古筝単語

コソウ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

古筝(こそう、グージョン)とは、中国大陸で使用されているツィター属の撥弦楽器である。

概要

古筝はロング・ツィター属の撥弦楽器で、中国大陸で使用されている。同種の楽器東アジアで使用されており、日本の箏、朝鮮半島カヤグム、ベトナムダンチャイン(弾箏)、モンゴルのヤトガなどと祖先を同じくする。弦数は1725弦(流は21弦)、弦の材質はスチール弦にナイロンを巻いたものを使用する。音量は大きく豊かなサスティンを有する。

「古筝」の成立

古代中国では横置きツィター属を構造によって区別して呼んでおり、柱がく七弦のものを「琴」と呼び、弦を柱で支える構造の楽器して「瑟」と呼んでいた。古筝の原である「筝」は「瑟」を小化したものであり、春秋戦国時代で発生したとされている。「筝」が発生した際の伝説として、姉妹が「瑟」の取り合いをしたため、2つに分割して与えたという逸話が残されている。

その後、各に伝播した「筝」はそれぞれの地域の嗜好に合わせて発展を遂げてゆく。そして良が行われたのは中国大陸でも同様であった。

「筝」は中国大陸においては音量の拡大及び豊かな音色/サスティンをして進化した。特に1950年代以降の変化は大きく、当初12~13弦、弦だったものが弦数は次第に増大し、材質も金属に変更された。そして名前も「古来からある」という意味を込めて「古筝」と呼ばれるようになった。現在の「古筝」は当初の「筝」とはまったく別物といっていい。

現在、「古筝」を日本紹介する際、「日本のお琴(箏)の祖先」と紹介されることが多い。しかし、「筝」が日本に伝来してから既に1000年以上が経過しており、その後両で別個に進化を遂げていることを考えれば、「古筝」と「箏」は兄弟の間柄と捉えた方が実情に近い。ちなみに、日本の箏、特に雅楽の楽箏の方が当初の「筝」の特徴を良く受け継いでいる。

演奏と特徴

甲や水牛で作った義を医療用テープで側に付けて演奏する。弦は日本の箏と同じく五音音階に調弦されているが、弦の間隔が狭く弦の材質も異なるため、奏法、演奏感はかなり異なる。(調弦は同じ五音音階でも日本の俗箏は陰旋法、中国の古筝は陽旋法を使用する。日本の楽箏は古筝と同じ陽旋法。)特に他の同種の楽器べて弦のが極めて高く、豊かなサスティンと音色を得られる代わりに演奏に筋と技量を要する。

奏法としては弦の材質と強を活かしたグリッサンド及びトレモロに関連する技法が発達している。また、中国楽器らしく弦の変化によるポルタメント奏法も多用される。これらの奏法により、他の同類の楽器より装飾性の強い、やかなイメージを与えることが多い。

中国及び諸地域における普及

古筝は中国台湾香港シンガポール等、族が居住する地域で普及している。日本の箏のような流は存在せず、中国では音楽大学に専攻科を設置して教育を行っている。その他、いわゆるカルチャースクールのような形でも教育が行われている。日本におけるピアノ教育イメージすれば分かりやすい。

普及地域では、古筝はピアノギターとともに楽器屋に売られている「普通楽器」であり、おおよそ「伝統楽器」というイメージい。価格は5万円ぐらいで相当に高品質な楽器が買え、子供の習い事として良い選択肢の一つになっている。

なお、中国において古筝は二胡よりもメジャーであり、専攻科の設置もかった。日本でなぜ二胡の方がメジャーになったのか、中国人の中にも興味を持つ人がいる。

関連動画

二胡べると動画数は少なく、ニコニコ動画での認知度は高くない。

関連商品

手軽に古筝の音色を楽しむなら、各社より発売されているソフトが良い。

演奏によるCDも発売されている。

関連コミュニティ

古筝に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/17(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/17(日) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP