千年女優単語

センネンジョユウ

掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

千年女優は、日本アニメ映画2002年9月14日日本開。
作品世界が、現在過去未来、と時を越えた“入れ子構造”となっており、 爛たる輪廻転生譚となっている。
また、2009年1月には、関西を中心に活動する女性5人の劇団 『TAKE IT EASY!』により舞台化された。

知名度として隠れ気味の作品であるが、数々の受賞歴からその評価の高さがうかがえる。

スタッフ

概要

「その狂気にも似ている。」

制作会社の社長立花は、映画会社「映」の設立70周年記念事業として、一世をした看女優藤原千代子を取材することになる。
千代子は30年前に 突然映画界から姿を消して以来、すべての取材を断ってひっそりと暮らしてきた。
そんな千代子が初めて門を開いた理由は、立花が持っていた小さなだった。
千代子は若かった女優時代を懐かしむようにその小さなを手にし、立花を前にも知ることのかった人生り始める。 

関連動画

 

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 69ななしのよっしん

    2020/04/28(火) 20:00:19 ID: vka+GhFX0P

    やすらぎの郷の、八千さん似てる気がする。いや、主人公と同年代だからなのかもしれないけれど、生い立ち諸々も共通点を感じる。
    最期の人生の回顧も。人間長い生を全うして、死を受け入れようとするとき、おなじみちをたどるんだね。
    やすらぎの郷があったら、藤原さんも行っていただろうか……。

  • 70ななしのよっしん

    2021/09/19(日) 16:07:11 ID: w4ezy8vlVb

    ふと現実に帰った時に千代子や立花が楽しそうにアホみたいな恰好してるってギャグシーンってあるじゃん。
    あれって「回想妄想)そのものが自行為で、客観的に捉えると奇妙である」事を示してるような気がしてならない。

    それを踏まえると、ラスト回想シーンも本当にハッピーエンドなのか怪しくなってくる。

    宇宙シーンを少し恣意的に描くと、
    ・好きな人を追いかける私が好きなのとく老婆
    ・若いころの自分に自分を重ねて妄想に浸る老婆
    となるわけで、年寄りにしては可すぎる、強いて言えば「イタい」という見方も出来るよね。

    もちろん、それは千代子の性格だとか、あくまでアニメ演出で現実じゃないとか肯定要素はいくらでもある。
    あと一応言っておくと、可憐なお婆ちゃんキモい、みたいな一般的な否定じゃないからね。

  • 71ななしのよっしん

    2021/09/19(日) 16:23:50 ID: w4ezy8vlVb

    あと立花の「これ以上行くと戻ってこれません!」みたいなセリフ意味深に感じた
    死への引き留めと取るのが普通だけど、回想そのものへの引き留めとも取れ・・・なくない?
    穿って見すぎか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP