吉沢検校単語

ヨシザワケンギョウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

吉沢検校(寛政12年(1800)~明治5年(1872))は、幕末に活躍した作曲演奏である。「千鳥の曲」など有名な箏曲を作曲した。

初世と二世とがいるが、一般的には二世すことが多い。本稿でも二世について述べる。

なお、生年は文化5年(1808)という説があるが、ここでは寛政12年(1800)としておく。

生涯

現在愛知県西に生まれる。幼児にを患い、師である藤田検校に地歌・箏曲・胡を、荻野検校に曲()を習う。

保8年(1837)に「検校」の位を受け、嘉永5年(1852年)には尾の盲人支配頭となり、名古屋で活躍したが、彼の才を妬んだ同僚の音楽家を避けて京都に移住したこともあった。

明治5年(1872)に京都で亡くなった。

代表作

この中で、「千鳥の曲」「の曲」「の曲」「の曲」「の曲」は、「古今調子」と呼ばれる調絃を用いるほか、歌詞が『古今和歌集』からとられたものであるので、まとめて「古今組」と呼ばれる。

「山」「新雪月花」「初瀬川」「唐衣」は、歌詞が『新古今和歌集』からとられたものであるので、まとめて「新古今組」と呼ばれる。

功績

復古的箏曲の確立

江戸時代中期から三味線音楽の発展が頭打ちになって後、純な箏曲を作曲する試みは、先人の光崎検校が行っていた。

光崎検校は、江戸時代初期の八橋検校の箏曲や組歌に倣った箏曲の作曲を試みたが、吉沢検校はさらに昔に立ち返り、雅楽や楽箏を参考にした作曲を試みている。

吉沢検校は「古今調子」などの新しい調絃、「古今組」「新古今組」と呼ばれる曲の作曲を行ったが、これからも吉沢検校の復古義的性格がえる。

胡弓音楽の開拓

江戸時代中期には、箏・三味線・胡による「三曲合奏」が盛んであったが、胡三味線と全く同じ旋を弾く(ユニゾン)が多かった。

そこで、吉沢検校は胡が独自の旋を弾くような曲を作曲した。特に「千鳥の曲」は、今では箏と尺八の二重奏曲として有名だが、元々は筝と胡の二重奏曲であり、胡の独自の旋が特徴的な曲であった。

平曲(琵琶)の伝承

は元々人気の高い楽器であったが、近世以降の三味線人気に押され、衰退の一途をたどっていた。

この中にあって、吉沢検校は師匠荻野検校から学んだ曲を門たちに伝えた。

関連動画

千鳥の曲は07:02~19:52

07:02~08:09は前奏、08:09から前歌、13:13から手事(波の部)、14:23から手事(千鳥の部)、16:41~19:52が後歌という構成になっている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/28(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/28(月) 02:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP