今注目のニュース
ヒマナッツが負けたらひまわりを植える→発芽したら復帰、開花したら進化 超斬新なポケモンの縛りプレイが話題
宮迫博之、雨上がり決死隊の解散について語る 「蛍原と話したけど…」
エアコンの冷房設定何度にしてる? 環境省の適正室温目安は「28度」だけど

名鉄7000系単語

メイテツナナセンケイ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

名鉄7000系とは、名古屋鉄道の保有していた車両の1つである。称は「パノラマカー」。

ここでは、この形式より生した7100系7700系、発展である7500系、異端である7300系についても記述する。

概要

7000系

言わずと知れた元祖パノラマカー1961年登場。

名鉄で初めて客席を最前部までにし、運転台を二階に設けた車両である。

他にも連続の採用、ミュージックホーンの採用などといった特徴のある車両である。しかも製造費が高い(5500系の1.5倍)。

最高速度は110㎞/hで、客室は転換クロスシート装備。ミュージックホーンの他にも電気を備え、落成当初は方向幕などが全くかった(後に逆富士の表示が取り付けられた)。表示の取り付けられる以前は、公式称である「Phoenix(フェニックス不死鳥)」が、小さく表示されていた。現在、舞木検区に保存されているモ7001号で見ることができる。

鉄道友の会より第五回ブルーリボン賞を授かった車両である。
先頭の油圧ダンパ(前照と一体化している)は、事故が起きた際にクッションの役割を果たし展望席の乗客を守るように設置された。しかし油圧が強すぎて踏切事故ダンカーを跳ね飛ばしたことがあったため、7000系は一部で「ダンプキラー」と呼ばれている。

6連と4連が存在し、一部の先頭には連結のためにジャンパ栓、M式自動解結装置などを取り付けられた。また、ごく一時期だけ8両固定編成で走った記録があるほか、試運転では10両固定での運転も行われた。

1982年には、特急運用の専用車両として内のグレードアップを行った編成が登場。これらの編成は体に帯が巻かれ「(はくたいしゃ)」として区別された。

2008年12月26日限りで定期運用から離脱。その後も7011Fがイベント用として走ったが、2009年8月30日引退イベントを行ない、同年9月15日回が行われた。これにより、7000系系式になった。

先述の7001号7002号が舞木検場で静態保存され、イベント時に姿を見ることができる。また、7027号70927028号の3両が中京競馬場で保存されており、中競馬の開催日と場外馬券の発売日には内と運転台が開されている。

なお、一部車両が『パノラマDX』(8800系)への機器提供のため80年代々とになっている。

7100系、7700系

7100系は1編成2両のみという7000番台の変わり種。両開き、先頭に貫通戸付きなので、パノラマカーではないと誤解されることもあるが、元々7000系の最終増備(通勤対策により両開き)を6両から4両に組成変更した際、余った中間6000系似の運転台を設置した車両なので、パノラマカー一族の車両である。客室は元々7000系なので転換クロスシートである。

一方7700系は、元々製造時に連結を考慮し、貫通つきの車両にしたものである。こちらは増備途中であったために片開きである。前面は6000系5500系高運を足して2で割ったようなデザインとなっている。昔は4連で運用されていたが、末期はすべて2連に組み直されていた。7000系特急運用に合わせて帯を巻いた編成も一時期存在した。

7100系は、2009年11月27日に運用離脱、同年11月29日さよなら運転が行われた。そして同年12月21日に名電築港に回送された。
その後7700系2010年2月26日限りで定期運用を離脱。同年3月21日さよなら運転を最後に7700系も姿を消した。

これにより、7000番台(パノラマカー系列)の車両は全車両引退した。

7500系

7000系。設計最高速度は180㎞/h。1963年登場。人呼んで「高速パノラマカー」。

7000系較して、客室が低床式になったこと、定速度制御が可になったこと、運転席が出っっている(実際には客席の位置が下がり、運転席は7000系と同じ高さ)、回生制動ができるなど、性はとても良く、客室もバリアフリーの先駆けとなる存在だった。一方でその性ゆえに、7000系も含め他系列との総括制御が不可能という孤高の存在であった。

その低床式が災いし、他の車両とは高さが違って、バリアフリー化を進めているでは逆段差(車両のほうが高さが低くなってしまう)が生じるため、中部国際空港駅開業後まもなく全された(中部国際空港駅も、もちろんバリアフリー対応のため、空港線への入線実績はなかった)。7000系と違い保存は存在しない。

なお、90年代に一部、走行機器を1030・1230・1850系へ転用した。転用によって製造された車両は、事故された2両を除き全活躍中。

7300系

支線区の特急需要に対応すべく1971年、既存のALから足回りを分捕って流用して誕生した。
この時発生した旧体は一部が地方私鉄に譲渡されている。
外見は7700系に似ているが、貫通が大きく、顔面が全に面であることが外見上の特徴。
内装はパノラマカーそのものだが、足回りは旧の部品流用のため吊り掛け駆動なのが最大の特徴である。
このため、『エセパノラマカー』だの『吊り掛けパノラマ』だのという通称があった。
駆動方式やらの都合上、7000番台車両とは連結できず、他のALと混結されての運用がであった。
特に場にはAL8連での運用に7300系が混じっていると、冷房であるこの車両だけ満員で他の車両ガラガラ…なんてことも発生していた。

本線系統の吊り掛けがAL、HL問わず引退していく中、冷房装備を武器にしぶとく生き残っていた7300系だが、1997年引退7000番台では最初の形式消滅と相成った。

そんな7300系だが、豊橋鉄道渥美線600V→1500Vへ昇圧された際、在来の一掃を的として全編成が譲渡された。
のだが…豊橋鉄道には向いていない性だったため、昇圧された際の新ダイヤに対応できず遅延が多発。結局旧ダイヤに戻す羽になった。
このため々にいらない子扱いされ、2000年東急7200系が入線したことで置き換えが進み、2002年に形式消滅となった。
この際に大井川鉄道が譲渡を希望していたようだが、老朽化が予想以上に進んでいた事が現地調明らかになり、結局譲渡はされなかった。もし老朽化が進んでいなかったら、根路を駆ける7300系が誕生したのかもしれない…

一部車両償譲渡され、静態保存されているが、大半が個人への譲渡であり、保存状態は良くない。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2013/08/29(木) 20:42:30 ID: 6j5gHG8iIY

    多少のアスベストなら除去して展示という選択肢もあったんだが、
    落にならん量が使われてたから結局ほぼ全部

    というかそれを数年前まで使ってたというのも今思えば怖い

  • 15ななしのよっしん

    2015/02/01(日) 23:25:14 ID: XtwZ3XT9US

    個人に譲渡されたため状態は良くないと描いてあるが
    ちゃんと見てないけど建築会社に置いてあるなのはな号は綺麗だった気がします
    ちゃんと洗ってるのか塗装をちゃんとやり直してるのかは分からないけど

  • 16ななしのよっしん

    2016/11/21(月) 03:59:20 ID: NhLWM/RIRs

    >>sm30085306exit_nicovideo

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/10(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/10(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP