古文単語

コブン

掲示板をみる(29)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

古文は、日本語の古なり。

概要

時代より古き文にて、書き言葉なり。戦前においてはなじみあり、新聞小説につかはれること多々ありけり。されど現代人は受験のゆゑに学び、あまたの受験生、苦しめらる。入試に課さざる大学は稀なり。支那の古き文は漢文と呼ぶ。古の人、現代人を苦しめんと欲して古文漢文を残すにはあらざりけれど、あまたの学生古文漢文を嫌ひ、これを好む者を某は未だ聞かず。明治以降、古文を真似て書かるる文は、擬古文なり。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 27ななしのよっしん

    2022/05/19(木) 18:39:22 ID: M0rDuuSR2G

    辞典は甲とアクセント載せろよ。類と院政期アクセントから大体推測できるだろそれぐらい。発音も分からない言をよく学ばせようとするよな。

  • 28ななしのよっしん

    2022/05/24(火) 16:31:05 ID: Tnwf0fxL8z

    現代日本語にも
    ・わが(人称代名詞「わ」、助詞「が」)
    ・あるまじき事(助動詞「まじ」)
    ・恐るべき(助動詞「べし」)
    ・少なからず(形容詞未然形「-から」)
    など、古典文法がまだまだ残っているが、あまり注されない。

  • 29ななしのよっしん

    2022/06/18(土) 11:26:27 ID: zMCtdJGIsa

    >>27 どうせ長い間文語体の扱いだったしもどうでもいいよ。今どき発音するの詩吟くらいだし。あんまり突き詰めるとすぎるとヒコホホデミがピコポポデミになったりするし。発音しなくても詳しい辞書くらいには発音載せてほしいけど

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/03(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/03(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP