今注目のニュース
山本彩「だいぶ好き」自宅で“ホラー祭り”開催も
流行語大賞「流行ってない言葉」を選び続ける「世論誘導の思惑」
高橋名人が明かす「裏技」誕生秘話 私が「冒険島」になった理由

吉備津彦(ワンダーランドウォーズ)単語

モモサマ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

吉備(きびつひこ)とは、セガ運営するMOBAアーケードゲームワンダーランドウォーズ』のキャラクター

CV.江口拓也

概要

モチーフは『桃太郎』より桃太郎。通称“”、“様”
名前は桃太郎の由来となったとされる“古事記”及び“日本書紀”に記された日本神話おける吉備命(きびつひこのみこと)による吉備現在岡山県伝説から引用している。

ロールはファイター

羽織とや三つの意の入った具足に身を包んだ若武者。
具足やなど、日本神話の時代ではありえない装備ではあるがこれは『日本一』として童話化されたイメージに準拠しているのだろう。
の文様が刻まれた大剣を模したのある手甲、の羽が添えられた鉢巻を巻いているのがポイント

性格はと言うと武士言葉を話すまさしく硬の男。
ドンドン行く」、「がすべてを背負ってやろう」など頼り甲斐ある男らしいチャットが盛りだくさんであり、チームを盛り立てる。

チュートリアルではサンドリヨンを差しおいて最初に操作することになるキャスト
サンドリヨン較してMPや射程に劣る分、耐久や攻撃が上がっている。

キャラ性能(Ver.2.02-A準拠)

左右レーンを担当できるだけのドロー性と持久を持ち、バランスの取れた性をしている。
MPがやや少なめで高耐久スピード均やや下だが、硬直の少ない各種ショットとこれまた隙の少ない回避前転の性から自衛が高く、足取りもステータス以上に軽い。

ストレートショットは射程こそ“短”で当てにくいが、回転率に優れ、連発しやすい。
射程が短い分、キャストに当てるには速度や懐に飛び込むタイミングが重要となるが、威に関してはファイターではトップクラスの基礎スペックを持つ。
ver.1.61-Aよりストレートダメージが低下、使用感覚はほぼ変わっていがアタッカー闇吉備津より威が高かった為の修正だと思われる。

ドローショットは描ける長さこそアタッカーよりマシ程度でサンドリヨンに劣るものの、ストレートが短い吉備の重要な“飛び道具”であり、攻撃である。
特に発射初速から等速で進み、線が曲がっていても減速しない性質から幻惑こそ難しいが狙ったところに直撃させるのに向く。

吉備の最大の特徴は単なるレーン戦のみならず、バックドアを実現する単騎駆けである。
拠点ごと兵士軍団を一撃粉砕できるスキル『岩砕の太刀』と、スキル金剛の位』によって対兵士ダメージ視・ミリレベルまで減らすことができるため、防衛に立つキャストのいない拠点を手軽に打撃できる。
とはいえ、全快の拠点を単騎で殴って陥落させるのに1分近く必要であり、その間に敵のキャストカバーされやすく、である味方兵士く敵集団に追い立てられればどうあってもキルされる運命にあるので、現環境ではあくまで技術として覚えておくぐらいでいいだろう。
ver.1.50-Aから吉備を除く全キャストの拠点攻撃時の硬直と入後発生時間が増加した。また拠点攻撃に関するアシストも追加された為バックドアをし易い環境になったと言える。
さすがにやりすぎたのかver.1.52-Aで拠点攻撃と「金剛の位」が修正された。
ver.2.00-Aから刻の門実装され、まず手前拠点を破壊しなければ拠点を攻撃する事が不可能となった。バックドア体に戦っていた吉備使いには向かい風だが、大門レーンであれば手前拠点を破壊してから1分は拠点から兵士が流れてこないのを良い事に敵ダッシュする吉備も多く、やること自体は変わっていないというも…。

ストレートショットが短く、MPが少ないのにドローショット、更に序盤こそ素のスペックの高さで有利に戦いやすいものの後半からは強な対キャスト向けスキルに乏しい…など、ショットを上手く使いこなすテクニックいと他のファイター下位互換になり得るのが難しい所と言えよう。それさえできれば敵チームゲージダイレクトく強な戦術ができるキャストになれる。

ビルドに関しては機動や体を重視した単騎駆け、バックドアを重視したビルド、
もう一つはドロー威を強化し、敵兵士列の粉砕を重点したラインビルドの2種がある。
特に後者の中でも「LV3の段階から兵士集団をドロー1回で一掃する」ビルド、通称“アルティメット吉備”が流。自由が1しか取れなくなるが、安定性が高く非常に使いやすい。
しかし様々なキャストの登場、度重なるアップデートにより、レベル3の段階で兵士を一掃出来るという点も吉備の圧倒的な優位点ではくなってきている。い話が他のファイターでもい段階から優れた兵士処理を実現する事が可となってきているため、後半からのバックドアなど吉備ならではの要素も活かして戦う事がめられるように。
いっそ開き直って素のスペックの優秀さを生かしレベル5までをアシストカードしで戦い、レベル5からドロー威を強化して巻き返す戦術を取る熟練者も居るようだ。こちらはアシスト自由が2つ取れるため、強アシストカードを装備することにより吉備の優秀な兵士処理速度アシストによる爆発を両立する事が可(だが、前半を耐えられなければ元も子もないので腕に覚えのある上級者以外はやめた方が良い)。

スキル性能(1.61-A準拠)

鬼断ち

全身全霊の一撃を受けよ!

リック後、描画した直線状に攻撃判定が発生する。
LV2アンロック、消費MP30。

サンドリヨンアシェンプテルの『クリスタルスラッシュ』と同じく直線状に攻撃判定が連なる兵士貫通の攻撃。
吉備の射程が短いことを侮った相手に突き刺さる重な遠距離攻撃手段であるため、対キャスト戦の抑止であると同時に切り札的存在。
ただし、低MP・ドローへの依存度の高い吉備としては戦闘中に狙ってMPを貯めないと撃てる機会が少ない。
また、両シンデレラクリスラよりも横幅が狭く、硬直に刺すタイミングはなかなか厳しい。下手な撃ち方をするとMPが枯渇してそれこそ木偶の坊になってしまうので注意したい。

共鳴の位(共鳴)

を借りるぞ、戦友(とも)よ!

リック後、吉備を中心とする円形の範囲内に居る味方兵士の防御を上昇させる。
LV4アンロック、消費MP20

ほぼ耐久が倍になるため、兵士を1撃確殺していた敵ファイターのドローショットといった驚異的な殲滅に対抗することができる。兵士の処理が苦手なキャストにとっては地獄を見せられる。
とはいえ兵士が硬くなったとてキャスト兵士一方的に攻撃できることに変わりがないので、そこからどうするかが重要となってくる。

岩砕の太刀(岩砕)

を開く、迷わず進め!

リック後、描いた直線の方向を中心に半円状に攻撃判定を発生。これは敵拠点を貫通し、敵拠点にダメージを与える。
LV3アンロック、消費MP35。

吉備の単騎駆けの要その1。
以前のバージョンでは拠点の耐久値の2割を持ってゆく威高速の発生(セリフの“”のタイミング)によりどうしようもないレベルバックドアを発揮していたが、今では1割弱の威と発生鈍化(セリフの“進”のタイミング)により、上手くタイミングを合わせないと、発生途中に兵士の反撃を貰って自滅する可性のある技となった。

とはいえ、大兵士視して兵士団を殲滅できる技であり、敵拠点への単騎駆けの最中に使う兵士処理技としては理想のもの。3の発生の後、30近く兵士に煩わされずに拠点を殴れる。
なお、MPの消費量が大であるためおいそれと使えるものではない点は留意したい。枚数が重なって消費MPが軽減されるまでは重いスキルである。 

金剛の位(金剛)

邪な気に当てられるではない!

リック後、自身の防御を強化し、拠点攻撃を増加させる。
LV4アンロック、消費MP25

吉備の単騎駆けの要その2。
拠点への直接攻撃ダメージがほぼ1.5倍となるほか、防御が高まるのでHP自動回復系のソウルを装備していた場合、回復量で兵士の攻撃ダメージをほぼ相殺できる
9人兵士列のダメージはさすがに相殺できない他、キャストが来れば拠点から引き剥がされるのは必至なので、拠点破壊に時間がかかることから使いどころに悩むスキルである。
逆に、これがあれば裏取りというカードを握れるため、相性の悪いキャスト(例えばフックとかかぐやとか長射程タイプ)に対抗する手段として採用するのも一考したい。

不撓不屈の位

鋼の如き結束を見せよ!

リックすると自分を中心とした一定範囲に居る自軍兵士HP、および自分のHPを回復する。自分へのHP回復効果は巻き込んだ兵士の数が多いほど高くなる。また、一定数以上の兵士を巻き込むと一定時間ドローショットの連射が可になり、ドローショットの消費MPが減少する。
LV5アンロック、消費MP35。

ver.2.00にて追加されたスキル
後半からの兵士戦におけるり強さ・爆発に欠けていた吉備の新たな一手となる可性を秘めたスキルHP回復効果が単純に強である上、DS強化の効果がついてくることも有って「回復にMPを費やしたために攻撃する為のMPが残っていない」というジレンマを抱えずに済むことが強み。
MP管理を上手く行いつつ、自軍兵士から走ってくるタイミングをしっかり把握しておくことが出来れば、尽蔵とも言えるHPと圧倒的な制圧で盤面を支配する事が可。逆に言えばゲージを上手く管理できなければ強みを発揮しづらい。

後半からこのスキルを生かして戦うつもりなら、しっかりとドロー威を強化したうえで、可ならばアシストカード織の着物」などで耐久を強化しておきたい。

境地・修羅無双(WS)

をもえし、そのに焼き付けよ!

味方全体の拠点攻撃と、吉備のみ攻撃を上昇させるワンダスキル
同時に流れる童謡 ももたろうのイントロ微妙に合ってないのは突っ込まないでおこう。

敵の攻撃と拠点攻撃の2つの効果はやや噛み合っているとはいい難いため、発動タイミングを見逃しがち。
一つに拠点攻撃を期待してバックドア時に発動する手段。とはいえ、防備な時間が長いため発動タイミングもかなり考えないといけない。演出終わったら敵兵士キャストに囲まれていたという笑えない状況になることも多々。
もう一つに攻撃アップによる巨人処理。Ver1.10からドローショット巨人の弱点となったことからWS発動中なら5・6発で巨人が沈む。1.10Dでストレートショット巨人ダメージも増えたので、ストレート・ドローのコンボで素巨人を落とせるようになる。
ver.1.50-Aより効果時間が延長、金剛アシストカードと合わせればかなりのスピードで拠点を陥落させる事が可となっている。

専用アシストカード

印の鉢』 特殊効果:Lvアップ時一定時間拠点攻撃が上がる

モチーフは吉備が額に付けている鉢、Lv5に上がった時から効果が発動する。上手くWSの効果と合わせられれば兵士が居なくても一人で拠点を陥落させる事が可、しかしLv5と効果発動が若干遅いため他のアシストを外してまで付けるかは悩む所ではある。
しかし、HPスピードという駄になりにくいステータスを同時に強化出来るため、LV5発動のアシストカードの中では較的使いやすい方である。

3匹のお供

お供として有名な・雉もソウル(装備カード)として吉備伝説に因んだ名前で人間として登場する。
どう考えても名前から発想し得ないはずの様”の称で彼を呼び慕っている模様。

犬飼健(犬)

様、処は私が行かせていただきます。

読みはいぬかいたける の和面をかぶった日本刀を構えた少年
LV.5アンロックMP最大値特大増加・キャストキル時の敵チームゲージ減少量増加。
終盤の逆転劇を演出する性だが、吉備コンセプトには微妙に合わないため他のキャストに装備されがち。

楽々森彦(猿)

ハッハッハー! 敵さん、背後がガラきでござるよ!!

読みはささもりひこ の和面をかぶった忍者装束の青年
LV3アンロック。ドローショット大強化・立ち止まっている間HPの自動回復。
単騎でレーンを防衛するため対兵士攻撃とタフネスが必要なファイターのための性をしており、それは吉備も例外ではない。
特に静止して体が回復する効果との相性は上手く活用すれば吉備のあらゆる戦術をサポートする。

留玉臣(雉)

様~ 私に お・ま・か・せ!

読みはとめたまおみ 雉の和面をかぶったくのいち
LV1アンロックスピード大上昇・立ち止まっている間MPの回復量増加。
後述のバックドア構築に適性があるステータス。ただ生存に直接寄与しないので扱いが難しい。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2017/05/17(水) 08:58:40 ID: jL7YdbhHG/

    読みがw
    これは留玉臣の周到な策だな、何と卑怯な!

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP