千葉繁 単語

1156件

チバシゲル

2.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

千葉繁(ちば しげる)とは、日本男性声優音響監督である。81プロデュース所属。
本名は前田 正治(まえだ まさはる)。1954年2月4日生まれ。熊本県菊池市出身。

概要

北斗の拳』の予告、『ビーストウォーズ』のメガトロン、『うる星やつら』のメガネなどが有名だろう。俳優として押井守映画にも出演している。 

千葉氏の特徴として数多くのアドリブが上げられる。アドリブを入れることに執念を燃やしているとも言われており、ゲーム天外魔境シリーズや『サクラ大戦2』に出演したときには画面上の台詞と話している台詞がまったく一致しないという事態まで起こしている。そのアドリブの多さにアニメ製作側も台詞定をせず、台本に「千葉さん好きなように演じてください」と書くことも。もっとも、『ドラゴンボール』のラディッツのようにシリアスキャラにはアドリブを入れないこともある。

経歴

声優業開始時

元々は日立横浜工場の行員を経て、にっかつマンポルノ映画俳優スタントマンとして活動していた千葉だったが、ある映画の撮のため、でロケに行く途中で開かずの踏切に引っ掛かて1時間遅刻してしまい、現地入りしたところでプロデューサーから叱責を受けた挙句、それ以降のスケジュール白紙にされ、業界から干される扱いを受けた。そんな失意の中で、たまたまテレビに入った洋画吹き替え声優仕事興味を持ち、マネージャーに自分もやってみたいと相談したところ、紹介された「ドカベン」のオーディションに合格し、これを皮切りに声優業を始めたとという経緯を持つ。また、同作で披露した千葉アドリブ音響監督を務めていた斯波重治のに留まり、彼の推薦で「ハイスクール!奇面組」の一堂役を演じる等、声優としてのキャリアを積んでいくようなる。

全盛期での苦難

1980年代は「北斗の拳」を始め、「奇面組」や「うる星やつら」等、レギュラー番組8本抱えていた事に加え、同時期に設立した「劇団バーストマン」の宰(後に解散となった)、音響監督として脚本を書く等、オーバーワークで倒れる事が何度もあった。42歳の時、深夜ラジオの収録中に意識を失って倒れ、病院で診察を受けたところ、「自神経がやられており、判明が1週間遅かったら死んでいた」と告げられ、それ以降はしばらく静養したとのこと。

主な出演作品

アニメ

ゲーム

特撮

吹き替え

関連動画

ニコニコ動画での千葉繁の仕事

関連生放送

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *システムボイス
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/19(金) 11:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/19(金) 10:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP