今注目のニュース
【ラジオ】『ポートピア連続殺人事件』から始まる“ファミコン・アドベンチャーゲーム”愛から新作を作った人たち。『偽りの黒真珠』制作チーム登場の「電ファミラジオ(β)」6月28日に配信へ
逮捕のマホト、人気ユーチューバーから人間性を酷評されていた 「ほんまに気持ち悪い」
令和に活躍しそうな男性バイプレーヤーランキング

危険ドラッグ単語

キケンドラッグ

掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

危険ドラッグとは、麻薬の一種である。

英語では、legal high読みが同じのドラマリーガル・ハイ」とは関係ない。)

概要

かつてはに乱用者や販売業者からは、合法ドラッグハーブ警察教育関係者やマスコミからは脱法(違法)ハーブドラッグと呼称されていた。2012年からの相次ぐ危険ドラッグ吸引による事件・事故の多発(に吸引者の交通事故・事件の多発)を受け、2014年7月警視庁が新名称を募し、名称変更を行った。

大麻に似た化学式の物をバーブなどの植物片・に漬け込んだものや、粉末や液体でそのままの状態で発売されているものもある。喉スプレー、口臭予防シートなどの摂取方法で販売されている場合もある。

しかしその物が法律規制されないものであるため、検挙できない場合がある。また物として定を行う度に、化学式の一部を変更することで合法化可であるため、警察厚生労働省麻薬取締部と”いたちごっこ”が続いている。

また覚せい剤大麻など既存違法物と較しても、成分が確定していないために効用が不明である。よって、既存違法物以上に危険な物である場合もある、とする見当もある。

一部都道府県では、条例を制定するなどして違法化している。またも包括定による規制を本格化し、警察厚生労働省麻薬取締部による立入検が繁盛に実施されている。

業者は「お香」「ハーブ」「アロマオイル」などと称し販売しており、人体摂取的ではないこと売り文句に販売している。2013年からの立入検強化を受け店舗販売が減している。しかし現在インターネットを介した販売はあり、デリバリー(配達)サービス電話対応販売方式(電話を客からかけてもらい、その時だけ店舗を開ける)などと販売方法を変えながら販売を続けている。

危険ドラッグに起因する主な事件・事故

カッコ内は被害者人数。太字は死者が発生した事件。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP