南雲ハジメ単語

ナグモハジメ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(186)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 
南雲ハジメ
とは、ライトノベルありふれた職業で世界最強』の登場人物で、同作品の主人公である。
ドラマCD版のCV深町寿成

プロフィール

来歴

第一章

教室昼休みを過ごしていると、突然足元に魔法陣が現れ、クラスメイトらと共に異世界「トータス」に召喚されてしまう。
トータスの官イシュタルから事情説明を受けた後、成り行きのまま人間族と魔人族との戦争に参加することとなり、ステータスプレートの鑑定により「錬成師」の適性があることが判明する。
練成師はトータスにおいて特に重ではいありふれた職業な上に戦闘向きでもかった為、クラスメイトたちから無能レッテルを貼られつつも、錬成師の戦い方を模索したり、図書館異世界の知識をつけたりして過ごす日々が続いた。
そんな折、実地訓練として七大迷宮の一つ「オルクス大迷宮」に向かうこととなり、その前日にの知らせを感じたクラスメイト香織から「(何かあったら)南雲くんを守る」という誓いを立てられた。
当日、迷宮内で強敵ベヒモスから襲われてしまい、クラスメイトたちを逃がす為にベヒモスを足止めしている間、とあるクラスメイトの裏切りにより誤射を装って攻撃魔法を撃ち込まれ、香織との約束しく奈落の底に落ちてしまう。

奈落の底に落ちたハジメは奇跡的に生きていたものの、直後遭遇した蹴りウサギから襲われ、次に襲ってきたからは左腕を切り落とされ、その場で腕を食べられるというショッキングな事態に見舞われる。
錬成のを連発し何とか逃げ果せた先でそのまま意識を失ってしまうが、たまたま近くにあった【結晶】という秘宝から湧き出る【】の回復の効果により、命を取り留めることができた。
】により生き永らえることはできたものの、飢餓感まで満たすことはできず、左腕の幻肢痛や奈落での理不尽な経験もあって、転落後10日精神崩壊によるパラダイムシフトを起こしてしまう。

殺意に塗れた冷酷な性格へと変貌したハジメは、飢えを満たす為に二尾を錬成のを駆使して討ち倒し、そのを食らうと直後壮絶な痛みに見舞われてしまう。回復効果に頼りつつ痛みに耐えていると、やがて髪の色が抜け落ち、筋肉格が発達した強体へと変貌した。その際モンスターの固有能覚めたハジメは、錬成の鉱石から武器の開発を行えるようになり、生み出した兵器奈落魔物駆逐し、またそのを食らって段々と怪物じみた強さを持つようになる。

迷宮探索中、とある広大な一画で少女が囚われているに遭遇する。少女遇にシンシーを感じたハジメは彼女を囚われの身から解放し、少女に「ユエ」と名付けて行動を共にするようになった。
迷宮の最深部にて片を失うほどの戦の末に勝利したハジメとユエは、迷宮の創設者オスカー・オルクスの遺言と迷宮攻略を受け取り、転移装置で迷宮からの脱出を果たした。

人物

地球時代

高校1年生少年
ゲームクリエイター少女漫画の影により創作物全般が好きで、所謂オタクと呼ばれるぐらいに趣味に傾倒している。両親の職場でアルバイトをしており、その技量は既に即戦級と言われているほど。ただ就職先が実質内定しているために学校生活を軽視していて、遅刻すれすれの登校を繰り返したり、授業中に居眠りすることが多い。そういった経緯から一種のプライドを持ってオタクとしての生き方を選んでいるので卑屈さや陰気さはなく、積極性こそいものの、コミュニケーションや身だしなみはごく普通少年

後述の出来事からクラスメイト美少女香織に好意を抱かれており、彼女に積極的に話しかけられている。
しかし彼女に気にかけられていることが原因でクラスメイトの大半から眼視されており(嫉妬)、檜山大介を中心とした一部の男子生徒からはハジメのオタク趣味を引き合いにイジメの対となっている。さらに優等生正義感の強い之河からも前述の遅刻・居眠りを理由に不良扱いを受けており、味方はほとんど居なかった。そういった都合の悪い状況に対しては苦笑いでやり過ごし、ほとぼりが冷めるのを待っている。

趣味以外に対しては積極性を見せないものの、内面は温厚で優しい性格。
中学2年の頃、不良に絡まれている男の子とお婆さんを助ける為に土下座をして彼らを救ったことがある。その現場を香織撃しており、弱くても他人の為に頭を下げられる様から「私の中で一番強い人」という評価を受けている。
また、オルクス大迷宮ベヒモスから襲われた際は、状況判断がつかなくなっているを叱し、混乱に陥っているクラスメイトを守る為に錬成のベヒモスを足止めするなど、冷静で勇敢な一面も持ち合わせている。

奈落転落後

奈落にて常に死と隣り合わせの極限生活を送っていたところ、精の均衡が崩れ、地球時代の優しかった頃のハジメは消失してしまった。その代わりに敵対者には一切容赦がい冷な性格へと変貌した。

敵対者には基本的に容赦がく、魔物はおろか人を殺す事にもい。ただしを塞ぐ相手が現れても、敵と見做さなければ見逃す、あるいはスルーするなど一定の線引きは決めている模様。他人に対しては関心を貫いており、過去無能呼ばわりした檜山たちに対しては怒るでも許すでもなく、存在自体に興味を失くしている。他のクラスメイトや王の人々に対しても興味を失っているが、一部の世話になった相手への恩や敬意は忘れていない。一方で身内に対しては非常に甘く、ユエやシアに絡む男が現れると、きまでに叩きのめすか強制的に性転換させたりしている。その際の言動は883そのもの。

オルクス大迷宮で出会ったユエに対しては、初対面時こそ警関心を通そうとしたものの、ユエの「裏切られた」という言葉にシンシーを感じ、結果的に彼女を助け、地獄のような環境で苦楽を共にしたことで絶対の信頼と一途な情を抱くようになる。また、彼女の存在が迷宮内でハジメの人間としての心を失わせずに繋ぎとめていた。

基本的に鬼畜というスタンス変わらないものの、ハウリア族を「(契約の間)最後まで面倒見る」という約束を果たしたり、香織ピンチと知ると迷宮まで行って義理を果たそうとしたり、「(助けないと)身内が悲しむから」という理由で人助けをすることもある。ユエやシアといった仲間の存在、恩師である愛子の言葉、その他様々な出会いを経て、徐々にではあるが以前の優しさも取り戻しつつある。またオタク趣味は変わっていないのか、開発した兵器や装備品に趣向を凝らしたり、創作物にありがちなテンプレ的展開に憧れていたりもする。

恋愛に関してはユエに対して一途であり、ハジメに好意を伝える異性が現れても即座に断っている。しかしの同行者となったシアの(ハジメに対する)一途さに戸惑いを覚えるようになり、ユエの「ハジメには大切を増やして欲しい(ただし特別は私だけ)」という希望から、物語中盤でシアのことを受け入れるようになった。それ以降、ハジメのユエに対する気持ちを知りつつも好意を向けてくる、ティオ香織といった女性に対してもほぼ受け身の形ではあるが、ユエの暗黙の了承を得て受け入れている。

容姿は以前とべて鋭いつきになり、「白髪」・「眼帯隻眼)」・「義手」・「ずくめの衣装」・「体中に走る血管のような模様」と中学生男子が一度は憧れそうな格好をしている。そんなが見ても厨二スタイルを相当に気にしているらしく、厨二ネタで弄られると普段の迫もどこへやらといった感じで弱々しくなる(初めてで自分の姿を見た時は丸一日寝込んだほど)。

そんな鬼畜で身内びいきな彼の的は、世界の支配でも黒幕の討伐でもなく、地球に帰還したいというただ一点のみにある。

能力

錬成師

 本来は鍛冶師ので、武器や装備品を作ったりする職業。最初は鍛冶職らしく鉱物の加工程度しかできなかったが、訓練を重ねた結果、地面を錬成して落とし穴や出っりを作り出すことができるようになった。オルクス大迷宮の実地訓練では、モンスター落とし穴にはめて刺しにしたり、石を固めてベヒモスを足止めしたりといった活躍を見せた。ただし、「ゆっくり精密に加工する」ことが本分のため、素く大規模な地形操作は専門である「土術師」に大きく劣る。

 奈落で鍛錬により「鉱物系鑑定」を、モンスターを食らって「魔操作」「」等を覚えてからは、モンスターの固有能わせたオリジナル兵器を生み出せるようになった。以降、錬成ので製造した兵器での戦闘メインとなっていく。
オルクス大迷宮攻略後は、攻略者魔法の一つ「生成魔法」を手に入れ、アーティファクト級の魔導具や破壊兵器を作り出せるようになった。

武器

 他、重さ四トンを打ち出す「パイルバンカー」や、シア用のギミック大槌「ドリュッケン」など様々な兵器を作成している。

モンスターの固有能力

 人間にとっては猛となるモンスターを、を飲みながら理やり食らったことでモンスターの固有能を取得できるようになった。中でも特筆すべきは魔操作(魔の直接操作)で、これにより詠唱魔法陣を描くことなく魔法を扱えるようになった(通常は魔物限定の)。ただしハジメ自身の魔法適性が非常に低いため直接魔法で攻撃するような使い方はせず、兵器の開発・運用に利用している。

 なお、モンスターによる取得やステータスアップすには、自分(の体)より強い魔物であることが条件となる。の補充が不可能になったこともあり、オルクス大迷宮脱出後は捕食を行っていない。

発言

  • “ハッ! 上等だ、何だろうと邪魔するってんなら、殺して喰ってやるよ”
  • バカ言わないでくれ……魔王だなんて、そこまで弱くないつもりだぞ?”
  • “やるなら片も残すな。古事記にも載っている日本の文化だ”

関連項目

ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
この記事を編集する

掲示板

  • 184ななしのよっしん

    2021/04/06(火) 19:33:59 ID: a19D3veq20

    >>58
    全くだ。どうせなら第1話でに注意された時に
    すまんなあ、こればかりは病気のようなものだ」
    と開き直るようなキャラにしてくれればまだ好感持てた。

  • 185ななしのよっしん

    2021/04/18(日) 21:32:21 ID: UTHFRjYsQx

    このキャラに関してはアフターなんか書くんじゃなかった
    現実世界に帰る為という免罪符で非行ったのに帰った後も好き放題、ユエはハーレムの中でも特別という扱いだったのに今ではハーレムの一人として扱われ現実世界を決め付けで散々こき下ろす様は正直痛々しい
    本編に泥塗っていくスタイルは見てて悲しくなる

  • 186ななしのよっしん

    2021/05/15(土) 08:36:55 ID: MbXtT8P1ca

    >>184
    別の世界線で、ハジメがそういう性格で無能と呼ばれても努して錬成師の概念をブッ壊していく物語を見てみたかったわ。
    檜山で邪魔さるから離脱は免れないけど

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/14(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/14(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP