と違って整備状況の良くない(いわゆる獰)もそれなりに存在する。

ところで、道道に設置されている標識(俗に「ヘキサ」と呼ばれるもの)を見てみると、3000番台4000番台といった最終整理番号を上回る数字が表示されていることがある。これは整理番号とは別の路線管理番号というものを表示しているのであり、原則として道道では整理番号+1000、それ以外の道道では整理番号+3000が路線管理番号となっている。ただしこの法則に当てはまらない路線もあり、上川町を走る道道849号はなんと5849と書かれた標識が存在する。
なお、標識に表示されている数字は必ずしも路線管理番号とは限らず、普通に整理番号を表示している場合も多い。

ライダーと北海道

北海道はライダー聖地とされている。ライダーとはもちろんバイクに乗る人たちのことだ。

いいがたくさんある、と、文字にあらわしてしまうとあまりにもあっけないが、北海道ののよさは、実際に走ってみた人にしかわからない。ライダーならば、北海道を嫌いになる人はめったにいないはずだ。

あまりにもライダー聖地のため、北海道でライダー同士がすれ違うときはお互いに挨拶をすることが多い。お互いに手を上げるだけの簡単な挨拶ではあるが、北海道が楽しくてしょうがないという気持ちの現れである。

ホクレン給油所で給油すると購入できるホクレンフラッグバイク漫画ばくおん!」でもネタにされた北海道ツーリングには欠かせないアイテムである。

しかし、この挨拶をするために視線が前方から対向線に移ってしまうので、それによって事故が起きてしまった例も報告されている。挨拶をする際は気をつけよう。また、いかにも現地な人には挨拶はしないでおこう。挨拶されてあまりいい気がしない思いをする現地の方もいるそうだ。

北海道にはライダーが非常に多く訪れるため、彼らのためにライダーハウスと呼ばれる簡易宿泊施設が多数ある。ほとんどが寝袋持参で雑魚寝するタイプだ。料は1泊で無料~1,000円程度である。町には必ず1つはあると言ってもいいので、宿泊はライダーハウスだけというツーリングが可である。なお、同じくらいキャンプ場も存在するので、キャンプ場だけで宿泊しつつツーリングすることも可だ。
これ以外にもをするための環境が北海道には色々と充実しており、気持ちよくを続けることが出来る。

ライダーだけでなく、チャリダーとよばれる人々もいる。文字通り、自転車で北海道を回っている人々だ。ライダーほど多くはないが、バイクに乗っているときに見かけたら、挨拶をしよう。

レンタカー

外から来た観光客が北海道をドライブするのであれば、レンタカーを利用するのも良い。自を持ち込むために長時間船に揺られる必要がなく、空港等にある事業所のカウンターで手続きをすればすぐに北海道のを走ることができる。もちろん、レンタカーでも北海道のの走りやすさを実感できるだろう。

レンタカーの場合注意しておきたいのが、7月8月の期間はほとんどの業者で他の地方よりも割増な料が請される、という点である。

の期間に借りる場合、大抵どこの事業所もスタッドレスタイヤが標準装備になっている。それでもの運転に不安がある場合は、事業所で路面状況などを聞いてみると良い。また、悪下での運転を避けるため、あえて予約はせずに気の良い日にカウンターで直接確認するという手もある。

北海道と鉄道

上記のように北海道は快適なが多い一方で、鉄道網は極めて貧弱である。国鉄を前身とするJR北海道を除けば、現役で稼働しているのは札幌市にある地下鉄路面電車函館市路面電車、そしてJR北海道のおさがりである道南いさりび鉄道くらいである(2016年現在)。客を扱う私鉄は存在せず、貨物専用の路線が釧路にあるのみである。

過去にはこれ以外に私鉄第三セクター鉄道も存在したが、いずれも止されている。現役・止に関わらず、これらの多くは沿線人口の少なさやモータリゼーションの発達により、きわめて苦しい状況に置かれている。

内で一広域をカバーしているのはJR北海道だが、近年事故不祥事により信用ガタ落ちの状態であり、また厳しい経営状況のため、路線の止・減便が進行している。しかし、JR北海道以外にまともな共交通がない地域が多いのもまた事実であり、企業体質に苦言を呈しつつもなくなってしまうと困ると考えている民は少なくないと思われる。

上記の通り沿線人口が少ないため、いわゆる秘境駅と呼ばれるが少なくない。現役のでは小幌駅止されたも含めると張碓駅上白滝駅などが、その筋にはよく知られている。
また、止された路線の中には、設備が撤去されず現存しているものもあり、士線のタウシュベツ梁などは文化財として注を集めている。

駅名一覧(北海道地方)」の項も参照のこと。

道外から北海道へ行くには

外から内へ訪れる手段としては、飛行機、船舶、鉄道が挙げられる。

飛行機

もっとも忙しい人向けの来手段である。所要時間の短さはダントツであり、羽田空港新千歳空港間を約1.5時間、中部国際空港新千歳空港間なら約2時間弱で移動できる。その分運賃も高くつきやすいが、条件さえ合えばお値打ち料で利用も可コストパフォーマンスも優れている。

内にある空港は以下の通り。

以上のように複数の空港があるものの、外からの便のほとんどは新千歳空港にしか来ない。外から新千歳空港以外への直行便は羽田空港中部国際空港関西国際空港などで限定的に設定されているのみである。これ以外で新千歳空港以外の空港へ行きたい場合は、新千歳空港または羽田空港での乗り継ぎがデフォだと考えておいたほうがいい。

飛行機は移動時間だけを見れば速いものの、空港での搭乗手続きや保安検、降りた後の荷物受取など諸手続きが煩雑であり、それに係る時間も考慮しなければならない。
また、機内への持ち込みや運搬が制限されている物品があるので注意。特に、内で山歩く際に携帯しておきたい撃退スプレーなどは、機内に持ち込むことも預かってもらうことも不可能であるため、これらは内で現地調達するしかない。

船舶

外から自を持ち込めるほぼ一の手段である。そのため、ライダーの多くがフェリーのお世話になっていると思われる。

ただし移動時間は長いので、時間が惜しい人には向かない。たとえば太平洋フェリー苫小牧へ行く場合、仙台からだと1泊2日、名古屋からだとさらに1泊増えて2泊3日を船上で過ごすことになる。その間果てしなく広がる大海原くらいしか基本的に見るものはないし、船酔い的な意味でも好き嫌いがはっきり分かれるだろう。

外からは以下の航路が利用できる(2016年時点)。

所要時間 便数 運航事業者
青森 函館 3時間40分~4時間 16便/日 津軽海峡フェリー株式会社
青函フェリー
大間 1時間30 2~3便/日 津軽海峡フェリー株式会社
八戸 苫小牧 7時間15分~8時間 4便/日 川崎汽船株式会社
仙台 15時20 1便/日 太平洋フェリー株式会社
名古屋仙台経由) 40時間 1便/2日
大洗 18時間~19時 12便/週 商船三井フェリー株式会社
新潟秋田経由) 10時20分(秋田から)
18時間5分(新潟から)
31時間20分(賀から)
5便/週 新日本海フェリー株式会社
賀(新潟秋田経由) 1便/週
19時30 1便/日
※運休日あり
新潟 小樽 18時 6便/週
20時間15分 1便/日
※運休日あり

鉄道

1987年昭和62年11月青函トンネル開通により、北海道は本州鉄道で結ばれるようになった。以降、間を結ぶ列車夜行列車などが青函トンネルを経由して北海道入りしていたが、2016年平成28年3月26日にはついにねんがんの新幹線をてにいれたぞ!
…だが、これに対しては民ですら総じて冷ややかな反応である。

まず東京駅から新函館北斗駅までを新幹線「はやぶさ」で移動した場合を考えると、その所要時間は4時間をえる。先述の通り、羽田空港から新千歳空港までを飛行機で移動すれば1.5時間であり、諸手続きの時間や空港までのアクセスにかかる時間を考慮しても、圧倒的に新幹線が不利なのは明らかである。
加えて、東京以西から鉄道で北海道へ向かう場合は、東京駅(もしくははやぶさのどれか)で乗り換えをしなければならず、余計に手間と時間がかかる。
おまけに、新幹線の開通と引き換えに従来青函トンネルを通っていた在来線列車がまとめて止になってしまった。特に夜行列車止には落胆のも多く、函館駅札幌駅への直通列車がなくなったことでかえって不便を感じる利用者すら出る始末である。これらの点から、北海道新幹線の開通効果を疑問視するの内外を問わず多い。

ただ、新幹線も悪い点ばかりではない。
時のダイヤへの影に関しては、飛行機や船舶と較して利があると言えるだろう。
また、さいたま市周辺は飛行機を利用しにくい一方で大宮駅はやぶさが停するため、新幹線の利用も有選択肢となりうる。

現状、北海道新幹線新函館北斗駅止まりであり、その需要は限定的と言わざるを得ないが、将来札幌延伸が実現したにはこの状況も少しは善されることを期待したい。

徒歩

。モーセの如くを割る程度の能力でも持ってない限りは。

青函トンネルを歩いて渡れるんじゃね?と思った人もいるだろうが、危険&業務妨になるので絶対にやめよう。過去にこれを実行に移して捕まった人もいる。

道民は北海道が好き

北海道の人は概ね北海道のことが好きである。経済的問題で北海道を離れた人の中にも、故郷へ戻りたいと思う人は少なくない。

2chニュース速報+などで北海道関連スレが立つと、ここぞとばかりに民が集まってきてスレの消費が始まる。多少の誇を交えつつどんなもんかを記すと…


twitterご当地ホイホイハッシュタグでも、「#北海道あるある」は他の追随を許さない勢いを見せる。以下一部抜

他にもあったら頼む

北海道方言

北海道弁とも呼ばれる。明治の開拓期に意思疎通を図るために自然に出来上がった方言である。東北北陸方言ベース関西方言が組み込まれた方言である。北海道でも地域によっては差異が見られ、特に方言(通称 言葉)は一般に言われる北海道弁とは結構違ったりする。

現在は都府県の人々が思うような北海道弁を喋る人は少なく、「~(だ)べさ」とか「~しょ」を使う人も少ない。

他地区に方言べると標準に近いと言われるが、「ゴミを投げる」「手袋を履く」といった独特な表現が多い。大泉洋テンション上がった時のしゃべり方や従兄弟みっちゃんものまねをしている時のしゃべり方が一般的な北海道弁である。

ただし北海道あるあるにも繋がる話であるが、どうやら北海道人は訛りがいという考えを持つ人が多いらしく、特にアクセントは摘されて初めて気付く人も多い。

北海道の放送局

民放テレビの4局化は1972年と全でもかなりい。HTB開局までのNET(テレビ朝日)系番組はHBCネットUHB開局まではSTVフジテレビ日本テレビクロスネット局であった。

北海道の銀行

都市銀行のうち、三井住友銀行三菱東京UFJ銀行りそな銀行札幌市内に支店があるのみである。みずほ銀行は、函館旭川帯広釧路にも支店・出張所がある。また、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行は、イオン銀行ATMが一部時間帯で手数料無料でできるため、それなりに利用できる場所は多い(しかし、ATMでは口座は開設できないため、外向けである)。
これについては、もともと北海道内にはかつて都市銀行として北海道拓殖銀行が存在し、他の都市銀行が北海道に手をだすことができなかったためである。後に北海道拓殖銀行は経営破綻したため、第二地方銀行である北洋銀行内で規模最大になってしまっている。

なお、地方銀行については以下の2行がある。

北海道の地名

北海道において特徴的なもののひとつに、アイヌ語由来の地名が挙げられる。
特に「~内(ない)」とか「~別(べつ)」といった地名が多くみられるが、「内」と「別」はどちらもを意味するアイヌ語に由来している(例外あり)。

一般的にこうしたアイヌ語由来の地名は、理な当て字が多く難読であるイメージを持たれている。だが字の当てかたにはある程度法則性も見られ(寄を「ヨロ」と読ませる、冠を「カップ」と読ませるなど)、慣れてしまえば内地の難読地名と大して変わらない難読度と感じるかもしれない。
これとは逆に、漢字読み普通だが元のアイヌ語からもはや逸脱した地名もある。アイヌ語の「オペレペレケプ」→帯広などがその例である(どうしてこうなった)。

同じアイヌ語由来の地名でも、アイヌ語の音に漢字をあてるのではなく、アイヌ語を意訳した結果生まれた地名もある。たとえば滝川を流れる空知アイヌ語で「ソーラプチペッ」と呼ばれていて、これが「が幾重にもかかる」という意味であったことから、この周辺を滝川と呼ぶようになったという。

開拓時代の入植者の出身地や系にちなんで名付けられた地名も多い。奈良県十津川郷の住民が災害から逃れて開拓した新十津川町や、広島県からの入植者が開拓した北広島市などは特に有名であろう。

地などで見られる「〇条〇丁」という地名表記も特徴的である。たとえば札幌市の中心部では、大通公園を南北の基準に、創成川を東西の基準に定めたうえで、大通公園から南北に離れるほど南(北)〇条の数字が大きくなるように、また創成川から東西に離れるほど東(西)〇丁の数字が大きくなるように地名を当てている。その性質上、数字に欠番が生じたり、内地ではまず見られないような数字の大きい丁が当たり前のように出てきたりする。
これは状に土地が区画された場所が多い北海道においては理に適った表記法であるが、機質で面みがないと感じる人もいるかもしれない。また全ての都市部でこの表記法が採用されているわけではなく、たとえば較的大きな都市の中でも函館市釧路市小樽市などの港町では「〇条〇丁」という地名表記は見られない。

北海道が舞台・モチーフの作品

純愛の聖地北海道」の項も参照のこと。

北海道をメイン舞台に据えた作品の他、旅行先などとして一時的に北海道が登場する作品も多い。

映画・ドラマ

ゲーム

漫画・アニメ

ほっかいどーが

ニコニコ動画内では、日本を制圧することに成功している。

テレビ朝日系 HTB水曜どうでしょう」も有名である。

まりもっこりB・Bの2大メジャーエロキャラクターが存在する。
                   

北海道警察は取り締まりも厳しいのである。

北海道の名物料理と言えばはジンギスカン

しかし、北海道の地名は読み方が難しい。

北海道を舞台にしたアニメ集。

北海道を代表するゲーム

北海道限定の盆踊り

日本最北端のアイマスPがいたりもする。→最北端PasaP

函館も有名な町。特にいか踊り。

北海道の夜景

札幌駅前の様子。

稚内市

根室風景

そして何故か北海道釧路湖陵高等学校校歌が。

更に北海道旭川高等学校や北海道釧路江南高等学校、北海道帯広高等学校校歌も。

関連静画

関連項目・コミュニティ

北海道exit 公式 #hokkaidoexit
Chakuwiki・北海道exit
-
北海道:市町村の一覧 北海道に関連する人物・団体一覧
道産子ホイホイ 試されすぎた大地、北海道
道南道央道北道東 日勝峠
北海道限定品一覧 地方ローカル記事の一覧
日本の市町村の一覧 アイヌ語
総務省
日本の都道府県の一覧
都道府県キャラ萌え萌え化計画
都道府県対抗シリーズ

掲示板

急上昇ワード

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP