吹原幸太単語

フキハラコウタ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

吹原幸太(ふきはら こうた)」とは劇団ポップンマッシュルームチキン野郎を旗揚げして独特の構成の芝居を作り続けた俳優脚本家・演出である。

ゆうべはお楽しみでしたね
全話脚本は吹原幸太さん。この作品で出会って初タッグを組みました。
仕事くて、面要素やこちらの要望を取り入れるのが素らしく巧みで、しかも特撮好きということですっかり意気投合。その後に繋がって行きました。
※田口清隆のtwitterよりexit

概要

1982年12月23日生まれ。福岡県大牟田市出身。血液型AB型

桐蔭学園高校から法政大学に進み、在学中の2005年に劇団ポップンマッシュルームチキン野郎を旗揚げ、宰として同劇団のナンセンスの笑いと感動のドラマ融合させる作品の脚本・演出を手掛けた。

脚本家としては、2008年映画「ありふれた帰省」で劇場映画作品の脚本を初めて担当し、2009年にはテレビドラマ版「オトメン(男)」で地上波作品の脚本を初めて担当した。また「動物戦隊ジュウオウジャー&手裏剣戦隊ニンニンジャー」のスーパーライブ以降、「宇宙戦隊キュウレンジャー」「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のシアターGロッソでの演や、「仮面ライダージオウ」のスペシャルイベントの脚本も手掛けている。

TVドラマでは「天才バカボン」「弱虫ペダル」「I"s」「Back Street Girls」といった漫画作品の実写ドラマの脚本を多く手掛け、自身の特撮好きを活かした「怪獣楽部~特撮青春記~」や実話を元にした「ファイナルファンタジーXIV お父さん」では、得意のナンセンスギャグと感動ドラマ融合させた作品に仕上げた。

2019年放送の同名漫画実写ドラマ化作品「ゆうべはお楽しみでしたね」で全話の脚本を手掛けた際、ウルトラシリーズ監督として知られる田口清隆コンビを組み二人は意気投合。同作にはウルトラシリーズ出演経験者がゲストとして登場した。ジャグジャグさんとか

ゆうべはお楽しみでしたね」で共に仕事した際に

人柄と仕事ぶりにほれて、私ともに仲良くさせてもらっていました。

と後に田口が「ウルトラマンZ」のメイン監督に決まった際、自らの考える「こうやったら面いのでは」と思うアイディアを片っ端から詰め込んで「明るく楽しいウルトラマン」を作るにあたり吹原に最初にをかけ、東京オリンピックを見据えて例年よりはやめに準備しはじめた事もあって多忙な吹原を奇跡的に長期間拘束できた事で、田口と吹原は最終回から逆算してシリーズ構成するかたちで理想のウルトラマンを作り上げた。

※準備と撮影開始をこれまでよりはやめた事で「ウルトラマンZ」は第1話放送時点で最終回までの脚本は出来上がっている状態で、新型コロナによる2ヶの撮影中断を挟むも事に予定通りの放送開始を迎え、放送休止を経ることなく全話を放送した。

ウルトラマンZ」で吹原は、シリーズ構成以外に第1話から第3話、第11話、第14話、第15話と最終編3話を担当した。
第1話ではウルトラマンZに「日本語が変」というこれまでシリーズに登場したウルトラマン達にはい個性と何をしても許されそうさならしさを与え、第3話ではウルトラシリーズ人気怪獣ゴモラ」と花粉症を組み合わせるナンセンスさを見せつつ、第11話ではこれまた人気怪獣の「レッドキング」を使って怪獣を倒す事の意味を主人公に問う話に仕上げ、第14話では劇団で培ったナンセンスギャグな中に感動をぶちこむ内容で、「ウルトラマン」以来50年以上ぶりに着ぐるみで登場した「ブルトン」がtwitterレンワードになるなど令和の時代にブルトンブームをつくる事に貢献した。

しかし吹原自身は、放送開始前の2020年5月17日幹出血により37歳の若さでこの世を去った為、ウルトラマンZの評判を見る事はかった・・・

吹原の訃報田口清隆は、

「あまりに忙しい方で第1話が完成するという日に、どこかへ立ってしまいました。らにできることは彼の『ウルトラマンZ』という物語を、理想の形で映像化すること。それを作って彼にげたいと思っています」

と述べ、吹原がTVドラマ版の全話と劇場版の脚本を担当した「ファイナルファンタジーXIV お父さん」の原作者マイディーは

原さん
素晴らしい脚本の数々、ありがとうございました
ご冥福をお祈りいたします
※マイディーのtwitterよりexit

と哀悼の意を表した。

また「ウルトラマンZ」で主人公ウルトラマンZスーツアクターを務める岩田栄慶は、

先日、遂に『ウルトラマンZクランクアップ致しました。

例年と違い、2カも撮影が止まったりと、全く先行きの見えない撮影でした。最後まで走り切れた事、それが何よりの誇りです。この先も精一杯戦い続けるZ、皆さんも是非ご覧下さい。

そしてその勇姿を、脚本である吹原幸太さんにげます。

岩田栄慶のtwitterよりexit

クランアップに際して吹原への追悼の言葉をつぶやいた。

そして10月3日に行われた公式生放送田口が出演した際、自らが吹原とコンビを組んで手掛けたブルトンが出現して「時間や間に囚われることなく、一番行きたい場所はどこですか?」との質問に対して田口は、

原さんをここに連れてきたい

と答えたのだった。

吹原の急逝から7ヶ後の2020年12月19日。大好評のまま最終回放送前からtwitterレンド入りして迎えた「ウルトラマンZ最終回は、

と吹原作品らしい感動とナンセンスが織り交ぜられた内容だった。

そして流れるスタッフロールの最後には

In memory of 吹 原 幸 太

と添えられていた。

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 21ななしのよっしん

    2021/05/17(月) 19:56:10 ID: QbLBTqjApL

    何気に3大特撮になにかしろで関わってたんだね……全サDVDの脚本とかGロッソの演出とか

  • 22ななしのよっしん

    2021/06/02(水) 23:42:06 ID: SaepmA6rN5

    何と素晴らしい人だ
    ○んでよかった

  • 23ななしのよっしん

    2021/06/10(木) 17:31:48 ID: 891e+JMMU8

    >>22
    不謹慎だぞ馬鹿野郎
    は生きて欲しかったし、存命かつスケジュール合うならウルトラマントリガーにも続投して欲しかったわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/25(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/25(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP