吉田豪単語

ヨシダゴウ

掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

吉田豪とは、プロインタビュアーとして知られる人物である。

概要

1970年東京都生まれ。プロ書評としての顔も持つ。
高校卒業後に進学した専門学校卒業制作で、掃除おばちゃんの愚痴を聞いたことをきっかけに学長の暴露本をつくる。
編集プロダクションに就職して原稿の書き起こしに携わり、その後『プロレス』編集部に籍を置きつつフリーライターとして活動を始め、30本前後の連載を抱えるようになる。

プロレス』を辞めてフリーになってからは、テレビラジオイベントなどの仕事が増え、TBSラジオストリーム』のコメンテーターを務めたことで『小島慶子 キラ☆キラ』、『たまむすび』にもレギュラーとして参加。

自ら「プロインタビュアー」を名乗り、取材前に綿密な下調べを行なう。
雑誌「BREAK MAX」(休刊)を元にしたインタビュー集『人間コク宝』の帯に、「本人よりもその人に詳しい芸本史上最強インタビュアー」と書かれた。
リリー・フランキーは、『吉田ニラまれたら生きてる心地がしない』と言ったそうである。

いつまでもサブカルに生きよう、いい歳になってもいい意味で「軽い」人間でありたい、という吉田豪は、景山民夫著『極楽TV』、JICC出版局の『おたくの本 別冊宝島104』、著『贖罪アナグラム 宮崎勤世界』を思い出の本ベスト3に挙げている。

関連動画

関連チャンネル

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/19(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/19(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP