千利休単語

センノリキュウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

千利休 / 千宗益(1522~1591)とは、戦国時代人である。

概要

茶道を大成した、日本文化史の重要人物。豊臣秀吉の政権で裏向きのことに関与し、おそらく最期もその余波で死ぬ結果をもたらした。

千利休の子孫は彼の祖先を室町幕府同朋衆・千弥と認識していたようだが、ちゃんと調べてみるとどうも違うようで、実際問題日本史学の領域では同朋衆はほとんど研究されておらず(同朋衆絡みの研究はほとんど文学宗教学)、よくわかっていないことも多い。

少なくともの出身であった千利休は、大永2年(1522年)の生まれである。彼のは子孫の伝える所では問屋で、当時の流行から業の傍ら茶の湯を学んでいった。まずは北向陳に師事し、武野紹子入りする。少なくとも20歳前後の頃には会を開き、今井宗久津田宗及(天王寺屋宗及とも)らと関わっていった。

かくして、織田信長が上し、に関与してくる。すでにこのころ50歳前後の壮年の人物であり、『信長公記』によると織田信長頭として活動していたようだ。しかし、人としても商人としてもバックアップしていた織田信長本能寺の変で亡くなり、すでに60代となっていた千利休は豊臣秀吉と関わる。正13年(1585年)に利休の居士号を与えられ(ここまでは本名の千宗益)を与えられ、禁中会では豊臣秀吉の後見人まで務めたのである。

大友宗麟豊臣秀長と並ぶ政権内の有者とまで言われたほどの千利休であったが、正19年(1591年)に切腹を申し付けられる。有名な理由付けとしては大徳寺で千利休の木像の下を通らせることを不敬と因縁づけられたものだが、少なくとも前年の小田原攻めには従軍しており、本当に急に降ってわいた話のためよく分からない。

かくして、豊臣秀長も亡くなってしばらくした2月に追放され、千利休はに自身を菅原道真に例える文を残しながらも、前田利家の養護の買って出も断り、切腹した。

なお、豊臣秀吉期は史料の残存関係でよくわからないことも多く、この千利休の死も最近いろいろ唱えられているが、正直よくわからないことになっているため、あくまでも概説的な記述にとどめておく(ただでさえ人に関する本は政治史の認識が数周遅れている文化史の研究者が書いていることも多いので)。

創作の中の千利休

漫画へうげもの』では主人公古田織部茶の湯師匠として織部導する一方、自らも新しい茶の湯を模索し続けた。その過程で秀吉とも因縁を深めていくが、時に茶の湯を極めるためなら人の暗殺すらいとわぬ利休に秀吉も驚かされることもあった。そのこともあって利休は切腹を命じられるが、その介錯人には主人公古田織部が選ばれている。

大河ドラマ真田丸』では桂文枝が千利休を演じた。小田原攻めでは豊臣勢の補給を担当する一方で、北条勢にまで物資を販売していたという戦国生きる武器商人としての面がクローズアップされた。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2020/05/04(月) 13:55:54 ID: luG7a1modI

    田中与四郎さん!エグスプロージョンの踊りで本名知った。

  • 3ななしのよっしん

    2020/05/07(木) 15:08:23 ID: WVBs8oWdU3

    Wikiの人物像見る限り、相当偏屈な爺さんだったみたいね
    それで元々秀吉に疎まれてて、木造事件で爆発…?

    まあ有大名にも慕われてた様だから、その秀吉が恐れた説もありそうだけど

  • 4削除しました

    削除しました ID: E+34PoB1rQ

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/16(金) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/16(金) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP