今注目のニュース
【吉本会見】高橋真麻「本質は"反社からお金を貰った"というところ」、箕輪厚介「全く違う問題が2つあることを認識すべき」
加藤浩次「僕は会社を辞める」発言でネット「かっこよすぎる」と話題に
「仕事を選べるなら再び中学教員に」日本が他国より少ない理由 教師の仕事が「外れる子を出さない品質管理」になっているため?

叡山電鉄単語

エイザンデンテツ

掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

叡山電鉄とは、京都市区に本社を置く鉄道事業者である。京阪グループに所属。

概要

略称は叡電。東海地方家電量販店エイデン」とは関係ない。

元々は鞍馬電気鉄道という名称だったが、1942年(昭和17年)に京福電気鉄道に吸収され、1985年昭和60年)に分社されて現在の社名となった。2002年平成14年)、京福電気鉄道から式全量を有償譲渡された京阪電気鉄道子会社となる。

日本国内の一般的な鉄道事業者で最後まで集電装置にトロリーポールを使用しており、1978年まで使用していた。(厳密には長野県富山県を結ぶアルペンルートの関電トンネルトロリーバス立山黒部貫光トロリーバスは法的には鉄道扱いなので今でも使われている。また、一般的な鉄道ではないもの(遊園地アトラクション扱い)としては愛知県犬山市にある遊園地の「明治村」で京都市狭軌1明治時代の姿に復元され動態保存されている。)

観光シーズン鞍馬船方面への観光客で著しく利用者が増える。特に毎年10月22日に行われる鞍馬の火祭の際には、周辺道路での一般車両の通行が禁止され、由岐神社への交通手段が叡山電鉄に限られることにより更なる混雑をみせる。

また鞍馬線の市原~二ノ瀬間は通称「もみじトンネル」として知られ、11月中旬~下旬の「もみじ篭」の期間にはライトアップされた紅葉の中を列車がくぐりぬけていくのを堪できる。なかでも1997年から運行の始まったデオ900形「きらら」は、天井近くまである連を採用するなど最大限観を楽しめるようなつくりになっており、紅葉シーズンにはこの列車的に乗する観光客も数多い。

京都市電があった時代は元田中電に接続していた(元田中ホーム東大路通をまたぐ踏切待ち泣かせの位置になっているのはこの名残)が、1978年京都市止により孤立路線となった。1989年京阪鴨東線が開通したことで出町柳駅京阪線と接続。鴨東線開通前後で乗客数はほぼ倍増した。1997年京都市営地下鉄烏丸線際会館まで延伸したことで乗客数はやや減ったが、それ以前の慢性的な赤字体質からは脱却しており、1992年以降の営業収支はほぼ均衡状態を推移している。

近年は後述するアニメ作品とのコラボレーションのほか、毎年10月に修学院庫で行われるイベント「えいでんまつり」の開催や、下警察署とのコラボによる「パトカー電車(シモガーモ・パトレイン)」の運行、編集者熊谷充紘とのコラボによる「ロマンチック叡電プロジェクト」「電車」など様々な企画を入れ、それをTwitterYouTubeUstreamなどを活用して発信するなどインターネットを利用した取り組みを盛んに行っている。

2016年7月現在PiTaPaICOCAをはじめとする全交通系ICカード2016年3月16日から対応している。
一方、スルッとKANSAIカードなどの磁気カードは2・3dayチケットを除き、2016年1月31日に対応終了している。
また、2・3dayチケットも2017年3月31日に販売終了、よく1月31日に利用対応終了の予定である。

路線

全線が京都府京都市区内にある。いずれも全列車各駅停車

出町柳駅鞍馬以外は基本的にはだが、一部の平日のラッシュ時や観光シーズンには駅員出張する。なお鞍馬深夜のみ人になる。

叡山本線

駅番号 乗り換え路線 ○周辺施設
E01 出町柳駅 京阪電鉄 鴨東線
京都大学 吉田キャンパス ○賀茂御祖神社(下神社) 
同志社大学出川キャンパス  ○京都御所
E02 田中 京都情報大学院大学
E03 京都造形芸術大学 ○天下一品本店 ○駒井住宅
E04 一乗寺 仙堂 ○一乗寺下り ○不動院
E05 修学院駅 ○修学院離宮 ○曼殊院 ○
E06 宝ヶ池 叡山電鉄 鞍馬線
○宝ヶ池公園 
E07 三宅八幡駅 三宅八幡宮 ○蓮華
E08 八瀬比叡山口 京福電鉄 鋼索線(ケーブル

鞍馬線

駅番号 乗り換え路線 ○周辺施設
E06 宝ヶ池 叡山電鉄 叡山本線
○宝ヶ池公園 
E09 八幡前駅 同志社中学校高等学校 ○三宅八幡
E10 岩倉駅 ○実相院 ○岩倉具視棲旧宅 ○大
E11 木野 ○妙満寺 ○北陵高校モヒカン
E12 京都大前駅 京都大学 ○通寺 ○総合地球環境学研究所
E13 二軒 京都産業大学
E14 市原 川島織物セルコン本社・織物文化館
E15 二ノ瀬
E16 船口 神社
E17 鞍馬 鞍馬鞍馬山鋼索鉄道
鞍馬寺 ○由岐神社井分かれ(酷道477号線)

現有車両

叡山電鉄では昔から伝統的に抵抗制御のみを採用しており、電機子チョッパ制御VVVFインバータ制御等の近代的な方式を未だに導入していない。なぜなら、叡山電鉄は最大勾配が50‰とかなりきついうえ、VVVFインバータ制御の場合、列車密度の少なさの関係もあり回生失効の危険性もむ。抵抗制御の場合抵抗機を発電ブレーキとしても使えるということもあり、保安上・メンテナンス性の関係上から伝統的に抵抗制御のみを採用し続けている。

2008年600形引退してからは叡山電鉄には貫通を持つ車両が存在しなくなった。

式名 現在の保有編成数 解説
700系 1両編成×8本 1987年デビュー。両運転台を持つ単行
現存する叡電の車両一の直通ブレーキ(自動空気ブレーキ)搭載
ワンマン運転・ATS・冷房導入等の近代化に伴い製造された。叡電初の冷房搭載
導入コストを抑制するため、デナ21・デオ200・デオ300の機器を流用し
体だけ新規に製造された。製造は兵庫県西宮市にあった
武庫車両工業(阪神電鉄グループ下)で行われた。
デビュー当初は吊り掛け駆動方式の車両もあったが、1992年2005年
長期にかけて順次カルダン駆動方式に改造された。
2018年3月21日には新たな観光列車「ひえい」として732Fが改造されデビューする。
運用は出町柳駅~八瀬比叡山口出町柳駅~二軒間が中心。
(ひえいは出町柳駅~八瀬比叡山口のみ入る、毎週火曜日運休)
また、2両編成となり800・900系の代走に入ることもある。
800系 2両編成×5本 1990年デビュー。叡電初の2両固定編成・電気ブレーキ採用で、全電動
1989年京阪出町延伸、1991年の二軒岩倉駅(京都府)間複線化に伴い
今後の乗客数増加に対応するため製造された。
製造は700系に引き続き武庫車両工業で行われた。
一部の編成は京阪京津線石山坂本線で走っていた「500形」が700形
改造されるにあたり不要となったそのモーター・抵抗機が流用されている。
運用は基本的に出町柳駅鞍馬間。
八瀬比叡山口方面には基本的に入らないが臨時列車で入ることはある。
900系 2両編成×2本 1997年デビュー称「きらら」。
沿線の紅葉観光眼として製造された観光車両で、
ガラスを多用し水晶イメージしたデザインが特徴。
製造は800系に引き続き武庫車両工業で行われた。
1998年ローレル賞を受賞している。
叡電一のクロスシート
車両カラー微妙に異なっており、901Fが赤色903Fが橙色である。
運用は基本的に出町柳駅鞍馬間。通常時では遅くても8時台に庫入りする。
公式HP上でどの時刻に900系が入るのか開されている。
八瀬比叡山口方面には基本的に入らないが臨時列車で入ることはある。

アニメ作品への登場とコラボレーション

芳文社『まんがたいむきらら』系列作品

ニコニコ動画ではアニメけいおん!』のロケハン舞台として、修学院駅とその周辺地域を始めとする沿線各地が登場したことで知られる。2011年12月開の『映画けいおん!』にはプロモーションとして参加し、劇中では叡山電車車両内の様子も描写された。また映画開に先駆けて、2011年6月には、『けいおん!』のキャラクターを採用した「けいおん!!×えいでん!! 楽器特別乗車券 2011年」を発売。同時に『映画けいおん!仕様ヘッドマーク列車が運行された(9月からは体へのラッピングが追加されている)(参考[PDF]exit)。このコラボレーションをきっかけとして、芳文社まんがタイムきらら』系列作品とのコラボレーションが不定期に行われていくこととなる。

2012年9月、『けいおん!』の掲載誌『まんがタイムきらら』と叡電を代表する列車デオ900系「きらら」の名前繋がりで、翌10月からアニメの4期がスタートした『ひだまりスケッチ』のラッピング列車ヘッドマーク列車の運行が開始。広告まで『まんがタイムきらら』系列の広告で統一する気合の入れぶりであった。また9月30日には蒼樹うめ描きおろし4コマ付きの「まんがタイムきらら×きらら号 特別乗車券」が発売されている。

2013年7月、同アニメが放送開始の『きんいろモザイクコラボヘッドマーク車両を運行。余談ではあるが、本作品ではキャラクター苗字京都市内の通りの名前が採用されている。

2013年10月には、同より開の『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』とのコラボレーションとして、新キャラクター百江なぎさを含むメインキャラクター6人をあしらった特別乗車券の発売と、ラッピング列車の運行とが行われた(参考[PDF]exit)。京都市規制のため内を走る列車は部分的なラッピングのみ可(総面積3.7を下回る場合のみ自由な装飾が許可されている)であるが、この際運行された列車車両外装のみならず車両面やにもラッピングを施したなものとなった。

2014年4月、同より放送開始のアニメご注文はうさぎですか?』とのコラボによるヘッドマーク列車の運行が開始。このコラボレーションについては当初予定にはなかったが、Twitterでの要望により急遽決定、1週間足らずで実施に至っている(参考ツイートexit)。運行開始翌日には内もポスターで装飾。芳文社の試し読み小冊子を利用して4コマ本編内掲示と、コラボぶりに磨きがかかっている。翌1日にはコラボ入場券も発売。入場券は出町柳駅修学院駅鞍馬の各のもので、D券タイプの硬券入場券となっている。

2014年7月からは『ご注文はうさぎですか?』と入れ替わるように『ハナヤマタ』のヘッドマーク列車運行を開始(参考[PDF]exit)。ハナヤマタ神奈川県鎌倉市舞台としており、作中に登場する江ノ島電鉄とのコラボレーション8月から予定されているが、それに先駆けてのコラボレーションとなった。また7月19日にはご注文はうさぎですか?に引き続いてコラボ入場券が発売されている。

なお、「きらら」の名前繋がりでのコラボレーションではあるが、基本的にはこれらのコラボレーションで運行されたラッピング列車ヘッドマーク列車にはデオ900形「きらら」ではなく、デオ720形(けいおん!のみデオ721・723号ひだまりスケッチ以降は723・724号)が使用されている。ひだまりスケッチヘッドマークのみ、「きらら」号に取り付けられた。

そのほか

2013年7月から放映されたアニメ有頂天家族』には下二郎の化ける「偽叡山電車」としてデナ21形(1929年から94年まで運用)が登場。デザインに際してかつての写真や図面が提供された(参考ツイートexit)。なお、デナ21形は現在鞍馬にその前頭部のみが保存されている。『有頂天家族』とのコラボレーションとしては、エンディング曲「ケセラセラ」のPV中に登場したほか、特別映像企画がんばれ毛利君exit」中にも登場している。

関連動画

関連商品

関連項目・リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP