同人ゴロ単語

ドウジンゴロ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(4,806)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(52)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

同人ゴロ

同人ゴロとは、「同人」と「ゴロツキ」あるいは「ゴロマキ」を合わせた造である。
同義として「同人やくざ」がある。

概要

元々は、同人誌制作に関して不当な方法を用いて利益を得る行為を行った者に対する、非難の言葉である。

に「同人アンソロジー」などと呼ばれる合同誌の関係者に多く向けられていた非難で、対となった行為の例としては「有名作ばかりを集めただけの内容のい本を作る」「海賊本を作る」「印刷所や参加者に支払いを行わずに蒸発する」などが挙げられる。

共通しているのは、創作者たる他人に利益を還元せず、参加者の同意がいまま一部の関係者だけが不当に多額の利益を得ていたことである。

しかし近年ではそのような例は少なくなり、以下のような意味合いでこの単が使われることが多い。

その時々に流行している作品を題材とすることを重要視し、その作品への情や敬意が全く感じられない頒布物を制作し、それによって銭的利益を上げている作者サークル

こうした意味に転じた時期や原因は定かでないが、その背景には現在同人活動における二次創作作品の位置付けがファンによる作品への情表現の延長として行われてきたという暗黙の共通認識の存在があると考えられる。

昨今、インターネット通販により頒布物の入手が容易になったことや、各所で頻繁に即売会などのイベントが行われるようになったことで市場規模が拡大した。そのため同人活動の人口そのものが増え、「売れている人」と「売れていない人」の差がより顕著に分かるようになり、「他人よりも売れる事」に価値を見出す人が現れ始めた。そしてそのために、人気のあるジャンル同人誌を多作、そのジャンル人気が下火になったらまた次の人気ジャンルへ移動して多作する、というサークルが散見されるようになった。

このことから原作の設定やキャラクターに対する理解が著しく欠如している二次創作作品への反発表現として、このような用法が一般的に使用されるようになったのではないかと推察される。

ただ残念なことに、この用法は正当な批判よりも中傷として使用されるケースが多い。
元々の用法では明確な被害者がいたのに対し、この用法ではそれが存在しない。さらにこの用法においては、けであるという拠付けとなり得る信頼できる情報が示されるケースは少なく、むしろある事実から導き出した悪意のある憶測が拠付けとして提示されていることが多々あるため注意が必要である。

こうした用法は見方によっては一種の「有名税」であるとも考えられるが、当該サークルファンとの間で諍いを起こす原因となるばかりではなく、事情に詳しくない者にいらない先入観を与え、作品とユーザーとの出会いを阻する可性も大いに考えられるため、冗談のつもりでも軽々しく使うべき言葉ではない。

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/30(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/30(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP