原辰徳 単語

202件

ハラタツノリ

3.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

原辰徳と(はら たつのり、1958年7月22日-)は、福岡県大牟田市出身、神奈川県厚木市相模原市育ちの元プロ野球選手・元プロ野球監督である。

概要

1958年福岡県大牟田市で生まれる。1965年夏の甲子園福岡県立三池工業高等学校を初出場初優勝へと導いた原貢。

1974年野球監督を務める東海大相模高校入学夏の甲子園には3年連続出場を果たす。

1980年 東海大学4年生時に、日本で開催されたアマチュア野球世界選手権に、大学生としてただひとり日本代表選手に選出され出場(準優勝)。

同じく1980年プロ野球ドラフト会議において、1位巨人に入団。背番号8

巨人時代

1981年 開幕からスタメン出場、22本塁打を放ち新人王を獲得。以後12年連続20本塁打以上を記録

1983年 MVP打点王最多勝利打点を獲得。

1995年 現役引退。通算成績は1697試合出場、6012打数、1675安打打率.279382本塁打1093打点

引退後

1996年から1998年までNHK野球解説者野球評論家を務める。

1999年から巨人の一軍野手総合コーチに就任。2000年ヘッドコーチを務める。

巨人監督時代

2001年9月29日に勇退した長嶋茂雄の後任として巨人監督に就任。

2002年チーム日本一に導く。新人監督日本シリーズ全勝はプロ野球史上初。

2003年 "人事異動"の名監督を辞任した。

2004年から2年間、巨人軍特別顧問に転任した。

第2次巨人監督時代

2005年10月堀内監督チームの成績不振により引責辞任。後任として監督に再任される。

2007年は5年ぶりのリーグ優勝を果たした。しかしこの年から始まったセ・リーグクライマックスシリーズセカンドステージで、ペナントレース2位中日ドラゴンズに初戦から3連敗を喫し、日本シリーズ出場を逃した。


2008年、ペナントレース序盤は故障者が相次ぎ、チーム全体として調子に乗れず、一時は阪神タイガースに13.5ゲーム差をつけられる苦しい展開だったが、9月に12連勝をするなど破の勢いで首位に迫り、10月8日阪神を逆転して首位に立つと、10月10日に2年連続リーグ優勝を達成した。
後にクライマックスシリーズセカンドステージでは、ファーストステージを勝ち上がった中日ドラゴンズを相手に、アドバンテージの1勝を含む3勝1敗1分で2002年以来の日本シリーズ進出を決めたが、日本シリーズでは渡辺久信監督率いる埼玉西武ライオンズに3勝4敗で日本一を持ってかれた。
8月9日星野監督率いる北京五輪日本代表に、原監督率いるセ・リーグ選抜の壮行試合を東京ドームで行う。星野監督は壮行試合だから手加減するだろうと思っていたのだろうが、原監督はがちんこ勝負を挑み、11対2で圧勝。
10月28日日本プロ野球機構より2009年ワールドベースボールクラシック日本代表チーム監督を要請され、原もこれを受諾。監督就任が決定した。


2009年3月24日監督として、2009年ワールドベースボールクラシック日本代表世界一に導く。今大会では韓国代表と5回も当たって、決勝も韓国と当たり9回裏同点に追いつかれるも、延長10回表にイチローセンターヒットで2点勝ち越し、その裏韓国の攻撃を抑え勝利した。→神様、仏様、イチロー様
10月、3年連続のリーグ優勝を達成。クライマックスシリーズも勝ち抜き、2年連続の日本シリーズ進出を掴む。
11月7日日本シリーズ第6戦で北海道日本ハムファイターズを破り、監督として2度、球団として7年ぶり21度日本一いた。


2010年リーグ3位。クライマックスシリーズファーストステージリーグ2位阪神タイガースに2勝先勝し、ファイナルステージに進出したが、リーグ1位中日ドラゴンズに1勝3敗で敗退。


2011年は2年連続リーグ3位。当シーズンから公式球は打球の飛距離が出にくいものになったため、自慢の重量打線が機せず、チーム本塁打108本と、昨シーズンべ半減した。クライマックスシリーズは、ファーストステージの相手リーグ2位東京ヤクルトスワローズに1勝2敗で敗退。


2012年村田修一杉内俊哉FAで獲得。セ・パ交流戦セ・リーグ初の優勝を達成。場から首位を譲らず、4年ぶりのリーグ優勝を達成。11月日本シリーズ第6戦で北海道日本ハムファイターズを破り、監督として3度日本一3度の正太郎を受賞。


2013年も2年連続のリーグ優勝を果たしたが、東北楽天ゴールデンイーグルスとの日本シリーズは第7戦までもつれこむ接戦となり、3勝4敗で敗退した。


2014年は3年連続のリーグ優勝を果たすも、CS2位阪神に4連敗を喫し、日本シリーズを逃す。


2015年5月26日埼玉西武ライオンズ戦で監督通算900勝を達成した。打撃の不振で2位に終わり、CSでもヤクルトに1勝3敗で敗退。シーズン終了後に監督を退任した。後任は高橋由伸が務める。

巨人特別顧問時代

2016年1月1日に球団特別顧問に就任。

2018年1月15日殿堂入りを果たした。

第3次巨人監督時代

2019年から読売ジャイアンツの一軍監督を務める。三度監督就任は史上初。岩隈久志中島宏之丸佳浩を獲得した。7月30日に史上3人監督通算1000勝を達成。5年ぶりのリーグ優勝を達成し、CSでも阪神を破ったが、福岡ソフトバンクホークスに4連敗を喫した。


2020年9月11日川上哲治える監督通算1067勝を達成。球団歴代1位となった。


2021年は3位に終わったが、シーズン終了後に3年契約を結んだ。


2022年8月6日ヤクルト戦で球団史上初の監督1200勝を達成。しかしシーズンは5年ぶりのBクラスとなった。


2023年は2年連続の4位に終わり辞任。10月4日のセレモニーで阿部慎之助が後任を務めることを発表した。

顔芸

場所を選ばない顔芸に定評があり、ネット上ではたびたびおもしろ顔画像がうpされる。
その数は年間でも10枚以上にも及ぶが、顔そのもののインパクトが強すぎるせいか、素材数の割にコラ画像は少なめである。 

応援歌

球団 レス No プレイヤー
巨人 原辰徳#62 6021
6021

成績

通算打撃通算

通算:15年



































NPB 1697 6844 6012 931 1675 273 25 382 1093 82 7 70 705 50 894 122 .279 .355

通算監督成績

通算:14年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 2407 1291 1026 89 .560 Aクラス14回、Bクラス3回

タイトル・表彰・その他

タイトル
最多打点 1回 1983年
新人王 - 1981年
MVP 3回 1983年5月1985年7月1989年4月
MVP 1回 1983年
ベストナイン 5回 1983年1987年1988年1990年1991年
ゴールデングラブ賞 2回 1987年1988年
セ・リーグ最優秀監督 7回 2002年2007年-2009年2012年-2014年
その他
オールスターゲーム選出 11回 1981年-1988年1990年-1992年

関連動画

現役時代

監督時代

商品検索

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/23(火) 00:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/22(月) 23:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP