千葉県のYさん単語

チバケンノワイサン

4.3千文字の記事
掲示板をみる(537)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(55)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

千葉県のYさんとは、終身名誉橘万里花旦那である。

概要

第1回ニセコイ人気投票

千葉県のYさんの名前が初めて世に出たのは、2013年に行なわれた、漫画ニセコイ』の1周年記念人気投票だった。

この人気投票では、1位2位ダブルヒロインである小野寺小咲桐崎千棘ワンツーフィニッシュし、3位はツンデレ男装サブヒロイン鶫誠士郎が獲得。一方、ポジション的には「第3のヒロイン」であるマリーこと橘万里花は、鶫の後を拝す4位に終わった。

ところが注は順位自体よりも、一緒に掲載されたマリーコメントに集まった。

「私一人に1500票手書きで送ってくださった、千葉県のYさんに特別な感謝を…」

マリーの得票総数2694票のうち、実に6割近くを一人で投票し、マリー直々に感謝の言葉をもらったこの「千葉県のYさん」の溢れるマリーに、ニセコイファンの多くが驚愕した。

ちなみに、5位の宮本るりは971票。すなわち、仮にYさんの1500票がなくてもマリーの順位は変わらず4位で、彼の票は順位にがなかったという微妙に悲しいオチがついている。とは言え、それでYさんのに傷がつくわけではないのはもちろんである。

第2回ニセコイ人気投票

そして迎えた第2回人気投票ニセコイファンの注は当然ながら「果たして千葉県のYさんは今年もマリーに大量票を入れるのか?」であった。ファンどころか公式明らかに千葉県のYさんを意識しており、人気投票告知の記事ではマリーが「千葉県のYさん、今年もお待ちしておりますわ!」と名しで投票を呼び掛けていた。前代未聞の個人への選挙活動である。

1年の間にマリーへのは冷めていないのか。その結果は……。

小野寺さんが前回4893票→5110票と微増、千4338票→4341票とほぼ横ばいに留まる中、何とマリーだけ2694票→4518票と。つぐみんどころか千をぶち抜き、小野寺さんに次ぐ2位に躍進するという快挙を成し遂げた。そして結果発表ページ煽りには「沢山のご応募有難うございました!!(特に千葉県のYさん!)」の文句。Yさんは今回もやってのけたのである。

さらには千葉県のYさん自身も19位にランクインし、読者人気投票ランクインするという前代未聞の結果になっており、この結果に、多くの人が「Yさん凄すぎる」「もうマリーはYさんとくっつくエンドでいいんじゃないか」と呆れ賞賛を送っている。

第2回では、小野寺さんに投じた千葉県のFさん、るりちゃんに投じた熊本Kさんなど、さらに投票ヒートアップしているらしく、すべて「手書き」である彼らの腱鞘炎を防ぐという理由で、運営は彼らが投じた票数の開は控えた。

第1回ワールドトリガー人気投票

その後、アニメマリーが登場するたびに視聴者がYさんYさんと騒いだりしていたが、しばらくはニセコイ人気投票もないしYさんの出番もないだろう……と思いきや、ニセコイと全く関係ない『ワールドトリガー』の人気投票で、再びYさんの名前が登場する。

何故か、「千葉県のYさん(ニセコイの有名ファン」が27票を獲得し、90位にランクインしていたのである。Yさんは漫画キャラでもないのに、2作品にまたがって人気投票ランクインするという快挙を成し遂げたことになる。なお、ワールドトリガーは複数投票を排除し、1人1票のみで集計した「単数得票ランキング」も同時に発表したが、こちらでもYさんは5票を獲得していた。バカは1人じゃなく5人いたらしい。

むろん、この件についてはYさん本人は何の関係もなく(さすがに自分で自分に投票はしないだろう)、その他の読者の悪ノリである。既にニセコイマリー々を離れ、「人気投票」に対する定番のギャグになりつつあるのかもしれない。どこまで続くかはわからないが。

ニセコイマジコレ!?ランキング事件

ニセコイ」のスマホアプリニセコイマジコ!?」の万里ランキングで、千葉県のヤマモトさんが1位となり、千葉県のYさんではないかと話題になっていたところ、ニセコイ公式Twitterがとあるつぶやきをした。

公式が拾ったことにより、千葉県のYさんは千葉県のヤマモトさんである可性が高くなり、人気投票だけではない本物ので人々を驚愕させた。

第1回ニセコイエピソード人気投票

2015年の3周年記念人気投票過去2回と趣向を変え、キャラクターではなく好きな話を選ぶエピソード人気投票となった。さらに過熱する投票争いに配慮してか、投票ハガキジャンプ本誌に付属する投票券を貼るのが必須の「投票券制」を導入。複数票を投じる場合は1票ごとに1冊のジャンプを買わなければならず、さすがのYさんもそこまでの大量投票は難しいのではと思われた。

迎えた結果発表。何とマリー役を務めた第97話「オネガイ」が1204票を集め、2位の第47話「ホンバン」(930票)に300票近い大差をつけて首位を獲得した。結果発表の煽りには「千葉県のYさんには重ねて御礼申し上げます」という謝辞が躍り、開されたYさんの票数は800票。総得票数5879票のうち、15%はYさんのものであった。ついにYさんとマリーは頂点を掴んだのである。

先述の通り投票券制を採用したこの人気投票では、1票ごとにジャンプ1冊(250260円)とハガキ1枚(52円)のコストがかかる。Yさんは投票のために800冊以上のジャンプを購入し、25万円前後の巨費を投じた計算になる。千葉県ジャンプが極度の品薄に陥ったのではなかろうか。

2015年マリー誕生日事件

そして訪れたマリー誕生日である。千葉県のYさんもこの日を楽しみにしていただろうと言うことは容易に想像がついたが々にできるのは精々グッズを囲んでお祝いでもしているのだろうと想像するのが関の山だった……

しかし、千葉県のYさんはその想像をはるかえてきた。

「先マリー誕生日の権利書と花束が届いた。Yさん…!(感)」(作者

原作者にの権利書と花束を贈ったのである。頭おかしい。つまり、原作者を通じてマリー誕生日プレゼントを送ったということであるのだが……現にの権利書自体は2700円から買えるが、人気投票に25万ものジャンプハガキを買ったYさんが相当なえぐい量の土地を買ったことは容易に想像がつくであろう。なんというだ。もう結婚してしまえ。

第3回ニセコイ人気投票&2016年マリー誕生日事件

エピソード投票を挟んだため、2年ぶりの開催となった通算第3回となったキャラクター人気投票。前々回4位、前回2位であったマリーが、遂に念願の首位を獲得するのか、そして千葉県のYさんは何票を投じるのかに大きな注が集まっていた。

…しかし結果的に、今回は大きな番狂わせが発生することとなる。開票結果は、過去に上位を獲得しつつもあと一歩手が届かなかった千小野寺との壮絶なデッドヒートを制し初首位を奪取。マリー1623票で4位に転落する形となった。その理由は簡潔明瞭……今回の人気投票に千葉県のYさんは参加しなかったというのだ。

「遂に心折れたか?」「資枯渇か」「しょうがないよね……」等々のが観衆がく中、同じ面で紹介されていたのは、千葉県のYさんの斜め上すぎる行動である。Yさんは2016年マリー誕生日に、昨年に続いて花束の他、特注で作られたガラスの靴を贈ったというのだ。わ、Yさん!!!人気投票集合絵には、憂いの表情をみせるマリーが、Yさんから贈られたガラスの靴と胸いっぱいのガーベラ花束を持った姿で描かれていた――。

イケメンすぎる今回のYさんの行動に、多くの読者が再び謎の感動で包み込まれた。また面の総評でも、「キャラクターへのの形は人それぞれ…そんなことを思わせてくれた今回の人気投票だった」と結ばれている。そしてこの票数を見ればわかる通り、Yさん以外の人からのマリーへの得票数も着実に増えていることがわかるだろう。Yさんがいた種は今も育ちつつあるのだ。

また、千葉県のYさん自身は前回と変わらず19位。Yさん自身の人気は変わらずである。

ニセコイ連載最終回

2016年8月8日発売の「週刊少年ジャンプ」36・37合併号にてニセコイは連載最終回を迎えた。その最終回ではマリーお見合いをする場面が描かれているのだが、そのお見合い相手の一人について言及する台詞千葉県在住の…」という、千葉県のYさんを思わせる文言があったのである。

この展開については賛否両論あったものの、これまでのYさんを知る人々は大盛り上がり。その類まれなるキャラ愛によって文字通り次元の壁を飛び越えたYさんに、心の中で惜しみない拍手をおくった読者も多かったことだろう。

その後マリー役の阿澄佳奈ラジオ番組『星空ひなたぼっこ』にYさんから、マリーへの情や演じた澄への謝意をったメールが送られている。澄もYさんの存在は知っており、「メールで初めてこうしてお話できて、ありがたい」とっている。

実写映画版出演事件

その後Yさんの動向はそれほど気にされなかった(BugBug誌「年間美少女ゲームランキング2017」でminoriエロゲー『トリノライン』に55票も送り、それが一度効票になった後に再度有効票となる騒動を起こして話題となったが(参照exit))。しかし、突如Yさんの動静がクローズアップされる事になる。

2018年12月開の実写映画版、Yさんはなんと映画ロケ地を自で探し出し、4回も見学に訪れ、さらにはエキストラとしても出演していることが明らかとなった(関連動画exit、20分頃からYさんの話題)。さらにYさんと一緒に映画を見に行ったブロガーによる感想記事において、Yさんは島崎遥香演じるマリーを「そのまんまでした」と絶賛したことが明かされ、楽役の中島健人もジャニーズの有料ブログYさんと直接話したことも明かしている(参照exit)。

エキストラとは言え、まさかの映画出演判明でTwitterでは大盛り上がりとなり、く間に「千葉県のYさん」がトレンド入り。さらにトレンド入りしたのを見た阿澄佳奈も「「千葉県のYさん」がトレンド入りしてる……!?exit」と反応してしまった。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 535ななしのよっしん

    2021/12/09(木) 22:22:56 ID: 9UJMiLcAUp

    2021年都道府県Google検索ランキングで、「千葉県のyさん」が千葉県の4位に入った。

    ランクインした原因は>>485>>492と同様のことか?

    なお、5位には「銚子市ヤマダくん」が入った。

  • 536ななしのよっしん

    2021/12/17(金) 15:57:33 ID: e7JSsMA1He

    >>522 >>526
    「Yさんを認めている人たちは「推している」=「彼女幸せにしたい」であって微妙に違うんよ。」
    「好きだから自分のにしたいって人間だけじゃないし主人公になるよりは幸せになれそうっていう意見も混じっているしニセコイ知らないでノリで言ってる人間もいる」

    なるほどな。何となくYさんがされている理由がわかったような気がする。

    「ところでYさんを嫉妬して公式を否定するんじゃなくて、今からでも遅くはいからYさんと同じレベル明をしたらどう?」
    残念ながらはいくら貢いだとしても振り向いてくれない。

    作者も自慢のためではなく、とても嬉しかったから人気投票で言及したりしたんだろうな。

    ただ学生など事情があってそこまで貢げない人も多い。
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 537ななしのよっしん

    2022/01/09(日) 07:30:27 ID: qiU3CBk5hT

    ソシャゲ課金べてる人居るけど大きく違うのは公式と言っても作者企業でなく一個人なんだから、アイドルの握手会とかにあるような見返りが有るわけでもないただのファン投票に大量の手書きハガキを送ってもらえる熱量は嬉しく思っちゃっても仕方ないでしょ。その気持ちを何か形にするかどうかは本人次第な訳で。

    >>536
    振り向いてくれる、つまり見返りが期待出来るかどうかで決める時点でその程度でしょ。その程度の格って事。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/27(木) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/27(木) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP