今注目のニュース
さっしーどハマリ中! 「ずっと食べちゃう。終わりを知らない」ウマ過ぎおやつ。
シイタケの驚くべき効果効能
YOSHIKI、台風15号のボランティア活動参加で「新しい自分を発見しました」

名乗り単語

ナノリ

掲示板をみる(33)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「ヒヒヒヒ、この記事も荒らしてやろう・・・。」

「そこまでだ!これ以上の悪事は許さん!」

「な、なんだ貴様らは!」

ら、ニコニコ大百科の記事を書くもの!大百科戦隊ヘンシュウジャー!」

やあやあ我こそは名乗りの記事概要なり

名乗りとは、自分の名前や素性を相手に明かすこと。「名乗る」の名詞系。
に戦の際に行うことであり、自らの身分や系、これまでの戦功などを大で告げることを言う。なぜそんな戦い方をするのかというと、当時の戦とは基本的に1対1で行うものであり、「倒した相手が何者なのか分からないのでは褒賞ももらえない」ということでお互いの身分を明かす必要があったという。そして戦後「私はこんなに凄いの首を取ったんだ!」という一種の明のような意味合いを持っていた名乗りを行う必要があったという。また周囲の人間にも聞こえるように名乗ることで「あいつらが戦ってるのを知っている」という人作りの効果もあった。

その様式美は戦のない時代においても、歌舞伎などで新たな人物が登場するとどういうキャラなのかを名乗り口上で説明する。

現代においてはヒーローが登場する作品などで名乗りが登場することがあり、代表的なのがスーパー戦隊シリーズである。1作秘密戦隊ゴレンジャー」に登場する5人のヒーローが敵と対する際にそれぞれの名前を名乗り、最後に戦隊の名前を名乗るという流れは現代における名乗り文化を確立今日に至る。現代では自分の名前の他、ヒーローとしてのキャッチコピーなどを叫ぶ場合もある。他にも名乗りの際にはそれぞれアクションポーズをつけるのも定番となっており、子供たちのヒーローごっこの一環として名乗りポーズをとる事もよくあるである。

「名乗り」とは日本独自の文化で、外国人からしたら「そんな事叫んでる暇があったらさっさと攻撃しろ」というのが共通認識らしい。実際のとあるとの戦でも名乗ってる最中に敵にやられてしまったことがあったとか。そんなわけで作中においては名乗っている最中、もしくは変身の最中は原則攻撃しないのがお約束(一部作品の一部の話除く)。近年はそのお約束を逆手に取り、名乗りながら(もしくは変身しながら)敵と戦うという手なシーンを見かけることもある。

ちなみにスーパー戦隊シリーズ米国リメイクした「パワーレンジャー」では米国側のスタッフにより名乗りシーンカットされそうになったという。しかし日本側のスタッフが「名乗りはなんとしても残してほしい」という強い要望により名乗りシーンえ、パワーレンジャー人気と共に名乗りの知名度も上昇した。英語では名乗りを意味する言葉がないため、「出席・点呼」という意味の「Roll Call」と言う。

天が呼ぶ地が呼ぶ人が呼ぶ、関連動画を見ろと俺を呼ぶ!

関連項目を守る男、スパイダーマッ!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP