吉川英治文学賞単語

ヨシカワエイジブンガクショウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

吉川英治文学賞とは、財団法人吉川英治民文化振会が催し、講談社が後援する文学賞

大衆文学ベテラン作家が対。ここから生した若手作家のための賞が吉川英治文学新人賞

概要

1967年、各種文化活動の功労者を表する吉川英治文化賞とともに設立。現在は、若手作家が対吉川英治文学新人賞1980年設立)、文庫のシリーズものを対とした吉川英治文庫賞2016年設立)とあわせた四賞を「吉川英治賞」を総称している。

大衆文学ベテラン作家を対とした賞で、初期は業績全般を対とした受賞も結構あったが、現在は基本的に、既に充分すぎるほどの実績のあるベテラン作家作を顕する賞となっている。ただ、デビュー10年で獲った宮本や、12年で獲った奥田英朗のように、ベテランと呼ぶにはまだいような作家が獲ることも稀にある。

柴田錬三郎賞中央公論文芸賞とともに、直木賞を獲ったあとで獲れる賞のひとつ(ただし、近年でも一や赤川次郎、帚木蓬生が獲っているように、別に直木賞を獲っていなければ獲れない賞ではない)。中堅のうちに直木賞を獲ったあと、バリバリのうちに柴田錬三郎賞中央公論文芸賞を獲り、ベテランとなってこの賞を獲れば押しも押されぬ巨匠。あとは綬褒章を貰って文化功労者というのが、大衆文学作家の理想的な出世コースだろう。

ちなみに純文学で同じ立ち位置にあるのが野間文芸賞である。

大百科に記事のある受賞作家・作品

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/02(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/02(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP