君が代単語

キミガヨ

3.5千文字の記事
掲示板をみる(1,634)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(20)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
君が代演奏
10916

君が代(きみがよ)とは、日本国国歌である。

歌詞

君が代は
千代に八千代
さざれ石の
となりて
のむすまで

楽譜

概要

世界一歌詞が短い国歌である。この歌詞は元々「相手の長寿を言祝ぐ短歌」であり、平安時代の歌集「古今和歌集 巻十七 賀歌」の冒頭から採録されている。

「さざれ石」とは「砂々細石」の意であり、小石が砂などを巻き込んでごつごつとした塊になったものをす。これが大きな(岩石)となりが生すまで……“それほどの長い間”という表現が、「千代に八千代に」という表現を含めると4行もかけられているのである。

歴史

明治維新によって天皇を頂点とする新政府が成立したが、これまで西欧列強諸との外交の実績がほとんどなかったため、外交儀礼上必要とされる様々な要素の整備が急務となった。現在日本語で「国歌」と呼ばれる「National anthem」もその一つである。本来外交使節訪問時などのまった外交儀式で互いの国歌演奏されるもので、必ずしも歌詞は必要とはされない(実際スペインのように旋のみの国歌も存在する)。

このような進言を行ったイギリス人の軍楽教師フェントンにより、曲としての君が代が作られた。(この際に英国国歌God save the King(国王陛下万歳)」が手本にされたとする者もいる。というのもフェントン本人はこの際に“洋な旋”をつけた日本国歌を提案したためである。)

の際、当時の日本欧州において「極東の珍獣」と看做されていたため、こうした印をを払底し文明であると諸に見せつけるために文化準の底上げが図られ(欧化政策)、その一環としてそれまでにはなかった対外向けの国歌を作ったといえる。

も最初はフェントンによる洋なものがつけられていたが、「日本礼歌」としてはふさわしくないと思われたため宮内省式部職によって雅楽様(それも神楽で謡われるような神楽歌)の旋がつけられることとなり、後に軍楽教師として来日していたドイツ作曲フランツ・エッケルトによって伴奏と和がつけられて現在の“君が代”となった。

しかし「国歌」とは本来(からうた)に対してやまとことばで作られたうた(くにうた)のことであり、第二次大戦前までは「国歌」という概念自体があまり民間に浸透していなかった。さらに上述のように元は国家間の儀礼の場で歌われるべく作られたということもあって、正式に国歌として日本国民が認識したのは大戦後日本国憲法発布に伴うとされている。

歌詞の解釈と現代での君が代

「君が代」が歴史上に初めて登場するのは平安時代の勅撰和歌集の一つである「古今和歌集」の賀歌巻であり、注釈には題しらず、読人しらずと書かれている。ここでは「君が代は~」の始まりではなく「が君は~」となっており、より「君」に対して直接的に歌い上げた内容となっている。なお賀歌とはおめでたい席で歌われる(寿ぐ)もの、歌われたものをす。

「君」というのは現代の中でこそ、二人称の人代名詞として自分と位の変わらないもの、または下のものにも使われることが多い単ではあるが、「君が代」というこの和歌が作られたのは平安時代である。

古今和歌集exit』収録の歌としてごく一般的な「君」の解釈を述べるならば「君は広くもちいる言葉であって天皇をさすとは限らない」ということであり、それ以上はなにも断定できない。

一方で「君が代」の歌詞は様々な歌集やそれ以外の本に転載され続け、いつしか頭句「が君は~」が「君が代は~」に置き換わって広まっていく。もともと年賀のための賀歌であった君が代はおめでたい歌として賀歌に限られない使われ方が始まり、いろいろな歌集に祝い事の歌として収録されることになる。仏教の延年舞にはそのまま用いられているし、田楽・楽・謡曲などには変形されて引用された。江戸時代にはおめでたい歌として小唄、長唄、浄瑠璃、仮名子、浮世子、読本、祭礼歌、盆踊り、舟歌、薩摩、門付などに、あるときはそのままの形で、あるときは変形されて使われた。

さて、国歌としての君が代は「陛下奉祝ノ楽譜正相成度之儀ニ付上申」として軍から提出されていることもあり、明治政府は君とは天皇のことである、という考えを暗黙の前提としてきた。

また、現代においても1999年平成11年6月11日に提出された国旗国歌において「君」は天皇すと明言されている。ただし同年6月29日において、天皇日本国及び日本国民統合の徴であり、そこから転じて「末永い繁栄と平和を祈念したもの」というやや斜めから見た解釈に変更された。

元が古代の読人しらずの祝い歌に過ぎなかった君が代が、長い時代を経て様々な場でされ、やがて国家の正式な国歌として採用される経緯は、長い歴史を誇る日本らしいものではないだろうか。

日常での君が代

日常生活において君が代を聴いたり歌ったりする機会は、各種学校入学卒業式などの式典、催する式典や祭典での国歌斉唱、その他にスポーツなどの際試合における対戦国またはの場合の国歌斉唱や独唱が挙げられる。特にの代表として出場するサッカー野球の大会、F1などでは国歌独唱のために著名な歌手などを招いて式典を行うことも多く、テレビ中継などでにする機会も多い。

また、ニッポン放送NHK地上波放送では、放送開始または終了時の局名告知の際に、大体君が代を使用している。(一部からNHKが君が代を流さなくなったという言説があるが、終放送ので頻度が減っただけであり、全くのデマである。)特に、NHK Eテレでは終放送をど実施していないため、高頻度で放送されている。

一方で、大東亜戦争日中戦争リアルタイムで経験した世代、その直後の過化した学生運動世代(団塊の世代)などはこの歌を「天皇崇拝」「戦争賛美」の意味として捉えている場合があり、思想信条により君が代に対して拒絶反応を示す者が居ることから、この歌について話題にする場合、場や相手の性格を考えないと余計なトラブルになる可性があるので注意が必要である。

たかつては、各種学校や官署において、会や式典等で歌われるか否かは各自治体の右・左等の性格によってその頻度が変わる場合が多かった。極端な例で言えば学校会で毎週歌っていたという者も居れば、社会に出るまで歌う機会が全くかったという者も居るほどである。ただし、入学式や卒業式に関しては、文部省による通知等もあってか、近年は大半の学校で実施されている。

2009年4月24日には、麻生太郎内閣総理大臣(当時)の携帯電話の着信音が君が代であることがニコニコ動画紹介されている(関連動画exit_nicovideo参照)。

ニコニコ動画では

ニコニコ動画では、国歌独唱で著名な歌手を招いて歌わせている動画に対し、歌い手の本来の歌唱や個性が露呈する事があってか、楽譜どおりに忠実に歌う歌手の個性を尊重するとで賛否分かれるコメントで荒れる事もしばしば。

前述のゴタゴタに嫌気が差した若い世代が、自分達に染み深いゲーム音楽などをもじった曲を国歌と称して持ち上げる様子が見られる。特に、ドラゴンクエストの『序曲』を使用した『新君が代(2008~)exit_nicovideo』が有名である。

また、他の例にもれず君が代もMADの餌食になっている。特に、君が代の歌詞変して「〇〇が代」と題した音MAD2019年以降増えている。丁寧なゴリ押し的な動画が多く、よく「不敬罪」「国辱」「敗戦国の末路タグが貼られている。ある意味では、現代日本表現の自由が保されているありがたさを実感できるだろう。

関連動画

君が代

歴史・資料

斉唱・独唱

アレンジ・その他

新君が代など

音MAD

ピコカキコ

タイトル 出典
119
君が代 日本について語るスレ#78
1598
君が代 自分でうpした動画にピコカキコしまくってみるについて語るスレ#1
7760
君が代 ファミコン戦闘 君が代について語るスレ#769
8682
君が代 日本について語るスレ#2658
10559
君が代 HALについて語るスレ#153
10916
君が代 君が代について語るスレ#981
14608
君が代 君が代について語るスレ#1355
14703
5平均律で「君が代」 平均律について語るスレ#6

関連商品

「君が代」の音源

「君が代」に関する書籍

ジョークとしての「国歌」に関する商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 1632ななしのよっしん

    2022/08/01(月) 23:07:53 ID: b4ca9txTiG

    ビンビンマッチョビッグオーのOPであるのと同じく、
    君が代タローマンのEDである

  • 1633ななしのよっしん

    2022/09/09(金) 23:02:33 ID: youzO8WPFA

    要は天皇が好きかどうかでしょ
    皆なるひとのこと愛してないの?
    不敬だぞ

  • 1634ななしのよっしん

    2022/09/16(金) 09:14:18 ID: Hhrq3DpWzn

    君が代嫌いだから
    陸軍分列行進曲のどれかに、変えて欲しいね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/04(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/04(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP