双月巫女単語

ソウゲツミコ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
火星
いつかい宙
の大地に恵まれるはずの大地

とは、「コミックフラッパー」にて2005年6月号から掲載されていたアキヨシカズタカ漫画作品である。副題は"Gene Maiden"。

概要

ふんわりした絵柄で描かれる巫女さん達が役の大正ほのぼの日常漫画でありつつ、パラテフォーミングされた火星舞台SF漫画。単行本の紹介文では「SFハートフルストーリー」「新感覚SFスローライフストーリー」と紹介されている。2008年星雲賞ノミネート作品

世界観

現在から1000年後の火星舞台火星には「地球遺産」として108つのドーム世界が構成されており、その一つである「東(クニアズマ)」で物語が繰り広げられる。これは大分県佐・半島モチーフとなっている。

東は大正時代日本邦の形で再現されているが、歴史環境に疑問を持つ者も存在した。ロケット宇宙飛行士を描いた画を用いた文化が定着しているが、ロケットと呼ばれるなど具体的な内容が理解されている訳ではない。元の地球人に関しては神話として扱われている。
しかし、こんな世界は老朽化や隕石の落下により緩やかな滅亡へと歩んでいた。

出会いと交流を繰り返し、自らの使命を知り、世界真実を知りながら、積み重ねた想いを胸に抱えて生きていくヒト達の物語

用語

天津(アマツ)
未来地球と共に滅んでいる模様で、の破片が火星に降り注いでいる。
火星(ヒボシ)
太陽系第四惑星。テラフォーミングが施されている最中の種の大地。人類が残しておきたいと願う「地球遺伝子」である世界遺産を基軸に再構成されたドーム世界108つ構成されているが、ドームの老朽化が進行しつつある。ドームの外には惑星地球化の為のドロイトと人工衛星が機している。
(フォボス)(ダイモス)
火星の宙に昇る双つの
(クニアズマ)
火星ドーム世界の一つにある邦。そこに住む人々には邦として認識されており、都と呼ばれる都がの中心。かつての人々は黒髪だったと伝えられているが、大多数の住民は金髪となっている。一年の長さは地球換算で686.98日で、季節の移ろいは半分程の速さな産業は農業産業。周囲には六方にドームを取り囲む「の牙」と呼ばれるの線が見え、概ね決まった周期で「恵みの」が降る。
都には路面電車が走っている他、を縦断する鉄道には蒸気機関車クラウス号が走っている。だが、資の枯渇が問題になっており油や電気の使用の制限が始まった他、鉄道止が決まっている。
の向こうには西洋が存在するとされており、それに由来する文化や物品は存在するが実際に足を運んだと言う者は存在しない。
佐野神社(うさの-)
大元山の頂にある神社ヒメが一人で住んでいる。
大鳥居や神楽殿のあるそこそこしっかりとした神社で、人が多く訪れる場所ではいが村人が参拝に通う事もあり、野菜などがよく供えられている。裏参道にはが繋がっていない。一にはヒメの菜園も。また、裏からは都を望める。
東の成り立ちに関する記録が隠されている。
お役の儀
56日に一度ヒメが行う、一月分の厄払いの儀式。祓所からり、「世界を見渡す」で東の色を眺める。東の環境を維持する為の儀式
大事変
3年前、隕石の落下により双子山の岳が失われと呼ばれる大穴いた事変。の周辺にはへと引き込む強が吹いており、邦に禁止区域に定されている。
この事変の為にヒメの前の巫女を使い果たし失われた。
(ヒメシマ)
「宗像三女」をる3つの。「磐座」と呼ばれる不思議な鉱石の様な塊が祭られている。
巫女の先祖が何処からか辿り着き神社を築いたと言う。

登場人物

(ヒメ)
佐野神社巫女。長い黒髪で優しい性格をしている。神社に来る前の記憶はく、域から出る事が出来ない。九十九の御柱に仕えており、そのや意志を感じる。
お役の儀を通して東の人々や生き物を見守っており、世界の異変の予兆を感じ取っている。
子供の頃は感情が希薄で機械的な受け答えしかしなかったが、アキとの交流を通して心が芽吹いていった。
ドームメンテナンスするを与えられている、東の世界を維持する為の具として生み出された存在と考えられ、18代巫女であるが大事変の影で幼い状態で送出されていた。
安岐(アキ)
ヒメの親友。金髪大雑把な性格をしておりにでも物怖じせずに人に接する。よく食べてよく寝てよく遊ぶ元気一杯の子。
神社の手伝いとしてヒメに会いに通っており、ヒメ子供達とよくじゃれている。
山の麓の御許村に住んでおり、両親を亡くしている。
子供
御許村に住む子供達で佐野神社にも遊びに来る。アキく舎
鶴屋(ツルヤ イミ)
東で大きな影を持つ鶴屋お嬢様眼鏡を掛けており、やや辛辣。金髪に染めていたが地毛は黒髪で、本当の自分を隠して過ごしていたが、ヒメらとの出会いをきっかけに染めるのを止めた。ヒメ様と慕い、神社に手伝いに訪れるようになる。
来縄(クナワ)
都の高名な学者でイミの家庭教師もしている。東では当たり前に思われている事を不思議に捉え世界について研究しているが、美にしか受け入れられていない模様。
世界の成り立ちや起が不明瞭である事を疑問に思っており、生活に根ざしている洋の文化等も大いなる存在に与えられた知識や手段ではないかと考えている。ヒメとの対面と佐野神社の調を通じて真実を知り「佐野録」を執筆するが、内容が内容の為に美にしか読ませていない。
使用人
鶴屋で働くメイド美に付き添っている。
後に来縄と結ばれる。
殿
過去の記憶を持っていない青年。来縄の元で研究生として過ごしていた。
ヒメの「世界を見渡す」に気付く。その後、佐野神社を訪れヒメとお互いの遇を理解し、惹かれ合うようになる。命と引き換えに世界を修復するを持っており、ヒメ域から解き放った。
東の世界の壊れてしまった部分を活性化して、危機を救う為の具として生み出された存在と考えられ、大事変の影で使命を正しく与えられていない状態で送出されていた。
神主
ヒメ佐野神社に連れて来たの人物。現在は不在。
巫女(くろみこ)
神社巫女を持つ。おおらかな性格だが人の心を感じ取るを持っており、神通だと囃し立てられている。先祖はヒメ殿方に二つで、12代目巫女らの子孫である事が示唆されている。
ロイド
ドームの外で火星環境を整えようと活動しているそ人ロボット。胞子の様な物を散布して植物を育てているが順満帆とはいかない様子。破損していたり朽ち果てている個体も。火星い宙との大地の惑星にするべく人知れず動き続けている。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/01(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/01(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP